競馬用語辞典

カテゴリー

競馬で使用する様々な道具

用語

読み
あぶみ

の附属具で、騎手が自分の体を安定させるために踏むもの。

関連用語

用語

上腹

読み
うわばら

の保定には一本だけの腹帯では破損した場合危険であり、鞍ズレも起こしやすいので、その防止のための上から腹帯の上にもう一本の帯をしめる。これを上腹という。

用語

折り返し手綱

読み
おりかえしたづな

腹帯から’はみ環’を通した手綱。これは、頭を上げる悪癖のある馬に、その癖を出させないために使うもの。

用語

口籠

読み
くちかご

厩舎用具の一つで馬の口につける籠のこと。昔は竹製であったが今は金網製。寝ワラを食べたりする採食の異常のものに使う。食いのいいものが定量以上飼葉〔かいば〕を食うので制限するために使う場合もある。

用語

読み
くら

馬の背に置いて、人や荷物をのせる具。大きく分けると馬場用と障害用に分けられる。馬場用のはあおり革の前の線がまっすぐで騎手が膝で体を固定できないため、あまり楽なものではない。少し前の方にあおり革がせり出しているが安定的である。  障害用のは、あおり革がなお一層前へ出ていて、膝の固定と、騎手が体を前方へ傾斜させることができる。この極端なものが競走用のである。また、レースではこのの重さも斤量に含まれる。

用語

ゴーグル

読み
ごーぐる

騎手がレースで着用する防砂・防風メガネのこと。馬場状態の悪いレースでは土砂がゴーグルについてしまうため、騎手は数枚を重ねて装着しており、レースの途中で汚れたゴーグルから順次はずして騎乗している。

用語

サイドレーン

読み
さいどれーん

頭の高い馬を矯正する場合の調教補助具。単純な革ひもで、ハミ環と、腹帯をつなぐようにして使う。左右のハミ環から、馬の両側に一本ずつ装着して、調馬索調教時に使用する。制御性が強いため人馬転倒を起こさないよう使用には十分注意が必要である。

用語

舌縛り

読み
したしばり

銜吊りなどを用いても馬銜を越して舌を出す(「舌を越す」という)癖を直すことができない馬に使用する。この方法は、レースの際に舌を引っ込めて(気管を防いで)しまう癖がある馬やDDSP(軟口蓋背方変位)という疾病を発症しやすい馬にも有効である。適度に幅の広い包帯が多く用いられている。舌を大きく動かすことができず、馬に苦痛を与えるようにも思えるが、実際はそれほど苦痛を与えるものではない。

用語

肢巻き

読み
しまき

用語

遮眼革

読み
しゃがんかく

用語

シャドーロール

読み
しゃどーろーる

頭絡の鼻革にボア状のものを装着したもの。芝の切れ目や物の影などに驚く馬に対し、下方を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられる。また、競走中に頭を上げる癖のある馬に使用することによって、頭を下げさせ、馬を御しやすくする効果を期待して用いられることもある。

用語

勝負鉄

読み
しょうぶてつ

競走用蹄鉄のこと。

関連用語

用語

勝負服

読み
しょうぶふく

騎手がレースに騎乗する際に着用する服。デザインは馬主ごとに決められている。

用語

チークピーシーズ(Cheek Pieces)

読み
ちーくぴーしーず

フルネームでシープスキン・チークピーシーズと言う。頭絡の頬革にボア状のものを装着したもので、左右を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられる。

用語

蹄鉄

読み
ていてつ

馬の(蹄負面)に打ち付ける金属で作製したものを言い、かつては、調教用と競走用とに区分され、調教時には鉄および軽合金材から造られた蹄鉄を使用し、競走時には、競走ニウム蹄鉄といわれる競走専用蹄鉄に打替(交換)されていたが、打替を頻繁に行うとが傷むなどの不利があった。そこで、調教時および競走時の両方に使用できる兼用蹄鉄が開発された。これは、アルミニウム合金材から造られ競走前後の打替を必要としない。現在ではほぼ100%の競走馬が使用している。

用語

透明半頭面

読み
とうめいはんとうめん

馬の眼を透明な樹脂製のカップで覆ったもの。眼疾病の予防のほか、失明している馬や砂などの異物が眼にかかるのを嫌う馬に対して、眼の保護のため用いられる。カップの中が曇り、視界が遮られることがあるため、JRAでは競走中の両眼への装着は認められていない。

用語

頭絡

読み
とうらく

馬の頭から顎〔あご〕、頬、鼻の上、そしてうなじにわたって細い幅の革でできた馬具で、馬銜を吊って馬の口の内に入れ、適当な位置を保たせるために使用する。また同時に、馬を取り扱う場合の補助の役目もする。

用語

読み
なまり

負担重量調整のため板を使用する。板は100グラムから500グラムまで5種類あり、100グラムを一分〔いちぶ〕と呼んでいる。通常、鉛鞍と呼ばれるを入れる仕様のに、板を入れて負担重量を調整している。まれに胴巻に入れて自己の胴に固定する騎手もいる。競馬場では以外に500グラム単位で負担重量調整用のゴムパッドを準備しており、これを使用して負担重量を調整する騎手もいる。

用語

拍車

読み
はくしゃ

馬具のひとつで、靴のかかとに取りつけて、馬の腹部を刺激(圧迫)し前進気勢を促すこと等を目的として使用する。競走中に使用される例は稀である。

用語

馬銜

読み
はみ

馬銜(はみ)とは、馬の口に噛ませる棒状の金具である。馬の口には前に12本の切歯があり、切歯のうしろはかなり広い歯のない部分があり、その奥に臼歯(奥歯)が並んでいて、ちょうどこの歯のない部分に馬銜をかける。騎手の手綱さばきはこぶしから手綱を通じて馬銜に伝えられ、馬を意のままに動かすことができる。

用語

銜吊り

読み
はみつり

馬銜(はみ)を上顎に引き上げる作用があり、馬銜を越して舌を出す(「舌を越す」という)癖を防ぎ、馬銜の位置を正しく保つ効果がある。一端を頭絡の項革に固定し、馬の鼻梁上を通じて両側の馬銜鐶内側の馬銜身部分に連結して使用する。

用語

腹帯

読み
はらおび

の附属具で馬の胸に回して締める帯。これがゆるむとずれになるが、強く締めすぎると能力に影響して走れなくなる。腹帯は1本ではなく“上腹”をの上から締める。

関連用語

用語

バンデージ

読み
ばんでーじ

日本語では肢巻き〔しまき〕。バンデージは英語のbandageつまり包帯のこと。運動中の肢の保護に使用するものと、運動後4肢の保温包帯に使用するものとがある。

関連用語

用語

服色

読み
ふくしょく

レースのとき騎手が着用する服のことで、一般的には「勝負服」と呼ばれている。これは、馬主によって決まっているもので、平成15年現在登録してある数は約2,200種。色、模様ともにさまざまであるが、中央競馬においては、標準色は13色(赤、桃、黄、緑、青、水、紫、薄紫、茶、えび茶、ねずみ、黒、白)。模様は輪、一文字、帯、山形(ひし山形、のこぎり歯形)、たすき、縦じま、格子じま、元ろく(チェス盤のような模様)、ダイヤモンド、うろこ、井げたかすり、玉霰、星散、蛇の目または銭形散があり、1つの服色について、胴と袖・地色と模様に1色ずつの最大4色まで使用できる。また、競走中に各馬の識別が容易に出来るように、模様のサイズ等が決まっているほか、似たような服色は登録できない。

用語

ブリンカー

読み
ぶりんかー

ブリンカーは「遮眼革」ともいい、視界の一部を直接遮ることにより馬の意識を競走や調教に集中させ、周囲からの影響に惑わされずに走らせるために用いられる。フードの目穴部分に合成ゴムやプラスチック製のカップを取り付けたものが一般的で、カップのつくりやサイズによって遮る視界の広さを変えることができる。片側だけにカップがついているものもある。JRAの競走で使用する場合は、出馬投票時の届出が必要である。

関連用語

用語

ブローバンド

読み
ぶろーばんど

フルネームでシープスキン・ブローバンドと言う。頭絡の額革にボア状のものを装着したもので、上後方を見えにくくして馬の意識を前方に集中させる効果を期待して用いられる。

用語

ヘルメット

読み
へるめっと

騎手がかぶる保護帽のこと。騎手が事故で落馬した時、頭部の負傷を防ぐために使用されている。

用語

ホライゾネット(Horizon Net)

読み
ほらいぞねっと

フードの目穴部分をネットで覆ったもの。前を走る馬が跳ね上げる砂が眼にかかるのを嫌がる馬に用いられる。また、視野を制限するので、競走に意識を集中させる効果を期待して用いられることもある。

用語

帽色

読み
ぼうしょく

騎手がレースの際かぶるヘルメットの色のこと。それぞれ1枠=白、2枠=黒、3枠=赤、4枠=青、5枠=黄、6枠=緑、7枠=橙、8枠=桃と決められている。

用語

マルタンガール

読み
まるたんがーる

マルタンガールは、頭を上げすぎる馬に使用する調教付属馬具。目的に応じてスタンディング、ランニング、アイリッシュ、ビッブのそれぞれマルタンガールがある。

用語

無口

読み
むくち

無口頭絡の略称で、馬銜のついていない頭絡のこと。

用語

読み
むち

騎手が使用するのこと。競走騎乗では、長さ77センチ未満で、衝撃吸収素材を用いたパッドを装着したものでなければ使用できない。

用語

胸がい

読み
むながい

の位置が変わらないようにするために用いる補助具。革紐等で胸前からに連結させてずれ防止を目的に使用する。負担重量に含まれない。ちなみに同じ補助具の'しりがい'も負担重量に含まれない。

用語

メンコ

読み
めんこ

馬の覆面のこと。一般に耳おおいがついたものを使い、音に驚いたり、砂をかぶるのを嫌がる馬に使う。

用語

リップネット

読み
りっぷねっと

馬の鼻先にネット上のものを装着することで意識を集中させ、周囲からの影響を減少させることを期待して用いられる。鼻端が隠れてしまうため、到達順位の判定に支障をきたすおそれがあるなどの理由から、JRAでは競走中の使用は認められていない。手作りのため、様々な形状がある。

ページトップへ戻る
表示モード: