海外競馬発売

ドバイシーマクラシック(G1)

メイダン競馬場 2410メートル(芝)北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上

発売開始時刻
日本時間3月30日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:午前9時20分または午前9時30分
発走予定時刻
日本時間3月31日(日曜)午前1時00分

2019年ドバイシーマクラシックレース結果・回顧

上がり馬オールドペルシアンが優勝。シュヴァルグランが2着に

日本馬3頭を含む8頭立てで行われた今年のドバイシーマクラシック。戦前は地元ゴドルフィンのレーシングヒストリーがハナへ行くかと予想されたが、思わぬ馬が引っ張る形となった。
JRAのオッズで単勝1番人気に支持され、日本馬3頭の中でも実績的にエースと思われていたレイデオロ(牡5歳。藤沢和雄厩舎)が2コーナー付近でハナに行ったのである。

「最初のコーナーまではリラックスしていたけど、その後はハミを噛んで逃げる形になってしまいました」
レース後、手綱を取ったC.ルメール騎手はそう言った。その様子を見守る藤沢和雄調教師は、後に次のように話す。
「逃げるのを予想できなかったわけではありません。でも、実際に行ってしまうと大丈夫かな? という思いで見ていました」

レイデオロの後ろはマジックワンド、ハンティングホーンのA.P.オブライエン厩舎勢。さらに後ろのインにオールドペルシアン、その少し外にレーシングヒストリーと、ゴドルフィン勢が追走。後方にはシュヴァルグラン(牡7歳。友道康夫厩舎)とスワーヴリチャード(牡5歳。庄野靖志厩舎)の日本勢。デザートエンカウンターが最後方という隊列で、レースはゆったりと流れた。

序盤の前半800メートル通過が50秒45。遅い。前に有利と思えるラップだが、逃げるレイデオロの鞍上で、ルメール騎手は異変を感じていた。
「掛かってはいないのですがハミを噛みっ放しになりました」

それでも流れは依然緩いまま。前半1200メートルの通過時計は1分14秒66となり、中団にいたオールドペルシアンに騎乗したW.ビュイック騎手は後に次のように語っている。
「緩い流れの分、馬群が一団となり、前との差はそれほど開いてはいなかったのですが、だからこそ前に残られてしまわないか? という不安はよぎりました」

3コーナーではヨーロッパ競馬に見られるような隊列が内と外の2列に。遅いラップのわりに早々に手応えが怪しくなったレイデオロを、まず捕まえに動いたのは2番手にいたマジックワンドだった。4コーナー過ぎにレイデオロに並びかけ、かわしにかかる。そのさらに外からオールドペルシアンにもかわされると、レイデオロに抵抗する余力はなかった。

一瞬、先頭に立ったマジックワンドをすぐにかわしたのがオールドペルシアン。これがラスト300メートル付近の出来事。するとマジックワンドも伸びを欠き、差し馬勢が一気に襲い掛かったが、末脚が中でも目を引いたのは日本勢の2頭。大外からシュヴァルグラン、馬群の中をさばいてスワーヴリチャードが伸びた。しかし、残念ながらともに先頭を奪うまでには至らず、オールドペルシアンから1.5馬身差の2着にシュヴァルグラン、そこからに0.5馬身遅れの3着にスワーヴリチャードが入った。

  • 最後の直線で鋭い末脚を繰り出したオールドペルシアン(右)が優勝

  • 喜びの表情を浮かべる関係者(右はC.アップルビー調教師)

2分27秒17の時計で勝利したオールドペルシアンのC.アップルビー調教師とビュイック騎手のコンビはこの日、ドバイゴールドカップ(G2)とアルクォーツスプリント(G1)に続く重賞3勝目。オールドペルシアンは前哨戦のドバイシティーオブゴールド(G2・UAE)を含め過去に重賞を3勝しているが、いずれもG2。G1はこれが初めての制覇となった。

「久々の前走あたりから状態がどんどん良くなっていました。ウイリアム(ビュイック騎手)も上手に乗ってくれました」
アップルビー調教師は満面の笑みでそう語った。

文:平松 さとし

  • 2着シュヴァルグラン

  • 3着スワーヴリチャード

  • 6着レイデオロ

2着 シュヴァルグラン 友道 康夫 調教師のコメント
「もう一列前のポジションが理想でしたが、スタートで寄られてしまいました。初めての海外遠征でしたが、良く頑張ってくれたと思います」

2着 シュヴァルグラン H.ボウマン 騎手のコメント
「常に良い走りをしてくれる馬ですね。スタートで少し出遅れてしまいましたが、レース序盤の早いペースから中盤スローになったので、位置取りは悪くありませんでした。最後は勝馬が強かったですが、本当に良く頑張ってくれました。褒めてあげたいと思います。私自身メイダンで初めて騎乗しましたが、勝ちたかったです」

3着 スワーヴリチャード 庄野 靖志 調教師のコメント
「今日はずっと落ち着いていました。状態は非常に良かったです。装鞍所からパドックまでの歩様も良かったです。スタートは上手く出て、道中もリラックスして走れていました。直線でも良い手応えだったのですが・・・
でも、3着まで良く来てくれたので褒めてあげたいと思います」

3着 スワーヴリチャード J.モレイラ 騎手のコメント
「3着には満足しています。レース中もこちらの指示通り動いてくれました。スタートで良い位置を取れたのですが、前にいた馬が下がってきてしまい、位置取りが後ろになってしまいました。直線も良い脚を使ったのですが、前の2頭には届きませんでした」

6着 レイデオロ 藤沢 和雄 調教師のコメント
「思わぬ展開になりました。スタートして一旦落ち着きかけましたが、我慢できませんでした。今日はこの展開につきます」

6着 レイデオロ C.ルメール 騎手のコメント
「逃げる形になってしまいました。スタートから1コーナーまではリラックスしていましたが、向正面でかかってしまいました」

2019年3月30日(土) メイダン競馬場(アラブ首長国連邦)

8R

第22回 ドバイシーマクラシック(G1)

北半球産馬4歳以上,南半球産馬3歳以上 定量 2410m 芝・左
賞金総額6,000,000米ドル 発走  20:00 (現地時間)
1着賞金3,600,000米ドル 天候:晴 芝:良
着順 馬番
(ゲート)
馬 名 (生産国)



騎手 タイム ・
着差



(kg)
調教師 (調教国)


1 2 (02) オールドペルシアン(GB) 牡4 56.5 W.ビュイック 2:27.17 C.アップルビー(UAE) 2
2 1 (01) シュヴァルグラン(JPN) 牡7 57.0 H.ボウマン 1.5 友道 康夫(JPN) 4
3 7 (07) スワーヴリチャード(JPN) 牡5 57.0 J.モレイラ 0.5 庄野 靖志(JPN) 3
4 5 (05) ハンティングホーン(IRE) 牡4 56.5 W.ローダン 8.25 A.オブライエン(IRE) 8
5 3 (03) マジックワンド(IRE) 牝4 54.5 R.ムーア ハナ A.オブライエン(IRE) 5
6 6 (06) レイデオロ(JPN) 牡5 57.0 C.ルメール 2.25 藤沢 和雄(JPN) 1
7 4 (04) レーシングヒストリー(IRE) 牡7 57.0 C.スミヨン 1.75 S.ビン・スルール(UAE) 6
8 8 (08) デザートエンカウンター(IRE) せん7 57.0 J.クローリー 2.25 D.シムコック(GB) 7
 着差は先着馬からの着差を表しております(馬身表示)。
払戻金
単勝 2 300円 2番人気 馬連 1-2 1,120円 5番人気 馬単 2-1 1,960円 10番人気
複勝 2
1
7
120円
150円
170円
1番人気
3番人気
4番人気
ワイド 1-2
2-7
1-7
330円
400円
410円
4番人気
6番人気
8番人気
3連複 1-2-7 2,080円 8番人気
3連単 2-1-7 10,170円 42番人気

エミレーツレーシングオーソリティの結果ページ(外部サイトに接続されます)

ページトップへ戻る