競馬用語辞典

カテゴリー

うまやことば、厩舎関係用語

用語

汗取り

読み
あせとり

馬の太目残りを解消するため、日が昇ってから馬に毛布をかけ、その上にを置いて調教をすること。かく汗の量が増え、太目の解消に効果がある。また、騎手が減量するためにサウナ風呂(調整ルーム内にある)に入ること、という意味もある。

用語

あんこ

読み
あんこ

経験の乏しい見習騎手のこと。あんちゃん、あんちゃんこ、ともいう。一説には東北地方の「兄」の方言からきたともいわれている。

用語

一完歩

読み
いちかんぽ

馬の歩幅のことで、レース時のそれは約7メートルから8メートルといわれている。1ハロン(200メートル)の歩数を数えると、個体差、またスピードによる差はあるがサラブレッド系は28〜30歩、アラブ系では30〜32歩を要するといわれている。

用語

馬っ気

読み
うまっけ

牡馬の発情のこと。馬っ気を出すと競走に集中力を欠き、能力を出し切れなくなることが多いと言われている。

用語

お手馬

読み
おてうま

ある馬にひとりの騎手がずっと騎乗していてその馬の癖、性質等を熟知している場合、その馬をお手馬という。他の騎手からお手馬としている騎手に乗り替わると、全能力を発揮して好走することが多い。

用語

親子どんぶり

読み
おやこどんぶり

同じレースに同じ馬主、もしくは同じ厩舎の馬が2頭以上出走していて、レースの結果それらの馬で1、2着を独占した場合、○○(馬主、厩舎の名前)の親子どんぶり、という。

用語

おろす

読み
おろす

普通には初めて馬がレースに出走することをいうが、平地競走を走っていた馬が障害入りしたときや、中央競馬所属の馬が地方競馬に転属した場合にも使う。

用語

飼い食い

読み
かいぐい

食欲のこと。「飼い食いが良い」とか「悪い」というように使われる。飼い食いが良過ぎると太めになり易い。反対に食欲がないときは人間でもそうだが、どこか具合が悪いからで厩舎関係者はその原因を早く知ることが大切である。発情期の牝馬は大抵、飼い食いが細る。よく食べ、びっしり調教を積まれている馬は好調といえる。

用語

格上げ

読み
かくあげ

現在の中央競馬は未勝利級からオープン級までいくつかのクラスに分かれていて、獲得した本賞金の額により上のクラスへと昇級していく。ある馬がレースに出走して勝ち、上のクラスへ昇級した場合、これを格上げという。格上げとなった初戦はこれまでより強い相手と当たることになるので、苦戦する場合が多い。

用語

硬口

読み
かたくち

人馬の伝達は主に馬銜によって行なわれるが、唇の感覚が鈍い馬だと、扶助が十分伝わらず、騎乗者の意に反し頭を上げ、ひっかかったりするものがいる。こういった馬を硬口という。騎乗者の技術によるところもある。

用語

変わり身

読み
かわりみ

休養明けを一度叩かれた馬が、次のレースで好走した場合、「変わり身があった」という。一度使われたことでレース感を取り戻し、それが2戦目で実を結ぶ実例は少なくない。それだけに休養明け2戦目は「変わり身期待」という意味で、人気になることがある。しかし、休養の長さ、休養中の調整度、または馬のタイプによって、必ずしも変わり身があるとは限らない。

用語

カンカン泣き

読み
かんかんなき

馬が重い斤量に苦しむこと。斤量に敏感で、それを苦にする馬を「○○はカンカン泣きする」というように使う。

用語

カンカン場

読み
かんかんば

カンカンというのは斤量のことを指す。その場所、つまり、斤量を計る検量室のことをいう。レースに出場する騎手はここで、などを持ち、定められた重量かどうかを‘はかり’に乗って計量する。なお、その由来は“貫〔かん〕を看〔み〕る”、つまり“看貫〔かんかん〕”からきている。

用語

カンパイ

読み
かんぱい

発走委員が真正な発走でないと認めた場合に発走をやり直すこと。ゲートの前方200メートルの地点に白旗を持った係員がいて、発走委員の合図を受け白旗を振り騎手に発走のやり直しを知らせる。語源は英語のカムバック(戻れ)、といわれている。

用語

完歩

読み
かんぽ

用語

ガレる

読み
がれる

疲労がつもって体重が減り、毛づやはさえず体調が低下している状態のこと。また何かの理由で飼葉〔かいば〕を食わなくなり、体が細くなったときに「体がガレている」といったように使う。

用語

斤量

読み
きんりょう

負担重量のこと。現在はキロ制が採用されているが、初期の競馬は80斤、90斤といった斤(0.6キロ)が単位だったので、これが現在でも負担重量の言葉として残っている。

用語

口取り

読み
くちとり

馬の口をとって発馬機内に誘導したり、暴れそうな馬を抑さえていること。また勝った馬がウイナーズ・サークルで行う記念撮影のことをさす場合もある。

関連用語

用語

口向き

読み
くちむき

一口でいえば、馬銜受けの状態のこと。馬銜は手綱を通して騎手の意志を馬に伝える一方、馬の意志を騎手が感知する接点でもある。これは手綱の微妙な操作によって行なわれる。口向きを良くするための調教は最も大切なこととされている。

用語

三分三厘

読み
さんぶさんりん

3〜4コーナーの中間付近の勝負どころの意。  ゴールまで660メートル地点、600メートル地点、あるいは、ゴールまでの距離が全距離の約3分の1の地点とさまざまな説がある。

用語

下乗り

読み
したのり

修業中の騎手のことで、免許はとっていても経験が浅く、技術未熟の騎手を呼ぶ場合に使っている。

用語

ズブい

読み
ずぶい

エンジンのかかりの遅い馬で、道中騎手が追っつけどうしでないと追走に苦労するような馬のこと。ペースの速い短距離戦には不向きである。また古馬になるにつれてズブさがでてくる馬も多い。

用語

せったる

読み
せったる

背中の線がたるんでいる馬のこと。軽度のものは能力には影響ない。競走馬にも稀にある。

用語

ソコソコ

読み
そこそこ

五分以上の勝負になりそうなとき使われる。その馬が勝つまではいかなくとも、見せ場をつくるぐらいに走れそうなとき「ソコソコの勝負はできる」などと使う。また、「アラアラの勝負」も同じ意味である。

用語

ソラを使う

読み
そらをつかう

馬の癖のひとつで、レースや調教時にふとしたことから馬の気が散り、走ることに集中力を欠くこと。

用語

叩く

読み
たたく

ふたつ意味があり、ひとつはレース中気合を入れるために馬にムチを入れること。もうひとつは休み明けにレースを使うときに使うが、この場合、仕上がり途上のときに用いることが多い。「休み明けを一度たたく」といったように使われる。

用語

手がわり

読み
てがわり

レースで、それまで騎乗していた騎手から他の騎手に乗り替わること。

用語

テキ

読み
てき

競馬社会にのみ使われている隠語のひとつで調教師のこと。騎手厩務員等が自分の調教師のことを「うちのテキが」などというように使う。語源は、調教師には元騎手が多く、騎手をひっくり返してひらがな読みをした(手・騎)ところからきた、といわれている。

用語

鉄砲

読み
てっぽう

比較的長期の休養明けでレースに使うこと。このような場合にレースに使うことを「鉄砲使い」、また鉄砲使いでレースで好走するような馬を、「鉄砲の利く馬」という。

用語

テン

読み
てん

最初、真っ先の意。テンの半マイル、テンに追う、など。また、テン乗りというのは、その馬に騎手が初めて騎乗することをいう。

用語

天狗山

読み
てんぐやま

調教師が調教を監視する場所のこと。自厩舎の自慢話をすることから、天狗山、の名がついたといわれている。

用語

デッパ

読み
でっぱ

発馬のこと。ゲートの出が悪い馬を「デッパが悪い」などという。

用語

内国産馬

読み
ないこくさんば

外国産馬以外の馬。つまり日本で生まれた馬である。ただし、種付けのため外国に一時的に輸出された牝馬((公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの繁殖登録を受けているもの)が輸出される前に日本で種付けして受胎している場合に、外国で生まれた子供を当歳の12月31日までに輸入した際には内国産馬となる。また、外国で種付けされた繁殖牝馬が日本に輸入されて産んだ持込馬も、現在では内国産馬として扱われる。

用語

ふなゆすり

読み
ふなゆすり

熊癖〔ゆうへき〕の俗称である。馬房内で肢を踏みかえ身体を左右に間断なくゆする癖である。熊がオリの中で左右に身体を動かす様に似ていることから熊癖の名があり、また、舟をこぐ様にも似ていることからふなゆすりという俗称がある。下肢部の故障を起こすこともあるため嫌われる。

用語

ボロ

読み
ぼろ

馬糞のこと。この状態により好不調の判断がある程度できる。軟らかいのはよくなく、また堅過ぎず、落ちたときに3つ、4つに割れるのが良い状態といわれている。なお、パドックなどでボロをする馬をウンを落とす、として嫌うという俗説もある。

用語

道悪

読み
みちわる

馬場状態の表示には良、稍重、重、不良の4段階があるが、重以上の状態をひと口で「みちわる」という。道悪の上手、下手で人気が大きく変わる場合がある。

用語

メンコ

読み
めんこ

馬の覆面のこと。一般に耳おおいがついたものを使い、音に驚いたり、砂をかぶるのを嫌がる馬に使う。

用語

物を見る

読み
ものをみる

不意に些細な何かの物に驚いて騒いだり、止まってしまったり、また横に飛んだりする動作や癖をいう。レースのときにハロン棒の影や芝の切れ目に驚き、異常な動きをする馬も稀にある。

用語

屋根

読み
やね

騎手のことをいう。別称に上(あんじょう)、乗り役というのもある。

用語

ヤマキズ

読み
やまきず

馬が牧場での育成時に負った傷のこと。競走馬となってからその傷痕が残っている場合、そう呼ぶ。

用語

僚馬

読み
りょうば

同じ厩舎に所属する馬のこと。英語では、ステイブルメイト(stablemate)という。

ページトップへ戻る
表示モード: