今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

データ分析

秋の仁川でマイラーたちが覇を競う

2020年と2021年のマイルチャンピオンシップは阪神競馬場で行われ、2年連続で単勝1番人気の支持を集めたグランアレグリアが優勝。同馬はJRA賞最優秀短距離馬に2年連続で選出された。引き続き阪神での開催となる今年も、マイル路線の王者を決める一戦となりそうだ。ここでは過去10年の結果からレースの傾向を探っていく。

前走の単勝人気も要チェック

過去10年の単勝人気別成績を調べると、3着以内馬延べ30頭中25頭が5番人気以内だった。10番人気以下の馬が馬券に絡んだことはなく、6番人気以下で連対したのは2014年1着のダノンシャークだけ。伏兵馬が2着以内に食い込む可能性はかなり低そうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1-4-0-5 10.0% 50.0% 50.0%
3番人気 2-4-0-4 20.0% 60.0% 60.0%
4番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1-0-3-6 10.0% 10.0% 40.0%
6〜9番人気 1-0-4-35 2.5% 2.5% 12.5%
10番人気以下 0-0-0-85 0% 0% 0%

前走の単勝人気別成績も調べてみると、過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭が前走で5番人気以内だった。また、3着以内馬のうちマイルチャンピオンシップでの単勝人気が6番人気以下だった5頭も、前走では5番人気以内に推されていた。当レース、前走共に6番人気以下というような馬は、データ的には軽視してもよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-3-2-21 10.3% 20.7% 27.6%
2番人気 4-2-4-15 16.0% 24.0% 40.0%
3番人気 2-2-0-18 9.1% 18.2% 18.2%
4番人気 0-3-1-18 0% 13.6% 18.2%
5番人気 0-0-2-12 0% 0% 14.3%
6〜9番人気 0-0-1-29 0% 0% 3.3%
10番人気以下 1-0-0-32 3.0% 3.0% 3.0%

近年の3着以内馬は5歳以下の馬だけ

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は5歳以下の馬で、7歳以上の馬は3着以内がない。6歳馬の好走も2015年2着のフィエロが最後となっており、近年の傾向を重視するのであれば、3歳から5歳の馬による争いと考えた方がいいかもしれない。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 2-1-2-30 5.7% 8.6% 14.3%
4歳 4-5-4-24 10.8% 24.3% 35.1%
5歳 3-3-4-52 4.8% 9.7% 16.1%
6歳 1-1-0-22 4.2% 8.3% 8.3%
7歳以上 0-0-0-17 0% 0% 0%

前走もGⅠだった馬や毎日王冠・富士S組が好成績

過去10年の前走別成績を見ていくと、該当馬が5頭以上いたレースの中では天皇賞(秋)や安田記念など、前走がJRA・GⅠだった馬の好走率が比較的高くなっている。また、近年の優勝馬では、2018年ステルヴィオ、2019年インディチャンプの2頭が前走で毎日王冠に出走していた。さらに、前哨戦の一つである富士S組も2勝を挙げ、3着以内馬の数は最多の7頭となっている。一方、スワンS組は2着が4回あるものの、優勝できていない点に注意が必要だ。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
富士S 2-3-2-43 4.0% 10.0% 14.0%
毎日王冠 2-1-2-19 8.3% 12.5% 20.8%
天皇賞(秋) 2-1-2-7 16.7% 25.0% 41.7%
スプリンターズS 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
安田記念 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
京都大賞典 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
スワンS 0-4-2-33 0% 10.3% 15.4%
府中牝馬S 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
札幌記念 0-0-1-0 0% 0% 100%
  • 注記:3着以内馬が出ているレースのみ掲載

GⅠ好走歴がものを言う

過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は、JRA・GⅠで3着以内に入ったことがある馬だった。なかでも、同年の安田記念で3着以内に入っていた馬は〔4・3・1・9〕(3着内率47.1%)と半数近くが好走している。また、前年のマイルチャンピオンシップで3着以内だった馬も〔2・4・1・14〕(3着内率33.3%)で、2年連続で3着以内に入った馬が延べ7頭もいる。これらに該当する馬には特に注目しておきたい。〔表5〕

〔表5〕JRA・GⅠで3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-7-79 9.6% 17.3% 24.0%
なし 0-2-3-66 0% 2.8% 7.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

夏場は休養していた馬が7連勝中

2015年以降の優勝馬延べ7頭は、いずれも同年の上半期に重賞を勝っていた。さらに、同年の7月から9月に出走していなかった点も共通している。上半期に重賞を勝ち、夏場を休養に充てていた馬が候補になりそうだ。〔表6〕

(高那実 マヤ)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の、同年上半期の重賞勝ち鞍と近2走(過去7年)
年度 優勝馬 同年上半期の重賞勝ち鞍 前走 2走前
2015年 モーリス ダービー卿CT、安田記念 安田記念(6月) ダービー卿CT(4月)
2016年 ミッキーアイル 阪急杯 スプリンターズS(10月) 高松宮記念(3月)
2017年 ペルシアンナイト アーリントンC 富士S(10月) 日本ダービー(5月)
2018年 ステルヴィオ スプリングS 毎日王冠(10月) 日本ダービー(5月)
2019年 インディチャンプ 東京新聞杯、安田記念 毎日王冠(10月) 安田記念(6月)
2020年 グランアレグリア 安田記念 スプリンターズS(10月) 安田記念(6月)
2021年 グランアレグリア ヴィクトリアマイル 天皇賞(秋)(10月) 安田記念(6月)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: