海外競馬発売

競馬場・コース紹介

競馬場・コース紹介

チャーチルダウンズ競馬場

ケンタッキー州で初めて競馬が行われたのは1789年のレキシントンでのこと。そこから西へ126キロメートル離れた同州最大都市・ルイヴィルに住んでいたM.L.クラーク大佐はレキシントンを上回る競馬開催の構想を抱き、1872年の英ダービーを視察し、その規模や熱気に圧倒されて帰国する。クラークは直ちに地元有志を募り、二人の叔父ジョンとヘンリーのチャーチル兄弟から32ヘクタールの土地を借り受け、チャーチルダウンズ競馬場を築き上げて、1875年5月17日に開場し、第1回ケンタッキーダービーそしてオークスを開催した。その後もクラークは競馬場運営に関わるが財政問題が徐々に顕著となり、1902年にC.グレインジャーが経営を引き継ぎいでM.J.ウィンとともに合理化を進め、翌1903年には早くも黒字化を達成している。

そして次にチャーチルダウンズ競馬場が手掛けたのは、州内外の競馬場を傘下に収めアメリカで有数の競馬事業体として拡大を目指しリーダーとしての地位を得ることであった。20世紀当初のアメリカでは他の地域でも競馬が始められ、当然イギリス競馬を規範として番組が作られる中で、「我こそがアメリカのダービー開催地である」という競争があったのだが、競馬場買収で繋養馬を多く抱え、他社よりいち早くマーケティング戦略を展開して存在感を高めていたケンタッキーダービーが「アメリカのダービー」として認められるようになった。北半球の競馬主要国でアメリカだけが国名の付いたダービーを行っていないのはこうした事情がある。そのケンタッキーダービーは当初ダート2400メートルで開催されていたが、1896年から2000メートルに変更され現在に至る。同レースはアメリカで最も長く開催を続けるスポーツイベントとして記録され、「競馬は知らないがケンタッキーダービーは知っている」と言われるほどの春の国民的行事に育っている。

現在チャーチルダウンズ競馬場は60ヘクタールの敷地を有し、内側に1408メートルの芝馬場を、外側に1609メートルのダート馬場を持ち、ブリーダーズカップも9回開催するなど、アメリカで有数の競馬場として知られている。また、2021年の春夏開催後に芝の全面張り替えを行い、今年の5月から開催を再開した。ダート走路についても、以前よりも増して安全面で配慮し、コース内外の均等化や、降雨時のメンテナンス作業強化に取り組んでいる。基本的に長年同じ形態のダートコースを維持しているため、往年の優勝馬と現役馬の力量比較の想像を楽しめる。

文:吉田 直哉
(2022年4月現在)

  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ1
  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ2

チャーチルダウンズ競馬場ダート2000メートル

チャーチルダウンズ競馬場 コース図

ケンタッキーダービーの距離は2000メートル。出走権を獲得するためのポイント指定競走として行われる他場の前哨戦が、1600メートルから1900メートルの間でグランドスタンド正面からの発走となるため、ダービー出走馬は先手をとって第1コーナーへの有利な位置を取り、そのスピードを維持して成績に繋げるというレースに取り組んできた。

2000メートルは言わば未知の距離、しかも第4コーナーにゲートが設置されるため、序盤は15万人の声援を浴びることになる。そのため、まず試されるのは鞍上との意思疎通であろう。こうした理由で未だに出走関係者の多くは内側の枠を好む傾向にあり、優勝するためには前々で競馬をするのがひとつのセオリーとなっている。そして向正面では、いったん馬を落ち着かせてライバルたちの位置取りを確認しながら第3・4コーナーを回り、最後の直線での攻防を迎える。

2019年に日本から遠征したマスターフェンサーは、前半控えて後半から徐々に進出し、不良馬場の中、上がり最速で「あわや」と言える走りを披露した。全天候型馬場の普及後、こうした作戦を立てる人馬は徐々に増えてきている。

文:吉田 直哉
(2022年4月現在)

  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ3
  • チャーチルダウンズ競馬場 イメージ4

チャーチルダウンズ競馬場 紹介ムービー

ページトップへ戻る
表示モード: