競馬用語辞典

頭文字

「り」からはじまる用語

用語

理化学検査

読み
りかがくけんさ

競馬に出走した馬の尿またはその他の生体材料から、馬に薬物を不正に投与したかどうかを、物理的、化学的分析法によって検査することをいう。平成26年12月現在、96品目の禁止薬物が定められている。これらの禁止薬物を、公正な第三者的立場に立って検査する機関として、昭和40年に競走馬理化学研究所が設立され、中央競馬、地方競馬双方の理化学検査を行っている。

用語

栗東トレーニング・センター

読み
りっとうとれーにんぐ・せんたー

JRAで最初のトレーニング・センターとして、昭和44年11月に滋賀県栗東市に誕生。広大な敷地の中に、6つのコースを持つトラック型調教コース、1085mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、逍遥馬場といった様々な調教施設があり、2000頭を超える競走馬(主に関西馬)が、レースへ向けてトレーニングを行っている。

用語

リップネット

読み
りっぷねっと

馬の鼻先にネット上のものを装着することで意識を集中させ、周囲からの影響を減少させることを期待して用いられる。鼻端が隠れてしまうため、到達順位の判定に支障をきたすおそれがあるなどの理由から、JRAでは競走中の使用は認められていない。手作りのため、様々な形状がある。

用語

僚馬

読み
りょうば

同じ厩舎に所属する馬のこと。英語では、ステイブルメイト(stablemate)という。

ページトップへ戻る
表示モード: