今週の注目レース

東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)

中京競馬場 1800メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析

フェブラリーSの前哨戦となるGⅡ

1月に行われるダートの別定GⅡで、GⅠ優勝馬であっても58キログラム以下の斤量で出走できるため、フェブラリーSを目指す実績馬の出走が多い。今回は、京都競馬場で行われた2020年を含む過去10年の結果を中心に傾向を探っていく。

前走GⅠ組が主力

過去10年の前走別成績では、好走率が高いのは前走がGⅠだった馬。その中でも、前年末のGⅠチャンピオンズC(ジャパンカップダートの名称だった年を含む)からの転戦馬の成績は〔3・4・4・15〕で、昨年もチャンピオンズC組によるワンツーだった。また、前走が地方競馬のGⅠ東京大賞典だった馬も〔2・1・0・4〕とまずまずの成績を残している。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 3-4-4-17 10.7% 25.0% 39.3%
GⅡ 0-0-0-1 0% 0% 0%
GⅢ 1-2-1-13 5.9% 17.6% 23.5%
オープン特別 3-2-3-71 3.8% 6.3% 10.1%
3勝クラス 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
地方のレース 2-2-1-11 12.5% 25.0% 31.3%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

前走2着以内の馬が有力

過去10年の前走の着順別成績では、前走で2着以内に入っていた馬の勝率が高い。3着以下だった馬も延べ20頭が馬券に絡んでいるが、このうち12頭は前走がJRAのGⅠか地方競馬のGⅠ・JpnⅠだった。前走でGⅠ・JpnⅠ以外のレースに出走していた馬は、そこでの着順を目安に予想したい。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 6-1-3-26 16.7% 19.4% 27.8%
3着以下・競走中止 4-9-7-94 3.5% 11.4% 17.5%

4枠が4勝

中京競馬場で行われた過去9回では、4枠が4勝を挙げ、勝率23.5%を記録している。3枠から7枠あたりまでの成績が良く、1枠は延べ14頭が出走して3着以内がゼロだった。枠番で絞るなら3枠から7枠の馬、特に4枠に入った馬を重視したい。〔表3〕

〔表3〕枠番別成績(2013年から2019年、2021年、2022年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-0-0-14 0% 0% 0%
2枠 0-1-2-12 0% 6.7% 20.0%
3枠 1-2-2-11 6.3% 18.8% 31.3%
4枠 4-0-1-12 23.5% 23.5% 29.4%
5枠 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
6枠 1-2-0-15 5.6% 16.7% 16.7%
7枠 1-2-2-13 5.6% 16.7% 27.8%
8枠 1-1-1-15 5.6% 11.1% 16.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前年のダート戦での連勝数と勝利数もチェック

過去6年の優勝馬は全て、前年にダート戦で連勝経験があった。また昨年のスワーヴアラミスを除く5頭が前年にダート戦で3勝以上を挙げていた。前年のダート戦での成績をチェックしながら、勝ち馬の候補を絞り込んでいきたい。〔表4〕

(姫園 淀仁)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕優勝馬の前年のダート戦最多連勝数・勝利数(過去6年)
年度 優勝馬 前年のダート戦最多連勝数 前年のダート戦勝利数
2017年 グレンツェント 2連勝 5勝
2018年 テイエムジンソク 3連勝 4勝
2019年 インティ 3連勝 3勝
2020年 エアアルマス 3連勝 3勝
2021年 オーヴェルニュ 2連勝 4勝
2022年 スワーヴアラミス 2連勝 2勝

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: