競馬用語辞典

頭文字

「な」からはじまる用語

用語

内国産馬

読み
ないこくさんば

外国産馬以外の馬。つまり日本で生まれた馬である。ただし、種付けのため外国に一時的に輸出された牝馬((公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの繁殖登録を受けているもの)が輸出される前に日本で種付けして受胎している場合に、外国で生まれた子供を当歳の12月31日までに輸入した際には内国産馬となる。また、外国で種付けされた繁殖牝馬が日本に輸入されて産んだ持込馬も、現在では内国産馬として扱われる。

用語

ながし

読み
ながし

ながし投票の略称。軸となる馬(枠)番を、3連単もしくは3連複なら1〜2頭、その他の連勝式なら1頭(枠)選択して、その軸から相手の馬(枠)番に「ながし」て購入する投票方法。

関連用語

用語

読み
なまり

負担重量調整のため板を使用する。板は100グラムから500グラムまで5種類あり、100グラムを一分〔いちぶ〕と呼んでいる。通常、鉛鞍と呼ばれるを入れる仕様のに、板を入れて負担重量を調整している。まれに胴巻に入れて自己の胴に固定する騎手もいる。競馬場では以外に500グラム単位で負担重量調整用のゴムパッドを準備しており、これを使用して負担重量を調整する騎手もいる。

用語

常歩

読み
なみあし

速度は普通1分間に110メートル位で、これは時速6.6kmにあたる。 人間の通常の歩く速度は時速4kmだから、人間よりかなり速いことがわかる。活発に歩かせなければ、これよりずっと遅く歩くが、活発に歩かせないと本来の正しい動きをしない。 四肢の動く順は(1)右後肢 (2)右前肢 (3)左後肢 (4)左前肢の4ビートで、頭、頸を左右、上下に大きく動かして歩き、騎手の腰は前後に揺れ動くが、上下動の反撞はない。 馬は基本的には常歩速歩駈歩襲歩などの歩法で移動するが、これらの歩法のうち常歩は最も速度が遅い。肢の着地順は右後肢→右前肢→左後肢→左前肢と続いていく。

ページトップへ戻る
表示モード: