JRAニュース

2021年1月31日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(1月31日(日曜))

第1回東京第2日(1月31日(日曜))

出走取消

2R

9番 クープドゥフランス(大野 拓弥騎手)
左後肢フレグモーネのため

競走中止

12R

6番 ルイジアナママ(戸崎 圭太騎手)
疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止
馬:右第1指関節脱臼(予後不良)
騎手:異状なし

競走中疾病

5R

12番 ブルージルコン(▲小林 脩斗騎手)
競走中に鼻出血を発症


第1回中京第10日(1月31日(日曜))

競走除外

3R

11番 メイショウワゲン(☆団野 大成騎手)
発馬機内で立ち上がった際に、右腕節部挫創を発症したため

競走中疾病

3R

14番 トリニタリアニズム(松若 風馬騎手)
競走中に鼻出血を発症

制裁

10R

3番ヒートオンビート(池添 謙一騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行したため、11番シャイニーゲール(松若 風馬騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、池添 謙一騎手は、2月13日(土曜)から2月21日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


第1回小倉第6日(1月31日(日曜))

競走除外

6R

14番 デルマアミダ(☆菅原 明良騎手)
馬場入場後に右後肢跛行を発症したため

競走中止

4R

8番 プラチナムバレット(草野 太郎騎手)
1周目1号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:脳振盪(北九州市内の病院に搬送)

競走中疾病

1R

10番 ユリシスブルー(吉田 隼人騎手)
競走中に鼻出血を発症

8R

4番 ヴィブラント(中井 裕二騎手)
競走中に左第1趾骨剥離骨折を発症(2月5日(金曜)追記)

9R

1番 クルミネイト(☆菅原 明良騎手)
競走中に鼻出血を発症

騎手変更

4R

5番 ライラックカラー
石神 深一騎手(60.0kg)⇒小野寺 祐太騎手(60.0kg)

落馬負傷のため

森田 直行調教師 JRA通算100勝達成!

4Rで、3番コーンスス(植野 貴也騎手)が1着となり、森田 直行調教師(栗東)は現役157人目のJRA通算100勝を達成しました。

  • コメント

    3年程なかなか勝てずにいましたが、馬主、牧場関係者、先輩調教師、厩舎従業員の協力やファンの応援もあり、皆様に感謝しています。これからも丁寧な仕事で頑張っていきたいです。応援よろしくお願いします。

ページトップへ戻る
表示モード: