今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 2歳オープン

データ分析

2歳マイル王決定戦

昨年の勝ち馬ドウデュースは今年の日本ダービーを制覇。2018年の勝ち馬アドマイヤマーズは翌春のNHKマイルCを勝って、年末には香港マイルを優勝、同3着のグランアレグリアは翌年の桜花賞を勝った後、古馬になってから短距離GⅠ・5勝の活躍を見せた。この2歳マイル王者を決定する一戦は、翌年の3歳GⅠ戦線を占うだけでなく、その後の短距離戦線での活躍を期する馬たちによって争われる。今回は阪神競馬場で行われるようになった2014年以降のデータから、レースの傾向を分析する。

単勝1、2番人気の安定度が高い

過去8年で単勝1番人気が4着以下に敗れたのは、2016年のミスエルテ(4着)だけだ。また、2番人気も3着以内が5回あり、3着内率は62.5%という高い数値になっている。対して、4、5番人気は計16頭で3着以内が1回だけと不振傾向にある。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去8年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-2-2-1 37.5% 62.5% 87.5%
2番人気 2-2-1-3 25.0% 50.0% 62.5%
3番人気 1-1-1-5 12.5% 25.0% 37.5%
4番人気 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
5番人気 0-0-0-8 0% 0% 0%
6〜9番人気 2-2-0-28 6.3% 12.5% 12.5%
10番人気以下 0-1-3-54 0% 1.7% 6.9%

デビュー戦での着順に注目

過去8年の連対馬16頭中13頭はデビュー戦で1着だった。残る2頭も同2着となっており、デビュー戦で3着以下に敗れていた馬は連対がなく、3着が3回あるだけ。軸馬はデビュー戦で1、2着だった馬から選ぶのが得策だろう。〔表2〕

〔表2〕デビュー戦の着順別成績(過去8年)
着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 5-8-3-54 7.1% 18.6% 22.9%
2着 3-0-2-23 10.7% 10.7% 17.9%
3着 0-0-1-12 0% 0% 7.7%
4着 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
5着 0-0-0-2 0% 0% 0%
6〜9着 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
10着以下 0-0-0-3 0% 0% 0%

前走の4コーナー通過順も要チェック

過去8年の優勝馬8頭中7頭は、前走の4コーナーを2番手から4番手で通過していた。出走頭数は2番手から4番手が58頭、5番手から9番手が46頭で、この2組で出走馬のほとんどを占めているが、3着以内馬の数では2番手から4番手が16頭、5番手から9番手が6頭で、倍以上の差がある。前走の4コーナーの通過順もチェックしておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走の4コーナー通過順別成績(過去8年)
通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 0-0-1-15 0% 0% 6.3%
2〜4番手 7-4-5-42 12.1% 19.0% 27.6%
5〜9番手 1-3-2-40 2.2% 8.7% 13.0%
10番手以下 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%

重賞実績にも注目

過去8年の出走馬のうち、JRA重賞勝ちの実績があった馬は33頭が出走して12頭が3着以内に入り、3着内率は36.4%となっている。また、JRA重賞に出走したことがなかった馬は47頭が出走して7頭が3着以内に入り、うち5頭が優勝している。3着以内数、3着内率などの数字は重賞勝ちの実績があった馬が勝るものの、当レースが重賞初出走となった馬も軽視は禁物と言えそうだ。これらに対し、重賞に出走経験があったものの、最高着順が2着以下だった馬は1着がなく、2着と3着が計5回と苦戦傾向にある。重賞に出走歴がありながら、2着以下の経験しかない馬は割り引いて考えた方がよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕JRA重賞での最高着順別成績(過去8年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-5-4-21 9.1% 24.2% 36.4%
2着 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%
3着 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
4着 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
5着 0-0-0-2 0% 0% 0%
6〜9着 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
10着以下 0-0-0-3 0% 0% 0%
重賞未出走 5-0-2-40 10.6% 10.6% 14.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去のレースでの単勝人気もチェック

過去8年の優勝馬8頭について、デビュー戦から前走までの単勝人気をチェックすると、8頭とも全てのレースで2番人気以内に支持されていた。デビュー戦以降、常に上位人気に支持されていたような馬が優勝候補になりそうだ。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕優勝馬のデビュー以降の最低単勝人気(過去8年)
年度 優勝馬 最低単勝人気
2014年 ダノンプラチナ 1番人気
2015年 リオンディーズ 1番人気
2016年 サトノアレス 2番人気
2017年 ダノンプレミアム 2番人気
2018年 アドマイヤマーズ 1番人気
2019年 サリオス 2番人気
2020年 グレナディアガーズ 2番人気
2021年 ドウデュース 2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: