JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
過去GI成績
第6回 ジャパンCダート
 
 
熾烈な叩き合いを制し、カネヒキリが“ダート最強”を実証
 昨年の覇者タイムパラドックス、武蔵野Sを勝ったサンライズバッカス、充実著しいサカラート、さらにはパーソナルラッシュにユートピア、アメリカからはGIホースのラヴァマンとGII馬タップデイ、地方からは東京大賞典勝ち馬アジュディミツオー……と、砂実績豊富な16頭の戦いとなった今回のジャパンカップダート(GI)。そのゴール前は壮絶なデッドヒートとなりました。

 直線に入ると、ユートピアの逃げを交わして横山典弘騎手のシーキングザダイヤがまずは先頭に立ち、これに内からケント・デザーモ騎手のスターキングマンが並びかけ、さらに外からは武豊騎手のカネヒキリが迫ります。
 ゴールまで続く、長く激しい追い比べ、熾烈な叩き合い。その後ろにはタイムパラドックスとサンライズバッカスも続いていましたが、懸命の3頭と渾身の3騎手は、どこか別次元で戦っているかのような迫力をまとっていました。
 最後は写真判定にもつれ込み、結果、2着シーキングザダイヤにハナ差をつけた1番人気カネヒキリに軍配は上がります。勝ちタイムは2分8秒0のレコードでした。

 ディープインパクトと同じ3歳、同じ勝負服、鞍上にも同じく武豊騎手が座り、ダートで抜群の競走成績を刻み続けていることから“もう1頭の最強馬”といわれるカネヒキリ。前走でサンライズバッカスの後塵を拝してダート無敗はストップし、圧勝を続けたディープインパクトに対してカネヒキリは僅差での戴冠となりましたが、その名にふさわしい力走を見せたのです。
「さすがに楽には勝たせてもらえなかった。なんとか勝てたという感じだけれど、勝てたことじたいが大きい」と武騎手。
 そう、競馬では勝利こそが絶対。歴史に残るであろうデッドヒートをレコードで制し、カネヒキリがダート最強を実証してみせたのはまぎれもない事実です。
 
 
 
 
2005年5回東京7日( 11月 26日) 11R
第6回 ジャパンカップダート(GI)
サラ系3歳以上 2100m ダート・左
(国際)(指定) オープン 定量
本賞金: 13000、 5200、 3300、 2000、 1300万円 発走 15:20
  天候:晴  ダート:良 
着順 馬番 記号 馬名 負担
重量
騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 単勝
人気
1 5 10 (父)(市) カネヒキリ 3 55.0kg 武豊 2:08.0 レコード 514Kg +4 角居勝彦 1
2 4 7 (外) シーキングザダイヤ 4 57.0kg 横山典弘 2:08.0 ハナ 484Kg -11 森秀行 11
3 3 6 (外) スターキングマン 6 57.0kg K.デザーモ 2:08.0 クビ 462Kg -6 森秀行 13
4 3 5
タイムパラドックス 7 57.0kg O.ペリエ 2:08.2 1 1/4馬身 462Kg -3 松田博資 3
5 2 3
サンライズバッカス 3 55.0kg 佐藤哲三 2:08.2 ハナ 470Kg +6 音無秀孝 5
6 1 1 (父) シロキタゴッドラン 6 57.0kg 吉田豊 2:09.0 5馬身 478Kg -8 中尾秀正 16
7 6 11
サカラート 5 57.0kg L.デットーリ 2:09.2 1 1/4馬身 472Kg +1 石坂正 2
8 2 4 (市) ユートピア 5 57.0kg 安藤勝己 2:09.4 1 1/2馬身 476Kg -4 橋口弘次郎 8
9 5 9
ハイアーゲーム 4 57.0kg 田中勝春 2:10.4 6馬身 508Kg +10 大久保洋吉 10
10 7 14 [地] アジュディミツオー 4 57.0kg 内田博幸 2:10.5 クビ 538Kg +6 川島正行 4
11 1 2 [外] ラヴァマン せん 4 57.0kg C.ナカタニ 2:10.8 1 3/4馬身 502Kg 前走計量不能 D.オニール 6
12 7 13 (外) ジンクライシス 4 57.0kg 柴田善臣 2:11.7 5馬身 490Kg +6 土田稔 14
13 4 8 [外] タップデイ 4 57.0kg E.コア 2:11.8 クビ 564Kg 前走計量不能 M.ヘニグ 9
14 6 12 (外) パーソナルラッシュ 4 57.0kg 藤田伸二 2:12.2 2 1/2馬身 486Kg +4 山内研二 7
15 8 16 (市) ヒシアトラス 5 57.0kg 蛯名正義 2:12.3 1/2馬身 548Kg +8 中野隆良 12
16 8 15 [外] エキセントリック せん 4 57.0kg D.ホランド 2:14.0 大差 484Kg 前走計量不能 A.リード 15

ハロンタイム  6.9 - 11.2 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.4
上り  4F 49.2 - 3F 36.8
1コーナー  (4,7,*14)12(2,5,11)15,10,6(8,9,13)(3,16)-1
2コーナー  4,14(7,12)(2,5)11(6,10,15)(8,13)(3,9)16,1
3コーナー  4-14(7,12)5(2,11)(6,10,15)(3,8,13)(1,9,16)
4コーナー  4(7,14)(5,11)(2,6,12,10)3(13,15)(8,16)(1,9)

<払戻金>
単勝 10 210円 1番人気
複勝 10 130円 1番人気
07 910円 10番人気
06 1,450円 14番人気
枠連 4-5 2,000円 9番人気
馬連 07-10 5,900円 19番人気
ワイド 07-10 1,960円 19番人気
06-10 3,480円 32番人気
06-07 15,600円 90番人気
馬単 10-07 6,980円 21番人気
3連複 06-07-10 98,000円 176番人気
3連単 10-07-06 371,790円 698番人気
photo1



勝 馬 (父)(市)カネヒキリ [牡3・栗毛]
父:フジキセキ
母:ライフアウトゼア
馬主 金子真人ホールディングス(株)
生産地 北海道勇払郡早来町
生産者 ノーザンファーム
戦 績 11戦7勝
(内中央 9戦5勝)
(内地方交流 2戦2勝)
獲得賞金 320,785,000円
(内中央 220,785,000円)
(内地方交流 100,000,000円)
主な勝鞍 重賞4勝目
H17  ユニコーンステークス(GIII)
H17  ジャパンダートダービー(GI) [大井]
H17  ダービーグランプリ(GI) [盛岡]
騎 手 武 豊:3勝目
H13  クロフネ
H16  タイムパラドックス
調教師 角居 勝彦:初勝利

※戦績・獲得賞金は2005年ジャパンカップダート(GI)終了時点
photo2
 
photo3



【外国人騎手のコメント】


○C.ナカタニ騎手 2番ラヴァマン号
 向う正面の直線で左前脚の底部を怪我して出血し、その後はレースにならなかった。大変残念だ。

○E.コア騎手 8番タップデイ号
 調子はこちらに来て上がっていたので、楽しみにしていたが、残念だ。もう少し堅い馬場がこの馬に合っている。

○L.デットーリ騎手 11番サカラート号
 スタートも流れもとてもいい感じで4角くらいではかなりの手応えだったが、直線での伸びが他の馬に比べて足りなかった。でも馬自身は最後まで良く走ってくれたと思う。

○D.ホランド騎手 15番エキセントリック号
 レースの間ずっと追っていたのだけど、全然反応してくれなかった。