降着・失格のルール解説

降着・失格のルールについて

競走中に斜行・押圧等により他馬の走行を妨害したケースで、裁決委員が以下の通り判断した場合、降着又は失格となります。

降着・失格のルールについて
降着・・・ 「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着となります。
失格・・・ 「極めて悪質で他の騎手や馬に対する危険な行為によって、競走に重大な支障を生じさせた」と判断した場合、加害馬は失格となります。

※被害馬が落馬や疾病発症等により競走を中止した場合には、上記の「失格」に該当しない限り着順は到達順位のとおり確定します。

審議ランプの点灯について

  • 「5位までに入線した馬について、着順変更の可能性がある場合」に審議ランプを点灯します。

<「着順変更の可能性がある場合」とは>

  1. 降着、もしくは失格となる可能性がある場合
  2. 当該競走の出走馬の関係者から、降着・失格の裁決を求める申立てがあった場合

    また、競走を不成立とする可能性がある場合や、裁決委員が特に必要と認めた場合にも審議ランプを点灯します。
    (参考) 裁決委員が以下のいずれかに該当すると認めた場合、競走不成立となります。

    1) 災害や投石等の妨害行為その他の事由により、競走または開催執務員の職務の執行に重大な支障があったとき
    2) 競走が所定の走路と異なる走路で行われたとき

  • ※6位以下に入線した馬の着順に変更の可能性がある場合や、加害馬が5位以内に入線した場合でも、着順変更の可能性がないと判断した場合には審議ランプは点灯しませんが、走行妨害等の状況については後刻パトロールビデオやホームページなどでお知らせいたします。また、加害馬の騎手には状況を精査のうえ、その違反行為及び被害馬の被害の程度に応じて厳正に制裁を科します。

【参考】 降着・失格となる様々なパターン

Q&A

Q:「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と判断する根拠は何ですか?
Q:走行妨害であっても降着とはならないケースがあるのですか?
Q:走行妨害と関係のない馬との着順は判断のポイントになるのですか?
Q:走行妨害があっても着順が変わらないのであれば、ラフプレーが増えるおそれはないのですか?
Q:海外や地方競馬はどのようなルールですか?
Q:審議ランプの点灯をなぜ限定するのですか?
Q:パトロールビデオはどのような場合に放映するのですか?
Q:なぜ降着・失格のルールを変更したのですか?
ページトップへ戻る
表示モード: