今週の注目レース

みやこステークス(GⅢ)

京都競馬場 1800m(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

エピカリス

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:スターペスミツコ
  • 母の父:カーネギー
ここに注目!

前走のレパードSは、直線で進路が見つからずスパートが遅れるシーンがあり、不完全燃焼の競馬。結果は3着と1番人気の支持に応えることはできなかったが、デビューから4連勝の実力は疑いようがない。今回は、初めて他世代の馬と対戦するだけに、相手関係が鍵だろう。

昨年の北海道2歳優駿(JpnⅢ、門別・ダート1800m)を、2着以下に大差をつける圧勝で制覇し、デビューから3連勝を飾った。今年初戦のオープン特別・ヒヤシンスS(東京・ダート1600m)を勝つと、初の海外遠征となったUAEダービー(G2、メイダン・ダート1900m)では、ゴール直前まで先頭を守って2着。あと少しのところでタイトルを逃したものの、ワールドクラスの実力を示した。アメリカに遠征したベルモントS(G1)は、レース直前に右前肢跛行を発症して出走取消となったが、秋のビッグタイトル獲得のためにも、ここは通過点としたいところ。関西圏での競馬は初めてになるが、海外遠征を含めて輸送の経験は豊富で、問題はないだろう。

テイエムジンソク

牡5歳

調教師:木原一良(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:マイディスカバリー
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

重賞初挑戦となった前走のエルムSで2着と、このクラスで通用する力を示した。勝ったロンドンタウンが次走でコリアC(韓国G1)を制覇していることも強調材料だ。京都・ダート1800mで全7勝中4勝を挙げており、舞台適性の高さも大きな武器になる。

12戦連続で掲示板(5着以内)を確保している堅実派。先行力があるので、自身の思うようなポジションでレースを運ぶことができ、さらにしっかりとした末脚も使えるタイプで、自在性の高さは特筆すべきところだ。前走のエルムSは、従来のレコードを0秒8更新する1分40秒9のJRAレコードでの決着だったが、本馬も1分41秒0で走破し、時計の速い決着への適応力を見せた。ここ数週間は降雨の影響で脚抜きのいいダートが続いており、そこへの対応力がある点は大きなプラス材料になるだろう。重賞勝ち馬が多数いるメンバー構成だけに実績不足の感は否めないが、ここ最近の充実ぶりなら、それらの実力馬たちをまとめて負かしてもおかしくない。

ローズプリンスダム

牡3歳

調教師:畠山吉宏(美浦)

  • 父:ロージズインメイ
  • 母:クリスチャンパール
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

これまで挙げた4勝中、メイクデビュー東京(芝1600m、9番人気)、オープン特別・鳳雛S(京都・ダート1800m、10番人気)、レパードS(11番人気)の3勝を下位人気で挙げている。レースぶりに派手さはないが、自在性としぶとさが持ち味で、ここも侮れない存在だ。

デビュー戦こそ芝で勝ち星を挙げたが、3戦目の500万下(中山・ダート1800m)でダート戦に矛先を向けると2着に好走。3走前のオープン特別・鳳雛Sでは、直線でサンライズノヴァ(4着、次走でユニコーンSを優勝)をかわすと後続の追撃も振り切り勝利を飾った。前走のレパードSは、直線に向くまで距離ロスの少ない内ラチ沿いを通り、外に出されてから進路が開くと鋭い末脚を発揮して並ぶ間もなく他馬を抜き去り、2着馬に1馬身1/4差をつけて快勝。鞍上の木幡巧也騎手に初めての重賞制覇をプレゼントした。操縦性の高さを示した一戦と言え、今回、他世代の強敵が相手でも好勝負を演じてくれるはずだ。

キングズガード

牡6歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:キングスベリー
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

全28戦中26戦がダート1600m以下と、短距離が主戦場であることは間違いない。ただ、条件クラスとはいえ一昨年の1000万下・濃尾特別(中京・ダート1800m)で2着に入っており、近走の充実ぶりも合わせれば、ダート1800mの距離をこなしても不思議はない。

前々走のプロキオンSでは、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒6(以下推定)をマークし、2着馬カフジテイクに2馬身差をつける快勝で重賞初制覇を成し遂げた。初めて左回りの競馬場で挙げた勝利でもあり、著しい成長は明らかだ。前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ、盛岡・ダート1600m)でも、前残りの展開を中団から差を詰めて3着と健闘した。近走は安定感が増してきており、近4走中3走でメンバー中最速の上がり3ハロンタイムで走っているように、末脚にも磨きがかかっている。今回は全8勝中7勝を挙げる右回りコースに替わることで、より力を発揮できるはず。京都・ダートコースも4戦して2勝、3着1回と実績があり、大きく崩れることは考えづらい。

タガノヴェリテ

せん5歳

調教師:本田優(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ヴィオレットステラ
  • 母の父:Invincible Spirit
ここに注目!

1000万下→1600万下・平城京S(共に京都・ダート1800m)を連勝中。以前は勝ち切れないレースが続いていたが、ひと皮むけた印象で、勢いは今回のメンバーの中でも上位だろう。今回と同じ舞台で結果を残してきたことも、強調材料になる。

未勝利戦が終わる3歳秋までに勝ち上がることができなかったが、地方競馬で勝ち星を重ねて翌年に中央再転入すると、500万下(京都・ダート1800m)と続く1000万下・早鞆特別(小倉・ダート1700m)を連勝し、3歳時とは違う姿を見せた。その後は1年以上勝ち星から遠ざかったが、現在2連勝中。前走の1600万下・平城京Sは去勢手術後の初戦だったが、2着馬に1馬身1/4差をつけて勝利し、さらなる成長を感じさせた。レース内容も4コーナーで内をまくって一気に進出。メンバー中最速タイの上がり3ハロン35秒9(推定)をマークしており、完勝と呼べるものだった。今回は、休み明けを1度使われた上積みが見込め、重賞初挑戦といえども楽しみは大きい。

モルトベーネ

牡5歳

調教師:松永昌博(栗東)

  • 父:ディープスカイ
  • 母:ノーブルエターナル
  • 母の父:アフリート
ここに注目!

昨年の本レースは、重賞初挑戦の立場で6着。ただ、そこから重賞で1勝、2着1回と目覚ましい成長を遂げた。前走のシリウスSこそ11着に敗れたが、積み上げた実績はこのメンバーに入っても上位と言えるだろう。

前走のシリウスSは、約5か月半の休養明けもあってか、スタート直後から折り合いを欠くシーンが見られた。その後は落ち着きを取り戻し、2番手集団の先頭という好位置を進んだものの、前半で消耗したのか直線で失速し、11着と大敗。最後の100mで息切れした感があり、距離も長かったように映った。ダート2000m以上の距離では3戦して1度も3着以内がなく、〔4・2・2・6〕のダート1800mに距離が短縮される今回は、巻き返しを予感させる。また、休養明け初戦よりもレースを使われながら良化していくタイプで、休み明け2戦目は〔2・2・0・3〕。前々走のアンタレスSで重賞初制覇を果たした実力を、最大限に発揮できる条件がそろったと言えるだろう。

タガノディグオ

牡3歳

調教師:宮徹(栗東)

  • 父:エンパイアメーカー
  • 母:タガノティアーズ
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

前々走のレパードS(12着)が14kg減の512kg。前走の白山大賞典(JpnⅢ、金沢・ダート2100m、4着)が7kg増の519kgと、近走は輸送続きもあってか馬体重の変動が大きく、当日の馬体重には注意が必要だ。過去の成績から、520kg台での出走が望ましいだろう。

メイクデビュー小倉(芝1800m)で16着と大敗を喫すると、すぐさまダート路線へ方向転換。これが功を奏し、デビュー2戦目からクラスを問わずに10戦連続で3着以内を確保した。そのうちの8戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(全て推定)をマークしており、末脚の安定感は世代屈指と言っていいだろう。4走前の兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ、園田・ダート1870m)で、のちに交流重賞を2勝するクイーンマンボ(3着)などを下して重賞初制覇。続くジャパンダートダービー(JpnⅠ、大井・ダート2000m)でも、勝ち馬から0秒2差の3着と好勝負を演じた。実力馬が集まる今回はペースが速くなる可能性も高そうで、直線で自慢の末脚が発揮されるシーンが見られるかもしれない。

アスカノロマン

牡6歳

調教師:川村禎彦(栗東)

  • 父:アグネスデジタル
  • 母:アスカノヒミコ
  • 母の父:タバスコキャット
ここに注目!

近走は結果を残せていないが、GⅠで3着2回という実力の持ち主。今回は約5か月半ぶりの実戦だが、2か月以上間隔が空いたときの成績が6戦3勝と休み明けを得意にしており、問題はない。休養効果でリフレッシュされた状態なら、古豪復活の可能性もありそうだ。

昨年の本レースは2番人気で14着と期待に応えることができなかった。6枠11番からスタート後は鞍上に促されて前に行ったが、本馬より内枠に先行したい馬が3頭おり、1コーナーで外めを回る展開。向正面では3番手の好位を取れたが、中団待機の馬たちが3コーナー過ぎから一気に進出を始め、先行馬にとって厳しい展開となった。かつ、直線では前が窮屈になるシーンがあり、力を出せなかった印象だ。京都・ダートコースでは、昨年に平安Sを制するなど全7勝中5勝を挙げており、得意としている舞台。近走の不本意な結果が続いているが、巻き返しがあっても驚けない。馬場状態は、良馬場で5勝と結果を残しているだけに、晴天を願いたいところだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: