JRAニュース

2021年8月22日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(8月22日(日曜))

第4回新潟第4日(8月22日(日曜))

競走中止

8R

5番 カイザースクルーン(石川 裕紀人騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:右第1指関節脱臼(予後不良)
騎手:異状なし

三浦 皇成騎手 JRA通算10,000回騎乗達成!

9Rで、1番ステラダイヤに騎乗した三浦 皇成騎手(美浦:鹿戸 雄一厩舎所属)は、史上44人目・現役29人目のJRA通算10,000回騎乗を達成しました。

なお、デビューから「13年5カ月22日」、年齢は「31歳8カ月4日」での10,000回騎乗達成となり、これは北村 宏司 騎手の「13年10カ月7日」、「32歳5カ月20日」を更新する史上最速および最年少でのJRA通算10,000回騎乗となりました。

  • コメント

    デビュー当時から様々な関係者のサポートがあって、この年齢でここまで騎乗回数を積み上げることができました。感謝しています。怪我もあってうまくいかない時期もありましたが、1鞍1鞍を大切に、これからも頑張っていきます。


第4回小倉第4日(8月22日(日曜))

競走中疾病

8R

7番 アイアイテーラー(鮫島 良太騎手)
競走中に左第1指骨剥離骨折を発症(8月27日(金曜)追記)

サマースプリントシリーズ 第4戦


第2回札幌第4日(8月22日(日曜))

競走中止

11R

6番 バイオスパーク(池添 謙一騎手)
スタート時に手綱の一部が口に絡まり、制御不能となったため、1コーナー手前で競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

1番 ステイフーリッシュ(坂井 瑠星騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:心房細動
騎手:異状なし

競走中疾病

3R

9番 ジョイアスチャント(岩田 康誠騎手)
競走中に鼻出血を発症

6R

4番 スパークインザアイ(岩田 康誠騎手)
競走中に心房細動を発症

制裁

12R

4番モンファボリ(吉田 隼人騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、8番メイショウハボタン(小沢 大仁騎手)、10番ザイラ(坂井 瑠星騎手)および12番ベッラヴォルタ(菊沢 一樹 騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、吉田 隼人騎手を9月4日(土曜)から9月12日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

サマー2000シリーズ 第4戦

ページトップへ戻る
表示モード: