阪神競馬場

コース紹介

コース紹介

コース図

  • コース立体図(右回り)

  • コース平面図(右回り)

  • 芝コース高低断面図(右・内回り)

  • 芝コース高低断面図(右・外回り)

  • ダートコース高低断面図(右回り)

コースデータ

  • 芝コース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    内回り

    コース 一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    A 1,689m 24〜28m 356.5m 1.9m 1,200m、1,400m、2,000m
    2,200m、3,000m
    3,200m(外・内)
    B 1,713.2m 20〜25m 359.1m 1.9m 1,200m、1,400m、2,000m
    2,200m、3,000m
    3,200m(外・内)

    外回り

    コース 一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    A 2,089m 24〜29m 473.6m 2.4m 1,400m、1,600m、1,800m
    2,400m、2,600m
    3,200m(外・内)
    B 2,113.2m 20〜25m 476.3m 2.4m 1,400m、1,600m、1,800m
    2,400m、2,600m
    3,200m(外・内)

    走路断面図

  • ダートコース

    ※表は横にスクロールすることができます。

    一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
    1,517.6m 22〜25m 352.7m 1.6m 1,200m、1,400m、1,800m、2,000m、2,600m
  • 障害コース

      • 周:1366.7m
      • 襷:403.7m
      幅員
      • 20.5m
      高低差
      • 1.3m
      発走距離 芝:3,000m、3,140m、3,800m、3,900m
      芝→ダート:2,970m、3,110m
    • 1、3号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ1.4m  幅2.3m
      (いけ垣1.3m)
      2号障害 水ごう 高さ1.2m 幅4.0m
      (いけ垣0.7m 水ごう3.0m )
      4、8号障害 いけ垣
      両面飛越
      高さ1.45m 幅2.4m
      (いけ垣1.4m)
      5号障害 グリーンウォール
      (人工竹柵)
      高さ1.25m 幅1.35m
      (竹柵0.7m)
      6号障害 竹柵
      (上下動式)
      片面飛越
      高さ 1.2m〜1.4m
      幅 1.6m (竹柵0.95m)
      7号障害 いけ垣
      両面飛越
      高さ 1.4m 幅 1.9m
      (いけ垣0.9m)
      9号障害 いけ垣
      片面飛越
      高さ 1.2m 幅 1.7m
      (いけ垣1.2m)
      10号障害 ハードル
      (可動式障害)
      高さ 1.2m 幅 1.8m
      (竹柵0.5m)

コース紹介

昭和の時代は「オムスビ型の競馬場」として親しまれていた阪神競馬場だが、平成に入って装いを一新。「従来の3、4コーナーの外側に、外回りコースを新設」という大規模な改修をへて、日本屈指のスケールを誇る競馬場に生まれ変わった。内回りコースの1周距離は1689メートル(芝コースの距離についてはAコースの数値を用いる)と標準的なサイズながら、新設された外回りコースの1周距離は実に2089メートル。右回りの競馬場の中では日本最長で、東京競馬場(2083.1メートル)をも上回る。

そんな外回りコースの特徴はバックストレッチが非常に長く、3、4コーナーのカーブもゆったりしていること。内回りコースと分岐した後もしばらくまっすぐ走り、広々とした3、4コーナーを回って直線に向く。ちなみに内回りの芝1200メートルと外回りの芝1600メートルは発走地点が同じ、また、2コーナー付近に発走地点が設けられている東京の芝1600メートルに対し、阪神の芝1600メートルは向正面半ばからスタートを切る。これらを重ね合わせれば、バックストレッチの長さと3、4コーナーの大きさをイメージしていただけるはずだ。

さらに外回りコースの直線は473.6メートルと右回り最長(新潟、東京に次いで全場3位)。ゴール前には急坂も設けられている。サイズは標準的で決して小さいわけではない内回りコース(直線の長さは356.5メートル)だが、外回りはより“紛れ”が生じにくい、馬の実力がストレートに反映されるコースといえるだろう。

ただし幅員はそれほど広くなく、コースの設定はA、Bのみ。4つのコース(A、B、C、D)を使い分けられる京都に比べると、馬場の傷みは進行しやすい。梅雨と重なる6月の開催は特に、タフなコンディションになりやすいことは頭に入れておこう。

コースの起伏に目を向けると、内回りコースでは残り800メートル地点から、外回りコースでは残り600メートル地点から、直線の半ばにかけて緩やかな下り勾配が続き、ゴール前の急坂につながるレイアウト。この上り坂は高低差こそ1.8メートルながら、勾配は1.5%となかなかキツい。

一方のダートコースは残り900メートル地点から直線にかけて緩やかに下り、残り200メートル地点に高低差1.6メートルの上り坂が待ち受ける起伏構成。1周距離は1517.6メートル、直線の長さは352.7メートルで、芝の内回りと同様、こちらも標準サイズといえる。とはいえゴール前に坂が設けられている阪神と平坦な京都では、パフォーマンスに差が出る馬もいるので注意が必要だ。

コースは右回り、ダートは1400メートル戦と2000メートル戦が芝スタート。また、障害戦はタスキコースを含む専用コースで争われる。

文:石田敏徳(2019年9月時点)

  • 阪神競馬場 芝コース 4コーナー
  • 阪神競馬場 芝コース ゴール前
ページトップへ戻る
表示モード: