JRAニュース

2021年3月14日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(3月14日(日曜))

第2回中山第6日(3月14日(日曜))

競走中止

4R

1番 ゲインスプレマシー(石神 深一騎手)
1周目5号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

4R

3番 モリトシュン(伴 啓太騎手)
2号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

6R

15番 カフェプリンセス(田辺 裕信騎手)
3コーナー手前で、前の馬に触れてつまずき、転倒したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:右胸部打撲(肋骨骨折疑い)

騎手変更

7R

3番 ジャガード
田辺 裕信騎手(56.0kg)⇒三浦 皇成騎手(56.0kg)

8R

12番 エターナルボンド
田辺 裕信騎手(56.0kg)⇒北村 宏司騎手(56.0kg)

10R

3番 トーラスジェミニ
田辺 裕信騎手(58.0kg)⇒原 優介騎手(58.0kg)

11R

12番 カイトゲニー
田辺 裕信騎手(54.0kg)⇒石川 裕紀人騎手(54.0kg)

12R

14番 コーラルティアラ
田辺 裕信騎手(55.0kg)⇒津村 明秀騎手(55.0kg)

落馬負傷のため

柴田 善臣騎手 JRA通算2,300勝達成!

7Rで、7番ユキノファラオに騎乗し第1着となった柴田 善臣騎手(美浦:フリー)は、史上6人目・現役4人目のJRA通算2,300勝を達成しました。

  • コメント

    長く乗せてもらって、なかなか思うような結果が出ないこともありますが、関係者に支えられて頑張ってきました。レースに騎乗するのが好きなので、これからも今まで以上に努力して、長く乗り続けたいです。


第1回阪神第10日(3月14日(日曜))

競走中止

12R

12番 ダンケシェーン(横山 典弘騎手)
スタート直後につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

制裁

4R

6番トウリュウ(小崎 綾也騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行し、7番ゴットウェーブ(☆富田 暁騎手)と接触したため、ゴットウェーブと3番ミッキーヌチバナ(太宰 啓介騎手)がバランスを崩しました。
この件について、小崎 綾也騎手は、3月27日(土曜)から4月4日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


第2回中京第2日(3月14日(日曜))

永島 まなみ騎手 JRA初勝利!

永島 まなみ騎手(栗東:高橋 康之厩舎所属)は、2Rで4番アクイールに騎乗しJRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    まずはホッとしています。経験の少ない私に騎乗馬を用意してくださったオーナー、高橋 康之先生、厩舎スタッフの方々に感謝しています。レースでは積極的な騎乗を心掛けました。ゲートも大人しく真面目な馬で、コーナー、直線と手応えが良く、追い出したらしっかりと反応してくれました。馬に感謝しています。これからも技術を磨き続け、しっかりと結果を出して、応援してくれる方々に恩返ししたいです。

鈴木 慎太郎調教師 JRA初勝利!

鈴木 慎太郎調教師(美浦)は、3Rで9番カンタベリーマッハ(鮫島 良太騎手)が第1着となり、JRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    星野先生から良い状態で馬を引き継いで、無事に勝利に導くことができ、ホッとしています。開業して間もなく、スタッフも慣れない中、一生懸命に取り組んでくれて嬉しく思います。これからも1つずつ誠実に、着実に仕事をこなして、勝利を積み上げていきたいです。

田中 克典調教師 JRA初勝利!

田中 克典調教師(栗東)は、7Rで1番ロッシュローブ(菱田 裕二騎手)が第1着となり、JRA初勝利を挙げました。

  • コメント

    馬がよく頑張ってくれました。開業にあたり、色々な方々が応援し、支えてくれて感謝しています。厩舎スタッフもよく動いてくれて、いい形で初勝利することができました。これからもファンに愛される厩舎になれるよう、スタッフ一同頑張りますので、応援よろしくお願いします。

ページトップへ戻る
表示モード: