ここから本文です

よくあるお問い合わせ

カテゴリー

6.競馬観戦

  • Q6-1 競馬場の馬主席は一馬主に何席用意されているのか。

    馬主席については、JRAが競馬場の馬主協会に対して有償で一定の数の席を貸与し、管理は当該協会で行うことになっておりますので、詳細は所属する馬主協会(各馬主協会の連絡先はQ9-4.参照)にお問い合わせください。
    また、競走当日は馬主記章、馬主登録証の携行が義務付けられておりますので、「馬主記章・馬主登録証の取扱注意事項」をご留意いただいたうえ、競馬場内の警備担当スタッフの指示に従ってください。

  • Q6-2 パドックの立ち入りについて。

    通常、パドック(下見所)には所有馬を当該競走に出走させる馬主が立ち入りを許可されています。なお、立ち入りを希望する馬主の方は来場当日に開催競馬場で警備担当スタッフの指示に従ってください。

  • Q6-3 優勝馬との記念撮影について。

    所有馬が競走で優勝した場合は、記念撮影を行うことができます。通常はウイナーズサークル(一部競走は馬場内)で、馬主とその同伴者が調教師・厩務員等の関係者とともに優勝馬の引き手綱を持ち行います。また、特別競走の場合は記念撮影の後に表彰式が行われます。

  • Q6-4 特別競走の表彰について。

    通常は、ウイナーズサークル(雨天の場合はスタンド内で行われることもあります)で行われ、馬主は調教師・騎手・厩務員等とともに表彰を受けることとなります。なお、馬主本人が臨場していない場合は、調教師等を代理人として行います。
    また、GⅠ競走、J・GⅠ競走および各競馬場を代表する重賞競走では、馬場内で表彰式が行われる場合があります。

  • Q6-5 美浦・栗東両トレーニング・センターに見学に行くにはどうすればよいのか。

    馬主記章および馬主登録証を美浦・栗東両トレーニング・センターの警備担当スタッフに提示すれば入場できますが、朝の調教時間帯と午後運動の時間帯は、車での入場を制限しています。調教時間等については、時期により変わりますので、事前に調教師または美浦・栗東両トレーニング・センター総務課にお問い合わせください。

  • Q6-6 美浦・栗東両トレーニング・センターに馬主が宿泊する施設はあるのか。

    美浦・栗東両トレーニング・センターでは「競馬会館」を利用して宿泊することができます。詳細は所属する馬主協会(各馬主協会の連絡先はQ9-4.参照)にお問い合わせください。

  • Q6-7 競馬についての資料は、どこに行けば入手できるのか。

    競馬に関する資料・書籍は、東京と大阪にある「Gate J.(ゲートジェイ)」で閲覧できます。JRAホームページを始め、競馬に関する各種サイト、JRA-VAN、JRAレーシングビュアーなど競馬に関する情報を検索・閲覧できるパソコンも設置されています。また、近代競馬発祥の地、横浜の根岸競馬記念公苑にある「馬の博物館」では、人間と馬の関わりや競馬についての資料等が展示されています。さらに、最新の映像設備やシミュレーションを交えながら競馬の仕組みや歴史を学べる「競馬博物館」が東京競馬場内にあります。
    それぞれの開館時間に関する詳細はホームページをご覧ください。

    ホームページアドレス

    Gate J. 東京

    〒105-0003
    東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー地下1階
    電話:03-6459-0803

    Gate J. (大阪・梅田)

    〒530-0012
    大阪市北区芝田2-1-16 ウインズ梅田 A館地下フロア
    電話:06-6147-2621

    馬の博物館

    〒231-0853
    横浜市中区根岸台1-3 根岸競馬記念公苑内
    電話:045-662-7581

    JRA競馬博物館

    〒183-8550
    東京都府中市日吉町1-1 東京競馬場内
    電話:042-314-5800

  • Q6-8 中央競馬の情報をインターネットで入手できるのか。

    JRAのホームページでは、出馬表・競走成績・払戻金等の開催日情報をはじめ、中央競馬の施設案内・Q&A・各種データファイル等、中央競馬観戦に役立つ情報が満載されています。ご覧になりたい方は、下記JRAホームページアドレスまでアクセスしてください。
    なお、出走馬・オッズ・馬体重等のレースデータの取得については、JRA-VANによる有料の情報提供サービスもございます。

ページトップへ戻る
表示モード: