競馬ビギナー・はじめての方へ:「競馬ははじめてなので馬券の買い方がわからない」というような競馬ビギナーの方や競馬がはじめての方へご案内いたします。戻る

サラブレッド講座:毛色の種類と芦毛の伝説

サラブレッドの毛色は、全部で8種類

サラブレッドの毛色は、(公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナルで認められているものが全部で8種類あります。
競走馬もこれにあわせて分類されます。

  • かげ(鹿毛)

    被毛は明るい赤褐色から暗い赤褐色までありますが、長毛と四肢の下部は黒色です。
    栗毛との違いは長毛と四肢の下部の色で、栗毛は黒くなりません。
  • くろかげ(黒鹿毛)

    被毛の色合いが黒味がかった赤褐色で、黒味の程度により相当黒く見えるものまでありますが、眼の周辺、腋、ひばら、下腹及び内股は褐色で、長毛と四肢の下部の色は被毛の色の濃淡にかかわらず黒色です。
  • あおかげ(青鹿毛)

    全身ほとんど黒色で眼及び鼻の周辺、腋、ひばら等がわずかに褐色です。
  • あおげ(青毛)

    被毛、長毛共に黒色です。軽種馬には比較的少ないです。この毛色は季節により、毛の先が褐色となり黒鹿毛や青鹿毛のように見えることがあります。眼の周辺、鼻の周辺をよく観察して判断しなければなりません。
  • あしげ(芦毛)

    原毛色は栗色、鹿毛、青毛等ですが、被毛全体に白色毛が混生し、年齢が進むにつれて白色の度合いが強くなり純白になります。
  • くりげ(栗毛)

    被毛は黄褐色で、長毛は被毛より濃いものから淡く白色に近いものまであります。
  • とちくりげ(栃栗毛)

    被毛は黒味がかった黄褐色から黒味の非常に濃いものまでありますが、黒色にはなりません。長毛は被毛より濃いものから、白色に近いものまであります。
  • しろげ(白毛)

    この毛色の発現はサラブレッドでは十分解明されていません。この毛色の産駒は白色またはほとんど白色で生まれますが、眼には色素があり、ピンク色の皮膚の一部に有色の斑点があることから、いわゆるアルビノではありません。

芦毛の伝説

白毛は希少種なため、通常競馬場でみる白っぽい馬は芦毛の馬です。茶色や黒といった馬たちの中でひときわ目をひく芦毛は、個性的な馬も多くファンには人気がありましたが、チャンピオンクラスの馬は少なく、競馬の歴史の中では長く脇役的な存在でした。
そんな中、突然昭和の終わりから平成のはじめにかけて、芦毛の名馬たちが登場しました。ファンを感動と熱狂の渦に巻き込んだアイドルホース「オグリキャップ」そしてその最大のライバルであった「タマモクロス」との芦毛対決は昭和最後の名勝負として今も語られています。

  • 平成の怪物 オグリキャップ

  • もうひとつの芦毛伝説 タマモクロス

芦毛馬の系統

芦毛馬というのは、両親のどちらかが芦毛でなければ生まれてきません。ただし芦毛馬同士を交配したから必ず芦毛馬が生まれるというものでもありません。
芦毛馬としてよく知られているものに、父仔3代で芦毛の天皇賞馬となったメジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンがいます。