今週の注目レース

毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)

京都競馬場 1400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

モズアスコット

牡4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:India
  • 母の父:Hennessy
ここに注目!

今年の安田記念を連闘で制して初GⅠ制覇を飾ったマイルの新王者が、秋の初戦を迎える。今回はこれまでのキャリアで一番長いレース間隔を空けての実戦となるが、GⅠウイナーとして、はね返してくれるはずだ。

前走の安田記念は、スタート直後こそ中団前めの位置取りだったが、3コーナーを過ぎたあたりでは後方まで位置を下げ、4コーナー12番手で直線へ入ると鞍上のC.ルメール騎手が内の進路を選択。前が開かないシーンがありながらも、進路が開いた一瞬の隙を突いてグイッと差し脚を繰り出すと最後まで鋭く伸び切り、アエロリット(2着)をクビ差かわしたところがゴールだった。初勝利から4連勝を挙げて、破竹の勢いでオープンクラス入り。今年の阪急杯と読売マイラーズCでは2着と、重賞でもその高い能力を見せていた馬。9番人気と前評判はそれほど高くなかったが、鮮やかな戴冠だった。ここも快勝して、秋の主役を名乗りたい。

ロードクエスト

牡5歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:マツリダワルツ
  • 母の父:チーフベアハート
ここに注目!

末脚の爆発力を武器に重賞を2勝しているが、近3走は、ある程度前の位置で運んでまずまずの結果を出している。全3勝は芝1600メートルで挙げたものだが、今のレース運びなら200メートルの距離短縮もこなせるだろう。

前走の京成杯オータムHは、スタート直後から鞍上が積極的に手綱を動かしてポジションを奪い、好位でレースを進めたが、3コーナー手前で各馬が動いたときには内でジッと我慢。4コーナーでは8番手まで位置取りを下げたものの、内ラチ沿いを通って直線へ向くと、馬群の狭いところを縫うように差し脚を伸ばした。結果は4着とはいえ、勝ち馬と0秒2差ならしっかりと実力を見せたと言えるだろう。前々走の関屋記念でも、差し馬がワンツーフィニッシュを決める展開の中で5着に踏ん張っており、力のあるところを証明。5歳となり、精神的に成長した部分が大きいのか、レースぶりが安定してきた。今回は、約2年1か月ぶりの白星に手が届くかもしれない。

レーヌミノル

牝4歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ダイワエンジェル
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

昨年の桜花賞馬だが、今春の高松宮記念で勝ち馬から0秒3の7着という競馬をしており、よりスピードに特化してきた印象を受ける。京都・芝コースは、昨年のマイルチャンピオンシップで4着に健闘した舞台。今回は、現在のベストに近い条件がそろったと言えそうだ。

今年の上半期は思うような結果を出せなかったものの、実力の一端は垣間見せた。前走の安田記念(12着)にしても、レースの前半600メートル通過タイム34秒2というマイル戦にしては速めのペースを2番手で追いかけたもの。加えて、あまり結果が出ていない東京・芝コースが舞台だった。また、前々走のヴィクトリアマイル(10着)にも同様のことが言え、本馬にとって厳しい条件だった。高松宮記念の7着を含め、3戦続けてGⅠを走った経験は、今後に生きてくるかもしれない。今回は約5か月の休み明けになるが、上々の調整過程を踏めており、いい状態で迎えることができそう。復活の走りを期待したいところだ。

デアレガーロ

牝4歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:スーヴェニアギフト
  • 母の父:Souvenir Copy
ここに注目!

母は、JRAでデビューした産駒8頭のうち4頭が平地のオープンクラス入りを果たしている優秀な繁殖牝馬。また、成長スピードが遅めの血統だけに、本馬も今後のもうひと伸びが期待できそうだ。ここで母の産駒として初の重賞制覇を飾りたい。

今年2月の京都牝馬Sは、1600万下クラスを勝ち上がったばかりでの重賞挑戦だったが、勝ち馬から1/2馬身差の2着と、きわどい勝負を演じた。レースは後方3番手を進み、直線入り口ではほぼ最後方だったが、そこから鋭い末脚を発揮して2着まで追い上げた。先着を許した相手がその後も重賞連勝を伸ばしたミスパンテールだったことを考えても、価値のあるレースだったと言える。昨夏のクラス再編成を経て、オープンクラスに再昇級した後は思うような結果を出せていないが、自身の持ち味である切れ味が生かしにくい芝1200メートル戦だったことが影響したのかもしれない。今回は重賞で好内容の競馬を見せたコースへ替わるだけに、期待も大きい。

コウエイタケル

牡7歳

調教師:山内研二(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ケイアイエリザベス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

7歳とはいえ、近走の成績から衰えは感じられない。休み明けや北海道を経由してくる出走馬が多いなか、コンスタントにレースに出走できている点は、アドバンテージとなりそうだ。安定して実力を発揮できる持ち味を生かして、上位進出を目指す。

前走のセントウルSは、春の高松宮記念勝ち馬ファインニードルや、スプリント重賞で何度も好走していたラブカンプーなど、GⅡらしい好メンバーがそろった一戦だった。本馬は、スタートから鞍上が手綱を動かして、中団前めのインという好位置を確保。そのまま3、4コーナーでも内ラチ沿いで脚をためると、直線もインを強襲し、わずかなスペースを突いて追い上げを見せた。最後は勝ち馬ファインニードルに0秒4離された4着とはいえ、相手を考えれば大健闘の内容だった。これまで重賞勝ちこそないが、レースを使われながら着実に成長を続け、重賞タイトルが手に届く位置まできた印象だ。今回の舞台での好走歴もあるだけに、ここはさらなる前進が期待できそうだ。

キングハート

牡5歳

調教師:星野忍(美浦)

  • 父:オレハマッテルゼ
  • 母:ラブハート
  • 母の父:マイネルラヴ
ここに注目!

半妹ラブカンプー(父ショウナンカンプ)は重賞勝ちこそないものの、今年のスプリンターズSでも2着となるなど現在のスプリント界で上位の存在となっている。本馬も春に重賞初制覇を飾っており、ポテンシャルは見劣りしないはず。兄の威厳を見せたいところだ。

前走のオープン特別・オパールS(京都・芝1200メートル)は、8枠17番という外枠だったこともあってか、後方からレースを進める形。3、4コーナーでも外を回る距離ロスがあり、6着まで追い上げるのが精一杯だった。それでも、2着馬とは0秒2差の競馬はできており、重賞ウイナーの力は示したと言えるだろう。前々走のキーンランドCにしても、内々を立ち回った馬たちが上位を占めるなか、5枠10番から外を回す競馬になっただけに、15着とはいえ情状酌量の余地はありそうだ。京都・芝1400メートルは、過去3戦して〔1・1・1・0〕と好成績を収めている絶好の舞台だけに、復活ののろしを挙げたいところ。内からロスの少ない立ち回りを見せたい。

グァンチャーレ

牡6歳

調教師:北出成人(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:チュウオーサーヤ
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

京都競馬場は、3歳時にシンザン記念で重賞制覇を飾った思い出のコース。白星から約2年も遠ざかっているが、何度も上位争いを繰り広げており、能力は確かだ。持ち前の先行力と立ち回りのうまさを生かすことができれば、このメンバーでも十分通用するだろう。

前走のオープン特別・都大路S(京都・芝1800メートル)は、3枠4番の好枠からいつも通りの先行策で3番手を進んだ。リズム良く道中を追走すると、直線でも内を突いて1度先頭に立つシーン。最後は勝ち馬から0秒5離された3着も、先着を許した相手が重賞2着の経験があるサンマルティン(1着)と、後に函館記念を制すエアアンセム(2着)なら、悲観する内容ではなかったはずだ。今年もオープン特別で3度の2着があり、3歳で重賞を制した馬ながら、6歳となってもいまだ衰えは感じられない。今回は、自身2度目の芝1400メートルとなるが、先行力があるだけに、新たな一面が見られる可能性もありそうだ。

サフランハート

牡5歳

調教師:北出成人(栗東)

  • 父:アドマイヤオーラ
  • 母:サフランカーネギー
  • 母の父:カーネギー
ここに注目!

前走でオープンクラス入りを果たしたばかりだが、芝・ダートを含めた全レースが1500メートル以下で、距離への経験値の高さは、重賞のメンバーに入っても生きてくるはず。今までより厳しいペースになりやすい重賞なら、自身の末脚を生かせそうだ。

6か月半の休養明けとなった前々走の1600万下・仲秋S(阪神・芝1400メートル)こそ7着に敗れたものの、前走の1600万下・道頓堀S(阪神・芝1200メートル)は、きっちりと3/4馬身差で勝利を飾った。前走は抑え切れない手応えで後方2番手を進み、直線は残り200メートルを切っても進路が見つからないという危機的状況だったが、残り100メートル付近でわずかな隙間を突くと一瞬の脚で前を行く各馬をかわし切った。メンバー中最速の上がり3ハロン34秒2(推定)をマークしており、完勝の内容と言える。今回は200メートルの距離延長になるが、京都・芝1400メートルは、4戦して2着3回と相性のいい舞台。初めての重賞挑戦でも侮れない。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: