JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 トピックス&コラム
開催お知らせ出馬表オッズ払戻金レース結果特別レース登録馬レーシングカレンダー馬場情報今週の注目レース


中山競馬場
 ※コース図・コースデータはこちら

阪神競馬場 中京競馬場
 直前情報(12月19日(金)正午現在の情報)

    開催日当日の「天候」、「馬場状態」は、「競馬メニュー」の「開催お知らせ」をご覧ください。
    競馬場写真
    天候
    馬場状態 ( 芝 ) 良
    (ダート) 稍重
    芝の状態 3コーナーの内側に若干の傷みが出てきましたが、全体的には良好な状態です。
    芝の草丈 (芝コース)野芝約6〜8cm、洋芝約10〜14cm
    (障害コース)野芝約6〜8cm、洋芝約10〜14cm
    使用コース Aコース(内柵を最内に設置)


    【芝コース図】
    野芝
    6〜8cm
    コース図 洋芝
    10〜14cm


    【障害コース図】

    野芝
    6〜8cm
    コース図 洋芝
    10〜14cm

 中間情報(12月12日(金)〜12月19日(金)正午の情報)

     気象情報

      日付 12日(金) 13日(土) 14日(日) 15日(月) 16日(火) 17日(水) 18日(木) 19日(金)
      雨量(mm) 0.0 0.0 0.0 0.0 18.0 0.0 0.0 0.0
      天候

     作業内容

    特に記載のない限り、芝刈り、散水、肥料及び凍結防止剤の散布等は実施していません。ただし、芝の生育管理のために前日夜に散水を実施することが、また、ダートコースの乾燥が著しい場合は競走馬の安全のため散水を実施することがあります。

    (1)芝コース
    • 特記する作業はありません。

    (2)ダートコース
    • 17日(水)〜19日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

    (3)障害コース
    • 18日(木)ローラーを用いて4号障害から3号坂路にかけての凹凸を整正しました。

 第4回中山競馬の馬場概要(12月1日(月)現在)

     芝コース

    (1)使用コース

      第4回中山 全8日 Aコース
      開催日
      コース
      1周距離
      直線距離
      幅員
      備考
      全8日
      A
      (内)1,667.1m
      (外)1,839.7m
      310.0m
      20〜32m
      24〜32m
      内柵を最内に設置

    (2)芝の状態
    • 今開催は洋芝(イタリアンライグラス)によるオーバーシードをした状態で施行します。
    • 第3回中山競馬終了後、排水改良を目的に約39,000m2(正面は内柵から18m、その他は概ね内柵から11m)の路盤改造工事(芝張替含む)を、また工事施工範囲外にて芝の更新作業を実施しました。8月上旬までに芝張替を完了し、その後、散水や肥料散布等の生育管理に努め、10月上旬に洋芝によるオーバーシードを実施しました。野芝及び洋芝とも順調に生育し、全体的に良好な状態となっております。
    • 11月中旬にエアレーション作業を実施しました。
    • 凍結防止及び芝保護のため、日陰部等のシート養生を行う場合があります。
    • 芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

     ダートコース

    (1)使用コース

      1周距離
      直線距離
      幅員
      1,493.0m
      308.0m
      20〜25m

    (2)ダートコースの状態

    • 第3回中山競馬終了後、コース全面の路盤点検及びクッション砂の洗浄を行いました。
    • クッション砂の砂厚は9.0cm(従来通り)で調整しています。
    • 乾燥が著しい場合は、競走馬の安全のため散水を行う場合があります。
    • クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤を散布する場合があります。

     障害コース

    (1)障害コースの状態
    • 野芝と洋芝(トールフェスクとイタリアンライグラス)の混生状態で施行します。
    • 第3回中山競馬終了後、約2,300m2の芝張替(主に1・3号坂路、3〜4コーナー中間点、障害前後)と芝の更新作業を実施し、その後、散水や肥料散布等の生育管理に努め、9月下旬に洋芝(イタリアンライグラス)によるオーバーシードを実施しました。野芝及び洋芝とも順調に生育し、全体的に良好な状態となっております。
    • 凍結防止及び芝保護のため、障害飛越前後のシート養生を行う場合があります。
    • 芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。