JRA育成馬

JRAブリーズアップセール

「JRAブリーズアップセール」は、2005年よりスタートした、JRA育成馬を売却するセールです。

「ブリーズアップセール:(Breeze Up Sale)」とは2歳調教セールを意味し、一般に、米国では“時計の速さ”で馬を高く売るセール、欧州では“調教タイムよりトータルの馬の仕上がり”をアピールしていくセールとして開催されています。JRAブリーズアップセールでは、“時計よりも馬の走法や出来映え”を購買者にアピールします。また同時に、上場馬の情報発信を充実させ、不慣れなお客様が、わかりやすく参加しやすい入門編としてのセール運営を目指しております。

2022JRAコンソレーションセールのご案内

2022JRAコンソレーションセールはすべての上場候補馬が北海道トレーニングセールで売却されたため、開催を中止いたします。

ご購買を検討されていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2022年開催結果

2022JRAブリーズアップセール  第18回 JRA育成馬調教セール

本日(4月26日(火曜))、中山競馬場にて開催された「2022 JRAブリーズアップセール」の結果をお知らせいたします。

日時

4月26日(火曜)9時00分から16時00分

場所

中山競馬場

上場頭数

70頭(2021年 73頭)

売却頭数

牡33頭 牝37頭(2021年 牡38頭 牝35頭)

総売却価格(税込)

7億7,902万円(2021年 8億245万円)

最高売却価格(税込)

牡3,410万円(タカミツサクラ2020)
牝3,520万円(ラビアンローズ2020)
(2021年 牡3,410万円 牝3,630万円)

平均売却価格(税込)

牡1,104.7万円  牝1,120.2万円
(2021年 牡1,177.0万円 牝1,014.8万円)

馬事担当理事 菊田 淳のコメント

2022JRAブリーズアップセールは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、昨年同様制限付きの開催となりましたが、皆様のご協力を得て無事終了することができました。
本年も多くの馬主の皆様にご登録いただき、上場馬全頭をご購買いただきましたこと、心より御礼申し上げます。
本セールは、当初より積極的な情報開示に取り組むなど、わかりやすく安心してご参加いただけるセールを目指しております。このような取り組みが、本日の成績につながったものと考えております。
今後も馬主の皆様が参加しやすい透明性の高いセール運営と、セリ市場の普及に取り組んで参りたいと考えています。
最後になりましたが、本日ご購買された競走馬たちが順調に成長し、6月より始まる新馬戦をはじめ、中央競馬の舞台で活躍してくれることを祈念しております。

上場馬名簿

ブリーズアップセールの開催情報、上場予定馬のブラックタイプ(馬の血統をセリ表示基準に基づいて記載)、種牡馬解説などが確認できます。

上場馬写真カタログ(2013年以降)

上場予定馬の横見写真がご覧になれます。1歳時と上場前(2歳時)の写真を記載しております。馬の成長をご確認ください。

2016年以降の写真カタログは上場馬名簿内(33ページから47ページ)をご覧ください。

育成馬個体情報

育成馬個体情報とは、JRAブリーズアップセールに上場するJRA育成馬について、入厩からの育成過程における情報をまとめ、セール参加者に冊子形式で配布しているものです。この冊子で開示している情報には以下の情報などがあります。

  • (1)JRA育成馬 育成調教方針JRA育成馬の育成調教方針全般に加え、各育成牧場の具体的な調教計画について記載しています。
  • (2)飼料給与状況各育成牧場における、月ごとの飼料給与状況について記載しています。
  • (3)運動実施状況各育成牧場における、月ごとの運動実施状況(常歩・速歩・駈歩の距離、使用した馬場、調教のスピード)について記載しています。なお、3月下旬以降の状況については個体ごとの情報に記載しています。
  • (4)個体ごとの情報上場した育成馬1頭ごとの測尺値や病歴、ノドの内視鏡検査のほか、育成期間中にみられた所見や検査結果を記載しています。
育成馬 個体情報冊子
ページトップへ戻る
表示モード: