今週の注目レース

天皇賞(春)(GⅠ)

京都競馬場 3200メートル(芝・外)定量 4歳以上オープン

出走馬情報

写真をクリックすると、詳細がご覧いただけます。また、詳細の馬名をクリックすると、競走馬情報がご覧いただけます。

牡5歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:メーヴェ
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

GⅠ3勝の実績はメンバー中最上位。阪神開催だった昨年の本レース勝ち馬であり、2021年菊花賞、2022年宝塚記念のGⅠ制覇も阪神で飾った。今回は、初めての京都でも力を発揮できるかどうかが鍵になる。

一昨年の菊花賞は5馬身差の快勝。逃げて後続を寄せつけず、GⅠ初制覇を飾った。昨年の天皇賞(春)も逃げて7馬身差V。続く宝塚記念は2番手に控える形ながら、直線で抜け出して後続を寄せつけなかった。秋には凱旋門賞(G1・フランス・芝2400メートル)に挑戦したが、粘りを欠いて11着。帰国初戦だった有馬記念も9着に敗れた。今年初戦だった日経賞は8馬身差の圧勝。騎乗した横山和生騎手は「強いタイトルホルダーを見せられてホッとしています。僕も自信になります」と勝利をかみしめた。昨年と同じローテーションで天皇賞(春)連覇に挑む。

牡4歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:カルティカ
  • 母の父:Rainbow Quest
ここに注目!

昨年の菊花賞は早め先頭から粘ってV。菊花賞馬が翌年の天皇賞(春)に出走した場合は、2016年以降〔3・0・1・0〕の好成績が残っている。前走の日経賞は出遅れて9着に敗れたが、先行できれば反撃可能だろう。

昨年春のクラシック二冠は皐月賞5着、日本ダービー3着と上位争い。秋初戦のセントライト記念は2着に敗れたが、続く菊花賞は早め先頭から3分02秒4のコースレコードで押し切った。4歳始動戦となった前走の日経賞では1番人気に支持されるも、スタートで出遅れて後方のまま9着。騎乗した田辺裕信騎手は「ゲートが開く前に突進してしまいました。初めての不良馬場にも戸惑って手応えが悪かったです」と敗因を説明した。本来の先行策なら反撃可能。昨年度のJRA賞年度代表馬イクイノックスを筆頭にハイレベルな4歳世代の菊花賞馬が、2つ目のビッグタイトルを狙う。

牡4歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:ボルドグザグ
  • 母の父:Layman
ここに注目!

キャリア11戦中8戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(推定)をマーク。昨年の菊花賞2着、有馬記念2着も最速の上がりで上位争いを演じた。持ち味を生かせる展開になれば、GⅠ初制覇のチャンスもあるだろう。

条件戦を使いながら力をつけ、昨年秋の神戸新聞杯3着で菊花賞の優先出走権を獲得。GⅠ初挑戦だった菊花賞は後方で脚をため、まくるように追い上げるもハナ差の2着に惜敗した。続く有馬記念も持ち味の長くいい脚を生かして伸びたが、勝った同期のイクイノックスには届かず2着。今年の始動戦だった前走の阪神大賞典は、いつもより前めの位置で流れに乗って2着を確保した。初コンビだった川田将雅騎手は「とてもいい内容で走れましたし、いい前哨戦になったと思います」と評価。リーディングジョッキーを背に、新装・京都競馬場で念願のGⅠ初制覇に挑む。

牡4歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:パレスルーマー
  • 母の父:Royal Anthem
ここに注目!

昨年の菊花賞3着、前走の阪神大賞典Vと、スタミナが生きる長丁場の舞台は合う。阪神と中京ではトータル〔4・0・1・0〕の好成績、当日輸送で臨める近場の競馬場は得意で、初めての京都も歓迎だろう。

2021年秋のデビューから2連勝を飾り、GⅠ初挑戦だったホープフルSでも2着に好走。昨春の皐月賞と日本ダービーはともに9着と敗れたが、秋初戦の神戸新聞杯を3馬身1/2差で制して重賞初勝利を飾った。続く菊花賞は、勝ち馬アスクビクターモアと0秒1差の3着に惜敗。今年初戦の阪神大賞典はスタートを決めて好位に取りつくと、鋭く伸びて差し切った。2歳時以来のコンビだったC.ルメール騎手は「大人になりましたし、パワーアップしましたね。長くいい脚でよく伸びてくれました。GⅠレベルにいける馬です」と絶賛。コンビ成績3戦3勝の名手を背に、初のGⅠタイトルを目指す。

牡6歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ゼフィランサス
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

阪神で行われた過去2回の本レースは連続2着。今年も同じ阪神大賞典からの臨戦で三度目の正直を狙う。京都開催に戻るが、当地では2020年京都新聞杯Vがあり、コース実績があるのはアドバンテージだ。

3歳時に日本ダービー5着、菊花賞4着とクラシックでも上位争いを演じたが、古馬になって本格化した。2021年の天皇賞(春)はスタミナを発揮して粘るも、0秒1差の2着に惜敗。同年秋にはフランス遠征も経験、帰国初戦の有馬記念2着でトップクラスの能力を証明した。昨年は阪神大賞典で連覇を飾り、天皇賞(春)に挑むも再び2着。6歳となった今年も阪神大賞典から始動したが、5着に敗れた。過去2年より着順は下がったが、主戦の和田竜二騎手は「感触的に走れなくなった感じはしないです」と力を込める。京都開催の天皇賞(春)で、三度目の正直に挑む。

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:エアトゥーレ
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

3000メートル以上の距離は7戦して〔2・0・4・1〕の成績。スタート直後に落馬・競走中止となった昨年の本レース以外は全て3着以内に好走している。目下2連勝の勢いに乗って、昨年のリベンジに挑む。

このきょうだいは、さまざまな路線で活躍。半姉アルティマトゥーレ(父フジキセキ)は芝1200メートルの重賞を2勝、半兄キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン)は2008年皐月賞を制した。本馬は長い距離で素質が開花するも、昨年の本レースはスタート直後に騎手が落馬し競走中止。立て直した同年12月のステイヤーズSで待望の重賞初制覇を達成した。今年初戦に遠征したサウジアラビアのレッドシーターフH(G3・芝3000メートル)は、3番手追走から直線入り口で抜け出して海外重賞初勝利を飾った。長距離重賞2連勝の勢いに乗り、1年前の無念を晴らす。

牡4歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サラトガヴィーナス
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

昨年秋以降は5戦して全て掲示板(5着以内)を確保。日本ダービー(13着)以来のGⅠだった前走の大阪杯でも4着に粘り、地力強化を証明した。今回は一気に1200メートルも延びる距離に対応できるかがポイントだ。

2021年秋にメイクデビュー阪神(芝2000メートル)を勝ち上がり、GⅠに挑んだホープルフルSは6着。3歳初戦のきさらぎ賞では、直線の追い比べを制して重賞初制覇を飾った。春のクラシック二冠はともに2桁着順に敗れ、夏場は休養。復帰戦だったアンドロメダS(リステッド・阪神・芝2000メートル)は、好位の内で脚をためて差し切った。その後は重賞戦線で堅実に上位争い。日本ダービー以来のGⅠ挑戦だった前走の大阪杯も、器用に立ち回り4着に粘った。3000メートルを超える長距離戦は初めてだが、本レース3勝を挙げる横山典弘騎手のエスコートに注目だ。

牡5歳

調教師:吉岡辰弥(栗東)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:リトルジュン
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

昨年11月のアルゼンチン共和国杯優勝馬。転厩初戦だった前走の阪神大賞典は直線で伸びて3着に食い込み、豊富なスタミナを発揮した。前走は上位2頭より重い斤量を背負っていたぶん、同斤量の今回は逆転も可能だろう。

2021年の皐月賞当日に未勝利(中山・芝2200メートル)を勝ち上がった後も条件戦を使いながら着実に力をつけ、2022年秋にオープンクラス入り。2度目の重賞挑戦だったアルゼンチン共和国杯を好位から抜け出し、重賞初制覇を果たした。暮れの有馬記念で16着に敗れた後、美浦から栗東の吉岡辰弥厩舎に転厩。距離を延長した前走の阪神大賞典は、好位直後から伸びて3着に食い込んだ。初コンビだった松山弘平騎手は「いいポジションで折り合いがつきましたし、力のあるところを見せてくれました」と、手応えをつかんだ様子。レースの上手さを生かして大舞台に挑む。

(寺下 厚司)

ご注意 「今週の注目レース」ページの情報は、特別レース登録馬や過去のレース結果に基づいて制作しております。JRAが特定の競走馬を応援、推奨するものではありません。出走取りやめ、出走取消などにより、掲載した競走馬がレースに出走しないことがあります。

ページトップへ戻る
表示モード: