今週の注目レース

エリザベス女王杯(GⅠ)

阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

データ分析

3歳馬と古馬が激突する秋の女王決定戦

1975年にエリザベス女王が来日したことを記念して、翌1976年にビクトリアカップからレース名を変更。1996年からは古馬も出走できるようになり、3歳馬と古馬が対決する秋の女王決定戦となった。京都競馬場整備工事のため今年も阪神競馬場での開催となるが、今回は過去10年のデータから傾向を調べてみた。

上位人気馬がアテにならない

過去10年の単勝人気別成績を見ると、1番人気が1勝、2番人気が1勝で、2番人気以内の連対率が25.0%と、上位人気馬がアテにならない。勝率ベースだと3番人気から5番人気の方が優秀で、6番人気から10番人気の馬も十分に勝負になっている。昨年も10番人気のアカイイトが勝利して3連単は300万円を超える大万馬券となった。予想をする際には、上位人気馬を過信しないようにしたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
2番人気以内 2-3-3-12 10.0% 25.0% 40.0%
3〜5番人気 5-1-5-19 16.7% 20.0% 36.7%
6〜10番人気 3-5-2-40 6.0% 16.0% 20.0%
11番人気以下 0-1-0-72 0% 1.4% 1.4%

3歳馬対4歳馬の構図に

年齢別成績をみると3歳馬と4歳馬の好走率が高い。4歳以下の馬が3着以内を独占したことも過去10年で5回ある。逆に成績が振るわないのが6歳以上の馬で、過去10年で延べ19頭が出走して馬券に絡んだのが一度だけ。6歳以上の馬は評価を少し下げるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 2-4-2-27 5.7% 17.1% 22.9%
4歳 6-3-7-50 9.1% 13.6% 24.2%
5歳 2-2-1-48 3.8% 7.5% 9.4%
6歳以上 0-1-0-18 0% 5.3% 5.3%

前走8着以下に好走例なし

過去10年のエリザベス女王杯では前走で8着以下に負けていた馬が巻き返した例がない。2013年の1番人気馬で同年のヴィクトリアマイルを制していたヴィルシーナ(前走:京都大賞典8着)、2014年の2番人気馬でGⅠ・3勝のメイショウマンボ(前走:京都大賞典10着)といったGⅠ馬も巻き返すことができなかった。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 複勝率
7着以内 10-10-10-104 7.5% 14.9% 22.4%
8着以下 0-0-0-39 0% 0% 0%

前走が重賞でないと厳しい

過去10年の優勝馬は全て前走が重賞だった。前走で重賞以外のレースを使われて3着以内に入ったのは、2012年3着のピクシープリンセスと2013年2着のラキシスだけ。それ以降は8年連続で馬券に絡んでいないので、前走で条件クラスやオープン特別に出走していた馬は評価を下げたい。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 複勝率
重賞 10-9-9-99 7.9% 15.0% 22.0%
重賞以外 0-1-1-44 0% 2.2% 4.3%

続いて、前走が重賞だった馬について、どういったレースから臨んだ馬が好走しているのかを調べてみると、府中牝馬Sから転戦してきた馬が5勝を含む3着以内13回と突出している。その他で連対馬を複数出しているのが秋華賞とオールカマー。軸馬は前走がこの3レースだった馬の中から選ぶようにしたい。その他で3着以内に入っているのは夏競馬の重賞から臨んだ馬と、上半期のGⅠから休養明けで臨んだ馬となっている。不振が目立つのは京都大賞典組で、延べ13頭が出走して1頭も馬券に絡んでいない。〔表5〕

〔表5〕前走が重賞だった馬の主な前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 複勝率
府中牝馬S 5-5-3-42 9.1% 18.2% 23.6%
秋華賞 2-3-1-22 7.1% 17.9% 21.4%
オールカマー 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0%
札幌記念 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
宝塚記念 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
新潟記念 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
オークス 0-0-1-1 0% 0% 50.0%
ヴィクトリアマイル 0-0-1-0 0% 0% 100%
京都大賞典 0-0-0-13 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

GⅠの連対実績がある馬を重視

過去10年の優勝馬延べ10頭のうちGⅠ出走経験があった馬は8頭、その内の7頭にはGⅠで連対した実績があった。混戦模様になることが多く、なかなか勝ち馬を絞りづらいレースだが、GⅠの連対実績をひとつの目安にしたい。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の主なGⅠ連対実績(過去10年)
年度 優勝馬 主なGⅠ連対実績
2012年 レインボーダリア 連対なし
2013年 メイショウマンボ オークス1着
2014年 ラキシス エリザベス女王杯2着
2015年 マリアライト GⅠ未出走
2016年 クイーンズリング 秋華賞2着
2017年 モズカッチャン オークス2着
2018年 リスグラシュー ヴィクトリアマイル2着
2019年 ラッキーライラック 阪神JF1着
2020年 ラッキーライラック 大阪杯1着
2021年 アカイイト GⅠ未出走

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: