今週の注目レース

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

データ分析

どちらかというと堅く収まりがちな2歳牝馬チャンピオン決定戦

2021年の阪神ジュベナイルフィリーズは単勝オッズ5.6倍(3番人気)のサークルオブライフが1着、同51.2倍(8番人気)のラブリイユアアイズが2着、同6.6倍(4番人気)のウォーターナビレラが3着となり、3連単11万4300円の決着となった。3連単の配当が10万円を超えたのは2012年以来である。3連単が発売されるようになった2004年以降の計18回中、5万円を超える配当となったのは7回しかなく、10万円を超えたのは3回だけ。比較的順当な決着が目立つ2歳牝馬の頂上決戦を展望すべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

キャリア2戦と3戦の馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、通算出走数が2戦か3戦だった。一方、1戦だった馬は3着内率7.1%、4戦以上だった馬は同3.7%と、それぞれ苦戦している。新馬を勝ち上がったばかりの馬や、4戦以上のキャリアを持つ馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
1戦 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
2、3戦 10-8-9-83 9.1% 16.4% 24.5%
4戦以上 0-2-0-52 0% 3.7% 3.7%

4着以下に敗れたことのある馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、JRAのレースにおいて4着以下に敗れた経験がない馬だった。一方、この経験があった馬は3着内率3.2%と苦戦している。デビュー以来全てのレースで3着以内に好走している馬を重視したい。〔表2〕

〔表2〕JRAのレースにおいて4着以下に敗れた経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 0-2-1-90 0% 2.2% 3.2%
なし 10-8-9-58 11.8% 21.2% 31.8%

距離実績がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、JRAの1600メートル以上のレースにおいて優勝経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.7%と苦戦している。今回と同じか、今回より長い距離のレースで勝ち鞍がない馬は、過信禁物とみるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕JRAの1600メートル以上のレースでの優勝経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-8-66 9.9% 18.7% 27.5%
なし 1-2-2-82 1.1% 3.4% 5.7%

なお、JRAの1600メートル以上のレースにおいて優勝経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った5頭のうち3頭は、“JRAの牝馬限定を除く出走頭数が14頭以上の重賞”において3着以内に入った経験のある馬だった。1600メートル以上のレースを勝ったことがなく、牡馬相手の重賞で3着以内に入ったこともない馬は、割り引きが必要だ。〔表4〕

〔表4〕JRAの1600メートル以上のレースで優勝経験がなかった馬の、“牝馬限定を除く出走頭数が14頭以上だったJRAの重賞”において3着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 0-1-2-9 0% 8.3% 25.0%
なし 1-1-0-73 1.3% 2.7% 2.7%

関東圏のレースに実績のある馬は堅実

過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、“東京・中山競馬場で行われた1勝クラス以上のレース”において2着以内に入った経験のある馬だった。この経験があった馬は3着内率が43.9%と優秀な水準に達している。今年もまずは関東圏のレースで実績を残している馬に注目したい。〔表5〕

〔表5〕“東京・中山競馬場で行われた1勝クラス以上のレース”において2着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 6-5-7-23 14.6% 26.8% 43.9%
なし 4-5-3-125 2.9% 6.6% 8.8%

なお、“東京・中山競馬場で行われた1勝クラス以上のレース”において2着以内に入った経験がなかったにもかかわらず3着以内に好走した12頭のうち9頭は、“JRAの重賞で着順が3着以内、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が4位以内”となった経験のある馬だった。関東圏のレースに実績がない馬同士を比較する際は、過去に出走した重賞における着順や末脚を重視するべきだろう。〔表6〕

〔表6〕“東京・中山競馬場で行われた、1勝クラス以上のレース”において2着以内に入った経験がなかった馬の、“JRAの重賞で3着以内、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が4位以内”となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 4-3-2-22 12.9% 22.6% 29.0%
なし 0-2-1-103 0% 1.9% 2.8%

近年は内外極端な枠の馬が上位に入っていない

過去5年の3着以内馬15頭は、いずれも馬番が4番から13番だった。近年の傾向を重視するならば、内外極端な馬番となった馬は扱いに注意したいところだ。〔表7〕

〔表7〕馬番別成績(過去5年)
馬番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1〜3番 0-0-0-15 0% 0% 0%
4〜13番 5-5-5-35 10.0% 20.0% 30.0%
14〜18番 0-0-0-23 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前哨戦の勝ち馬が5連勝中

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前走がアルテミスSもしくはファンタジーS、かつ前走の着順が1着だった。主要な前哨戦であるこの2レースを勝った馬は真っ先にチェックすべきだろう。また、この5頭は通算出走数が2戦か3戦だった点、JRAのレースで4着以下に敗れた経験がなかった点、馬番が4番から13番だった点も共通している。〔表1〕、〔表2〕、〔表7〕などで挙げた傾向も考慮すべきだろう。〔表8〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表8〕優勝馬の、前走、前走の着順、通算出走数、JRAのレースにおける最低着順、馬番(過去5年)
年次 優勝馬 前走 前走の着順 通算出走数 JRAのレースにおける最低着順 馬番
2017年 ラッキーライラック アルテミスS 1着 2戦 1着(2戦2勝) 11番
2018年 ダノンファンタジー ファンタジーS 1着 3戦 2着 13番
2019年 レシステンシア ファンタジーS 1着 2戦 1着(2戦2勝) 4番
2020年 ソダシ アルテミスS 1着 3戦 1着(3戦3勝) 6番
2021年 サークルオブライフ アルテミスS 1着 3戦 3着 10番

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: