馬場情報

馬場状態と含水率に関する基礎知識

馬場状態と馬場の構造

馬場状態とは?

馬場の湿潤度合を表します。
最も水分が少なく乾燥している状態を「良」として、水分が多くなるに従って稍重、重、不良となります。
JRAでは、芝コース、ダートコースとも「良、稍重、重、不良」の4段階に区分されています。

イメージ

馬場の標準的な構造

芝コース

注記:横にスクロールすることができます。

馬場の標準的な構造(芝コース)
馬場の標準的な構造(芝コース)

(芝の種類)

注記:横にスクロールすることができます。

芝の種類
芝の種類

ダートコース

注記:横にスクロールすることができます。

馬場の標準的な構造(ダートコース)
馬場の標準的な構造(ダートコース)

含水率の測定方法

含水率とは?

馬場から採取した試料(芝コースは路盤砂、ダートコースはクッション砂)に含まれている水分の割合を重量を基準として百分率(%)で示されます。
例えば、含水率が15パーセントのときは、100グラムの試料に15グラムの水分が含まれていることとなります。数値が大きいほど湿っていることになります。

含水率の測定方法

(1)試料を採取します。

  • 芝コース(内柵から1メートル)

  • ダートコース(内柵から1メートル)

試料の採取箇所(図中の赤丸部分)

  • 芝コース構造断面図
  • ダートコース構造断面図

(2)芝コースは、試料から芝(根、葉、茎)を取り除き(写真下)、路盤砂だけで測定します。ダートコースは、試料をそのまま測定します。

  • 含水率の測定方法(1)

(3)試料の含水率を赤外線水分計(写真下)という測定器にて計測します。
試料は180度に熱せられ(写真右下)、蒸発した水分量から含水率が測定されます。

  • 含水率の測定方法(2)
  • 含水率の測定方法(3)

馬場状態区分の決め方

馬場状態区分の決め方

競馬場の馬場状態区分は、広い馬場全体の状態をひとことで表現することとなります。
坂の上下や日当たりの違い等、場所によって含水率は異なるもので、含水率によって自動的に馬場状態区分が決まるわけではありません。また、芝については表面の含水率ではなく少し下層の水分状態を測定していることになります。
したがって、馬場状態区分の決定にあたっては、馬場担当者が実際に踏査(写真下)して下表を判断基準とし、総合的に判断することとなります。含水率はその際に参考とすることがあります。
なお、馬場状態の変化があった場合の対応として、複数の馬場担当者が各所で常時状況を確認し、速やかに馬場状態区分の変更が発表できるよう体制を整えています。

  • 踏査方法(1)
  • 踏査方法(2)

《馬場状態区分の判断基準》

注記:横にスクロールすることができます。

馬場状態区分の判断基準
馬場状態区分の判断基準

各競馬場の芝コース路盤の特徴

芝コースの路盤の特徴

各競馬場の芝コース路盤に使用している砂は、競馬場によって異なります。
また、芝が生育するのに必要な水分や肥料成分を保持するためと、路盤のクッション性を維持するために、競馬場の気候風土等に合った土壌改良材を選定し、路盤砂と混合しています。
そのため、芝コースの含水率の数値は、競馬場によって大きく異なります。
参考までに、各競馬場の芝コース路盤の特徴と、路盤築造時に使用した材料等を紹介します。

札幌競馬場

1989年に築造。
北海道岩内産の山砂にバーク堆肥(スギの皮を原料とした堆肥)とピートモス(コケ類等を乾燥させたもの)を混合したもので、排水性(不良馬場になりにくい)を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な栄養と保肥力(芝が生育するために必要な肥料分を保持する機能)、保水性を持った路盤としています。

  • 山砂(北海道岩内産)

  • バーク堆肥

  • ピートモス

函館競馬場

1994年に築造。
北海道岩内産の山砂にピートモスを混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な保肥力と保水性を持った路盤としています。

  • 山砂(北海道岩内産)

  • ピートモス

福島競馬場

1996年に築造。
青森県野辺地産の山砂にバーク堆肥を混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な栄養と保肥力を持った路盤としています。

  • 山砂(青森県野辺地産)

  • バーク堆肥

新潟競馬場

2000年に築造。
新潟県寺泊産の山砂にピートモスとゼオライト(無機系の土壌改良材)を混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のための環境改善を意識し、適度な栄養と保肥力、保水性を持った路盤としています。

  • 山砂(新潟県寺泊産)

  • ピートモス

  • ゼオライト

中山競馬場

2014年に築造。
千葉県君津産の山砂にバーク堆肥を混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な栄養と保肥力を持った路盤としています。

  • 山砂(千葉県君津産)

  • バーク堆肥

東京競馬場

2003年に築造。
千葉県君津産の山砂に他の競馬場よりも多くのバーク堆肥を混合しており、そのため良馬場でも高めの含水率を示すが、良好な排水性と適度な栄養、保肥力を持った路盤としています。

  • 山砂(千葉県君津産)

  • バーク堆肥

中京競馬場

2011年に築造。
千葉県君津産の山砂にバーク堆肥を混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な栄養と保肥力を持った路盤としています。

  • 山砂(千葉県君津産)

  • バーク堆肥

京都競馬場

1994年に築造。
京都府城陽産の山砂にピートモスを混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な保肥力と保水性を持った路盤としています。

  • 山砂(京都府城陽産)

  • ピートモス

阪神競馬場

2006年に築造。
青森県野辺地産の山砂に有機堆肥(木片を主原料とした堆肥)を混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な栄養と保肥力を持った路盤としています。

  • 山砂(青森県野辺地産)

  • 有機堆肥

小倉競馬場

1998年に築造。
排水性を良くするため、砂粒が荒い福岡県西戸崎産の山砂にピートモスを混合したもので、排水性を維持しつつ、芝の生育のために必要な適度な保肥力と保水性を持った路盤としています。

  • 山砂(福岡県西戸崎産)

  • ピートモス

含水率と馬場状態区分の関係

各競馬場の芝コースは、使用している路盤の材料等が同一ではないため、含水率と馬場状態区分の関係性は競馬場によって違いがあります。
したがって、含水率が同じ数値でも、競馬場によって馬場状態区分との関係性は異なります。

一方、ダートコースについては、表層に使用しているクッション砂の性状に大きな違いはありませんので、含水率と馬場状態区分の関係は全競馬場で同じものとなります。
馬場状態区分は馬場全体の状態を総合的に判断するもので、測定された含水率で自動的に決めるものではありません。
下表は、競馬場ごとに、これまでの馬場状態区分と含水率のおおよその関係を整理したものです。
含水率を公表する際には、測定した数値と共に、この両者の関係性を表した早見表を公表します。

注記:横にスクロールすることができます。

芝コースの馬場状態と含水率の関係性

芝コースの馬場状態と含水率の関係性

注記:横にスクロールすることができます。

ダートコースの馬場状態と含水率の関係性

ダートコースの馬場状態と含水率の関係性

注記:横にスクロールすることができます。

含水率早見表(含水率の測定値は早見表に合わせて記載されます)

含水率早見表(含水率の測定値は早見表に合わせて記載されます)

含水率の公表方法

開催前日および当日に測定した含水率は、JRAホームページ馬場情報にて公表いたします。
発表時刻は開催日前日(金曜日)が昼過ぎ、開催当日は概ね9時30分頃を予定しています。
なお、ホームページに公表する含水率は、開催日早朝などに測定した数値を以下のような各競馬場の早見表と合わせて記載します。

注記:横にスクロールすることができます。

含水率の公表方法(1)
含水率の公表方法(1)

注記:横にスクロールすることができます。

含水率の公表方法(2)
含水率の公表方法(2)

馬場状態の決定方法(動画)

ページトップへ戻る
表示モード: