海外競馬発売

競馬場・コース紹介

競馬場・コース紹介

チャーチルダウンズ競馬場

ケンタッキー州で初めて競馬が行われたのは1789年のレキシントンでのこと。そこから西へ126キロメートル離れた同州最大都市・ルイヴィルに住んでいたM.L.クラーク大佐はレキシントンを上回る競馬開催の構想を抱き、1872年の英ダービーを視察し、その規模や熱気に圧倒されて帰国する。クラークは直ちに地元有志を募り、二人の叔父ジョンとヘンリーのチャーチル兄弟から32ヘクタールの土地を借り受け、チャーチルダウンズ競馬場を築き上げて、1875年5月17日に開場し、第1回ケンタッキーダービーそしてオークスを開催した。その後もクラークは競馬場運営に関わるが財政問題が徐々に顕著となり、1902年にC.グレインジャーが経営を引き継ぎいでM.J.ウィンとともに合理化を進め、翌1903年には早くも黒字化を達成している。

そして次にチャーチルダウンズ競馬場が手掛けたのは、州内外の競馬場を傘下に収めアメリカで有数の競馬事業体として拡大を目指しリーダーとしての地位を得ることであった。20世紀当初のアメリカでは他の地域でも競馬が始められ、当然イギリス競馬を規範として番組が作られる中で、「我こそがアメリカのダービー開催地である」という競争があったのだが、競馬場買収で繋養馬を多く抱え、他社よりいち早くマーケティング戦略を展開して存在感を高めていたケンタッキーダービーが「アメリカのダービー」として認められるようになった。北半球の競馬主要国でアメリカだけが国名の付いたダービーを行っていないのはこうした事情がある。そのケンタッキーダービーは当初ダート2400メートルで開催されていたが、1896年から2000メートルに変更され現在に至る。同レースはアメリカで最も長く開催を続けるスポーツイベントとして記録され、「競馬は知らないがケンタッキーダービーは知っている」と言われるほどの春の国民的行事に育っている。

現在チャーチルダウンズ競馬場は60ヘクタールの敷地を有し、内側に1408メートルの芝馬場を、外側に1609メートルのダート馬場を持ち、ブリーダーズカップも9回開催するなど、アメリカで有数の競馬場として知られている。

文:吉田 直哉
(2019年4月現在)

  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ1
  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ2

チャーチルダウンズ競馬場ダート2000メートル

チャーチルダウンズ競馬場 コース図

チャーチルダウンズ競馬場のダート馬場は1周1609メートル(1マイル)で、ダービーは第4コーナー出口からの発走となる。日本やヨーロッパに比べ小回りなコース形態となっているアメリカの競馬場では、内ラチ寄りでスムーズにコーナーを回る必要があり、そのため他国に比べて前で競馬を行い有利なポジションを取る。またアメリカでは陸上競技の中距離走のように、スタートからスピードを上げてそれを持続させるレースを行い、これも南米を除く他の地域と異なり、そして激しいレースとなる理由である。

ケンタッキーダービーでは発走後に約400メートルの直線があるため、位置取り争いにかけられる時間はやや長いと言える。しかしながら、ダービー出走馬の多くは1800メートルの前哨戦を使われ、つまりより短い直線距離での位置取り争いをしたパターンに慣れた馬達が競うために、400メートルあるとはいえ序盤から激しい展開になる。しかもフルゲートは20頭で、2つのゲートを繋ぎ合わせて隙間が14枠と15枠の間にできてしまうため、15枠より外側の馬の中には強引に内側へ入るものもいる。ちなみにゲートを使用するようになったのは1930年だが、それ以降で15枠より外側の馬がダービーに優勝したのは12頭しかいない。

こうして第1コーナーに縦長で進入した出走馬は外への膨れに注意しながら向正面に入り、後続馬はここから第3コーナー以降に有利に進めるための位置取りをうかがう。尚、バンクがあるアメリカの競馬場では降雨時に内埒沿いに水がたまりコンディションが悪化するケースもあるため、内ラチから1頭分空けて走る利発さも人馬に求められる。

ケンタッキーダービーのレースレコードは1973年のセクレタリアトが出した1分59秒40。優勝タイムを2分と計算して、控えて後半勝負という作戦も立てられそうだが、前半から前で競馬をしても、最後まで持ってしまう馬が少なくないのもアメリカ馬の特長だ。アメリカのダート馬場は砂質の日本と違い土であり、前の馬が蹴り上げる土塊に耐えながらスタミナを温存できるか否かも出走馬に問われる。

文:吉田 直哉
(2019年4月現在)

  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ3
  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ4

チャーチルダウンズ競馬場 紹介ムービー

ページトップへ戻る
表示モード: