海外競馬発売

香港カップ(G1)

シャティン競馬場 2000メートル(芝)3歳以上

発売開始時刻
日本時間12月12日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間12月12日(日曜)午後5時30分

2021年香港カップレース結果

8レース

第35回 香港カップ (G1)

3歳以上 定量
コース:2,000メートル(芝・右)
発走時刻:16時35分(現地時間)
賞金総額30,000,000香港ドル
1着賞金17,100,000香港ドル
レース映像
着順 馬番(ゲート) 馬名(生産国) 性齢 負担重量 騎手名 タイム着差 馬体重(kg) 調教師名(調教国) 単勝人気
1 12(4) ラヴズオンリーユー(JPN) 牝5 55.5 川田 将雅 2:00.66 484 矢作 芳人(JPN) 1
2 4(12) ヒシイグアス(JPN) 牡5 57.0 J.モレイラ 短アタマ 485 堀 宣行(JPN) 3
3 5(10)
ロシアンエンペラー(IRE)
ブリンカー着用
せん4 57.0 B.シン 1 520 D.ホワイト(HK) 11
4 8(7) ドバイオナー(IRE) せん3 56.0 T.マーカンド 1 1/4 464 W.ハガス(GB) 4
5 6(11)
トゥールビヨンダイヤモンド(AUS)
ブリンカー着用
せん5 57.0 A.バデル 2 1/2 555 C.シャム(HK) 10
6 11(3) レイパパレ(JPN) 牝4 55.5 C.スミヨン 4 3/4 434 高野 友和(JPN) 2
7 7(5) ベルリンタンゴ(GB) せん4 57.0 C.ホー 4 3/4 465 A.クルーズ(HK) 12
8 3(8) グロリアスドラゴン(IRE) せん6 57.0 M.プーン 5 523 K.ルイ(HK) 8
9 10(9) ボリショイバレエ(IRE) 牡3 56.0 R.ムーア 6 1/2 480 A.オブライエン(IRE) 6
10 1(6)
カーインスター(GB)
ブリンカー着用
せん6 57.0 M.チャドウィック 9 522 A.クルーズ(HK) 7
11 2(1) パンフィールド(CHI) 牡5 57.0 K.ティータン 10 579 A.ミラード(HK) 5
12 9(2) マックスウィニー(IRE) 牡3 56.0 K.マニング 16 3/4 495 J.ボルジャー(IRE) 9
  • 注記:着差は1着馬からの着差を表しております。

払戻金

  • 単勝
    12
    180
    1番人気
  • 複勝
    12
    110
    1番人気
    4
    160
    2番人気
    5
    1,010
    11番人気
  • 馬連
    4-12
    490
    2番人気
  • ワイド
    4-12
    230
    1番人気
    5-12
    3,430
    29番人気
    4-5
    5,360
    37番人気
  • 馬単
    12-4
    710
    2番人気
  • 3連複
    4-5-12
    15,930
    42番人気
  • 3連単
    12-4-5
    46,170
    124番人気

1着 ラヴズオンリーユー 矢作 芳人 調教師のコメント
「アメリカからアンカレッジ経由で香港に移動した時は少し調子が落ちてしまい正直心配したのですが、それを立て直した彼女自身とスタッフには尊敬の念しかありません。これで引退してしまうのは寂しいのですが、彼女の子どもを早く見たいという気持ちも大きいです。本当に素晴らしい馬と巡り合えて調教師として感激しています。多くの応援をいただきありがとうございました」

2着 ヒシイグアス 土明 充生 調教助手のコメント
「初の海外遠征で、多少慣れるのに時間が掛かりましたが、その中でもよくあの着差で頑張ってくれたと思います。レースに関しては、大外枠は不利だと考えていたため、ロスなく運んでほしいという指示でした。位置取りは思ったより後ろからになったものの、直線では作戦通り、馬場の荒れた内を避けて外から脚を使ってくれました。着差が着差だけに、勝ってほしかったです」

2着 ヒシイグアス J.モレイラ 騎手のコメント
「堀調教師が良い状態だと言っていたので楽しみにしていました。レースでは粘り強く構えて、残り600メートルあたりで仕掛けると良い反応を見せてくれました。残り300メートルあたりで内にもたれてしまったのが残念でしたが、G1を獲る力のある馬だと証明してくれたと思います」

6着 レイパパレ 高野 友和 調教師のコメント
「馬はよく頑張ったと思います。スタートで少し後手を踏み、馬群の中で競馬をすることになったことは、いつものレイパパレのレースとは違う形でした。折り合いについては気にしていたほどではなく、ギリギリ我慢できていたけれども、進路を遮られたところから末脚を発揮するには至らなかったです。でも、諦めずに頑張ってくれました」

6着 レイパパレ C.スミヨン 騎手のコメント
「良い走りでしたが、コーナーで不利があったのが残念です」

ページトップへ戻る