栗東トレーニング・センター

トレセンとは

ページ内の略称

  • トレセン
    トレーニング・センター
栗東トレセン紹介のイメージ

栗東トレーニング・センター(栗東トレセン)は、約150万平方メートル(甲子園球場約40個分)の広大な敷地の中に、6つのトラック型調教コース、全長約1キロメートルの坂路調教コース、競走馬スイミングプール、逍遥馬道といったさまざまな調教施設を有しています。

また、2,000頭を超える競走馬が生活するための厩舎、競走馬診療所、調整ルーム、乗馬苑などの施設を備え、世界に通用する強い馬作りのため、日々運営されています。

栗東トレセンで働く人々

栗東トレセンでは騎手、調教師、調教助手、厩務員など、約1,400名の厩舎スタッフが働いています。

騎手(約70名)

騎手は、競馬開催日にレースで騎乗するだけでなく、依頼を受けて日々の調教にも騎乗します。また、厩舎に所属してその厩舎を中心に活動する騎手と、厩舎には所属しない「フリー」の騎手がいます。

調教師(約100名)

調教師は、馬主から競走馬を預り、調教メニューや出走レースを決めて、雇用している調教助手・厩務員とともに厩舎を運営しています。

調教助手(約950名)

調教助手は、調教師からの指示を受けて騎乗調教します。また、調教師の代理として、競馬場での装鞍や馬装といった業務や、出馬投票や登録といった事務手続きも行います。

厩務員(約250名)

厩務員は、調教師の指示を受けて担当馬の飼育管理、運動、手入れ、馬房掃除などの厩舎作業を行います。調教には騎乗しない厩務員と、調教に騎乗することができる「調教厩務員」がいます。

栗東トレセンでの調教

調教時間

栗東トレセンでは、夏は午前5時から9時、春・秋は午前6時から10時、そして冬は午前7時から11時に調教を行っています。寒さに強く、暑さに弱い競走馬に適した気温の中で調教を行えるように配慮しています。

調教ゼッケン

競走馬が栗東トレセンで調教するときは、競走馬ごとに決められた番号の調教ゼッケンを装着します。調教ゼッケンは以下のように色分けされています。

  • 2歳9月頃まで

  • 2歳10月頃から
    3歳9月頃まで

  • 3歳10月頃から

GⅠ(J・GⅠ)レースを除く中央競馬の重賞レース優勝馬は、調教ゼッケンに馬名を入れた「馬名入り調教ゼッケン」を装着します。

  • 2歳9月頃まで

  • 2歳10月頃から
    3歳9月頃まで

  • 3歳10月頃から

GⅠレースを勝利した競走馬は「GⅠレース優勝馬ゼッケン」を装着します。星の数はGTレースを勝った数を表しています。

GⅠ及びJ・GⅠ競走優勝馬用調教ゼッケン
  • GⅠレース優勝馬

  • J・GⅠレース優勝馬

GⅠレースに特別登録した競走馬は、レースまでの一定期間、以下の馬名入り「特殊ゼッケン」を装着します。レース後は通常のゼッケンに戻ります。

特殊調教ゼッケン
  • GⅠレース特別登録馬

  • 牝馬限定GⅠレース特別登録馬

帽色

栗東トレセンで調教を行うときは、あらかじめ決められた色のヘルメットを着用することが義務付けられています。
(以下、主な例)

  • 騎手(青)
  • 新規騎手(黄)
  • 騎手課程生徒(赤・白染分け)
  • 調教師・調教助手(黒)
  • 調教厩務員(橙)

栗東トレセンの沿革

トレーニング・センターができるまで、競馬場は競馬を開催する場所と、競走馬が生活し調教も行う場所という二つの側面がありました。
しかし、昭和30年代に入ると、高度経済成長を背景に競馬場周辺の市街化が進み、競走馬を飼育管理する場所として適さなくなってきました。
また、競馬人気の高まりとともに競走馬の頭数も増加し、競馬場の厩舎だけでは手狭になってきました。
そこで、レースの施行とファンサービスに特化した「競馬場」と、一定の自然環境の中で競走馬の管理・調教に専念した「トレーニング・センター」を分ける構想が打ち出されました。
そして昭和44年11月、競走馬の飼養管理に適した広大な土地を有し、京都・阪神・中京の各競馬場にもアクセスが良い滋賀県栗東市に栗東トレーニング・センターが誕生しました。

  • 昭和40年12月

    用地売買契約締結

  • 昭和41年6月

    「栗東トレーニング・センター」の名称決定

  • 昭和42年11月

    敷地造成工事着工

  • 昭和44年8月

    中京競馬場から人馬移動、当場での調教開始

  • 11月

    阪神競馬場から人馬移動
    栗東トレーニング・センター開場

  • 昭和45年12月

    京都競馬場から人馬移動

  • 昭和47年8月

    逍遥馬道が完成

  • 昭和50年5月

    昭和天皇・皇后両陛下が当場へ行幸啓
    調教風景をご覧になる

  • 昭和56年10月

    「びわこ国体」馬術競技を当場乗馬苑にて開催

  • 昭和60年11月

    坂路調教コース(全長394m)完成

  • 昭和63年8月

    競走馬スイミングプール完成

  • 平成4年11月

    3度の坂路調教コース延長工事により全長が1,085メートルに延伸

  • 平成13年10月

    「栗太郡栗東町」が「栗東市」となる(市制施行)

  • 平成25年12月

    新・競走馬診療所が完成

  • 平成27年10月

    新・調教師スタンドが完成

ページトップへ戻る
表示モード: