競馬用語辞典

用語

サラブレッド

読み
さらぶれっど

馬の品種のひとつで、競馬の主流はサラブレッドである。イギリスで長い間かかって競走馬として作り出されたもので、「純血」という意味があり、「完全に育てあげられた」ということを表わす。 競走馬としての大まかな定義としては「連続8代にわたりサラブレッドが交配された馬」と決められている。 最近は一般用語としても使われおり、毛なみのよいことを、彼はサラブレッドのようだ、などという。また、サラブレッドを省略するときは「サラ」という。

カテゴリー
ページトップへ戻る
表示モード: