今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 有馬記念(GⅠ)

中山競馬場 2500メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

その年の活躍馬が一堂に会する年末の大一番

年末の風物詩ともいえる有馬記念は、その年のターフを沸かせたスターホースたちが集結する大一番だ。2013年のオルフェーヴル、2017年のキタサンブラックといった、一時代を築いた名馬が有終の美を飾るなど、ここを引退レースに選ぶ馬も多い。その一方で、エフフォーリアが優勝した昨年のように、3歳馬が世代交代を印象付けた年もある。果たして、今年はどういった馬が勝利を収めるのだろうか。過去10年の結果を参考に、レースの傾向を探っていく。

上位人気馬が活躍

有馬記念では、2020年クロノジェネシス、2021年エフフォーリアと、単勝1番人気馬が連勝中で、1番人気馬は過去10年で6勝を挙げている。3着以内馬延べ30頭中24頭を5番人気以内の馬が占め、6番人気以下の伏兵馬は馬券に絡んだとしても年に1頭なので、予想は上位人気馬を中心に組み立てるのが得策だろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-1-1-2 60.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1-1-4-4 10.0% 20.0% 60.0%
3番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
5番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
6番人気〜9番人気 1-2-1-36 2.5% 7.5% 10.0%
10番人気以下 0-2-0-68 0% 2.9% 2.9%

同年のGⅠ優勝馬に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、JRAの平地GⅠで3着以内に入ったことがある馬だった。この実績がなかった馬は3着内率3.9%と苦戦しているだけに、評価を下げた方がよさそうだ。また、GⅠ好走経験馬のなかでも、同年にJRAの平地GⅠを勝っていた馬が〔6・3・7・21〕(3着内率43.2%)と好成績を収めている。一年の総決算というべきレースだけに、今年のGⅠを勝っている馬には注目しておきたい。〔表2〕

〔表2〕JRAの平地GⅠで3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-9-10-81 8.3% 16.5% 25.7%
なし 1-1-0-49 2.0% 3.9% 3.9%

JRA・GⅠから臨む馬が中心

過去10年の前走別成績を調べると、3着以内馬延べ30頭中22頭は前走がJRAのGⅠだった。レース別に見ると、菊花賞が3着内率46.2%と好相性を誇っている。3着以内馬の頭数ではジャパンカップ組が延べ9頭で最多だが、ここ4年は〔0・0・1・18〕と苦戦気味。一方、天皇賞(秋)組からはクロノジェネシス、エフフォーリアと近2年の優勝馬が出ている。また、昨年は2着と3着が凱旋門賞帰りの馬と、近年は比較的ゆったりとしたローテーションの馬が活躍する傾向にあるようだ。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
菊花賞 3-1-2-7 23.1% 30.8% 46.2%
ジャパンカップ 2-2-5-47 3.6% 7.1% 16.1%
天皇賞(秋) 2-2-1-12 11.8% 23.5% 29.4%
エリザベス女王杯 0-2-0-18 0% 10.0% 10.0%
海外G1 2-1-2-4 22.2% 33.3% 55.6%
GⅡ 1-2-0-25 3.6% 10.7% 10.7%
上記以外 0-0-0-17 0% 0% 0%

3歳から5歳の争い

過去10年の年齢別成績では、3歳馬が勝率、連対率、3着内率の全てでトップとなっている。なかでも、同年にJRA・GⅠを勝っていた3歳馬は〔3・1・2・2〕と3着内率が75.0%に達しているうえ、有馬記念での単勝人気が1番人気だった馬は3戦全勝と圧巻の成績になっている。3歳のGⅠウイナーが歴戦の古馬を抑えて1番人気に支持されていたならば、かなり信頼度が高そうだ。なお、6歳以上の馬は3着が1回あるのみと振るわない。年齢的には3歳から5歳の馬が中心と考えるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 4-2-2-16 16.7% 25.0% 33.3%
4歳 2-5-1-36 4.5% 15.9% 18.2%
5歳 4-3-6-45 6.9% 12.1% 22.4%
6歳 0-0-1-16 0% 0% 5.9%
7歳以上 0-0-0-17 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の着順と騎手をチェック

〔表4〕で示したとおり、過去10年の優勝馬は5歳以下の馬に限られる。また、全馬が前走で4着以内に入っていたので、優勝候補は年齢と前走の着順からある程度は絞り込めそうだ。さらに絞り込む際の参考になりそうなのが、10頭中8頭は前走と同じ騎手が騎乗していた点。現在、これに該当する馬が7連勝中なので、同じ騎手が継続して騎乗する馬を重視する手もありそうだ。〔表5〕

(高那実 マヤ)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の年齢、前走の着順および騎手(過去10年)
年度 優勝馬 年齢 前走の着順 騎手
2012年 ゴールドシップ 3歳 1着 前走と同じ
2013年 オルフェーヴル 5歳 2着 乗り替わり
2014年 ジェンティルドンナ 5歳 4着 乗り替わり
2015年 ゴールドアクター 4歳 1着 前走と同じ
2016年 サトノダイヤモンド 3歳 1着 前走と同じ
2017年 キタサンブラック 5歳 3着 前走と同じ
2018年 ブラストワンピース 3歳 4着 前走と同じ
2019年 リスグラシュー 5歳 1着 前走と同じ
2020年 クロノジェネシス 4歳 3着 前走と同じ
2021年 エフフォーリア 3歳 1着 前走と同じ

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: