競馬用語辞典

用語

カンカン場

読み
かんかんば

カンカンというのは斤量のことを指す。その場所、つまり、斤量を計る検量室のことをいう。レースに出場する騎手はここで、などを持ち、定められた重量かどうかを‘はかり’に乗って計量する。なお、その由来は“貫〔かん〕を看〔み〕る”、つまり“看貫〔かんかん〕”からきている。

ページトップへ戻る
表示モード: