JRAニュース

2021年11月24日

  • その他
LINEで送る

創刊80周年ファイナル! ホースマンが語る競馬の「これまで」と「これから」 JRA機関誌『優駿』12月号発行

11月25日(木曜)発行のJRA機関誌『優駿』12月号は、創刊80周年ファイナル特集として「競馬はどこまで行けるだろう。」をお送りします。武豊騎手のスペシャルインタビューをはじめ、日本を代表するホースマンたちへの取材を通じて競馬の歴史や現状といった「これまで」を探り、「これから」の未来を展望します。
史上初となる日本ダービー馬4頭が出走を予定しているジャパンカップのプレビューも掲載。併せて、”日本総大将”といわれたスペシャルウィークが勝利した1999年のジャパンカップの読み物も収録しています。
そのほか、ラヴズオンリーユー、マルシュロレーヌの2頭が歴史的勝利を挙げたブリーダーズカップの詳報や、秋GⅠのレースリポートなど盛りだくさんの内容です。スーパークリークの名馬物語や優駿エッセイ賞受賞作発表などもお楽しみに!
綴じ込み付録小冊子「ブックインブック」には、10月2日から10月31日に行われた重賞13レースを振り返る「重賞プレイバック」を掲載しています。取り外して、記録としてぜひご活用ください!

JRA機関誌『優駿』12月号

11月25日(木曜)発売 定価730円(税込)
【ブックインブック(小冊子)】
JRA重賞の記録をコンパクトに保存

『優駿』12月号は、お近くの書店(一部を除く)もしくはターフィー通販クラブで、お買い求めください。

『優駿』電子版 本体価格580円(税込)

ページトップへ戻る
表示モード: