競馬用語辞典

用語

見習騎手

読み
みならいきしゅ

騎手免許をとったばかりの若い騎手は、ベテラン騎手に比べると技術が未熟で同一条件で競走した場合、どうしても不利になる。そこでこういう騎手に騎乗機会を多く与え、育成を図るために、免許の通算取得期間が5年未満であって、勝利度数が100回以下の騎手見習騎手)に減量制度がとられている。そのことから、減量騎手とも呼ぶ。見習騎手特別競走ハンデキャップ競走以外の競走に騎乗する場合、その騎手の通算勝利度数により各々負担重量は以下のとおり減量される。

カテゴリー
ページトップへ戻る
表示モード: