今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 2歳オープン

データ分析

高額配当決着となった年が少ないGⅠ前哨戦

2021年のデイリー杯2歳Sは、単勝オッズ111.2倍の最低人気だったカワキタレブリーが3着に食い込んだものの、7頭立ての少頭数ということもあって、3連単の配当は2万2330円にとどまった。デイリー杯2歳Sにおける3連単の配当を振り返ってみると、初めて発売された2004年こそ101万6470円だったが、2005年以降の17回中12回は2万円未満、そのうち8回は1万円未満だった。堅く収まりがちな朝日杯フューチュリティSの前哨戦を展望すべく、今回は京都競馬場で行われた2019年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走で連対していた馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の着順が2着以内だった。一方、6着以下だった馬は全て4着以下に敗れている。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
2着以内 10-10-7-45 13.9% 27.8% 37.5%
3〜5着 0-0-3-12 0% 0% 20.0%
6着以下 0-0-0-14 0% 0% 0%

さらに、過去5年に絞ってみると、3着以内馬15頭中14頭は前走の着順が2着以内だった。直近の着順を素直に評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去5年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
2着以内 5-5-4-17 16.1% 32.3% 45.2%
3着以下 0-0-1-12 0% 0% 7.7%

前走での単勝人気がポイント

過去10年の3着以内馬30頭は、いずれも前走の単勝人気が6番人気以内だった。前走で人気薄だった馬は、割り引きが必要だ。〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
6番人気以内 10-10-10-56 11.6% 23.3% 34.9%
7番人気以下 0-0-0-15 0% 0% 0%

距離実績のある馬は信頼できる

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、JRAの1600メートルのレースにおいて4着以内に入った経験がある馬だった。今回と同じ距離のレースで上位に入ったことがある馬は高く評価したい。〔表4〕

〔表4〕JRAの1600メートルのレースにおいて4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 7-9-7-28 13.7% 31.4% 45.1%
なし 3-1-3-43 6.0% 8.0% 14.0%

なお、JRAの1600メートルのレースにおいて4着以内に入った経験がなかった馬のうち、父か母の父がディープインパクトだった馬は3着内率が75.0%に達している。一方、父も母の父もディープインパクト以外の種牡馬だった馬は3着内率が8.7%にとどまっている上、2017年以降の過去5年に限ると〔0・0・0・14〕と3着以内に入っていない。今年も、これに該当する馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕JRAの1600メートルのレースにおいて4着以内に入った経験がなかった馬の、血統別成績(過去10年)
血統 着度数 勝率 連対率 3着内率
父か母の父がディープインパクト 1-0-2-1 25.0% 25.0% 75.0%
父も母の父もディープインパクト以外の種牡馬 2-1-1-42 4.3% 6.5% 8.7%

近年は前走との間隔も重要

過去7年の3着以内馬21頭中15頭は、前走との間隔が中6週以上だった。一方、中5週以内だった馬は3着内率16.2%とやや苦戦している。臨戦過程に余裕のある馬を重視した方がよさそうだ。〔表6〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕前走との間隔別成績(過去7年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中5週以内 0-3-3-31 0% 8.1% 16.2%
中6週以上 7-4-4-16 22.6% 35.5% 48.4%

なお、前走との間隔が中5週以内だったにもかかわらず3着以内に入った6頭のうち5頭は、前走が京都もしくは阪神競馬場、かつそこでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が2位以内だった。前走が関西圏のレース、かつ出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイム(推定)をマークした馬でない限り、前走から中5週以内の馬は上位に食い込む可能性が低いとみておきたい。〔表7〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕前走との間隔が中5週以内だった馬の、前走の競馬場ならびに上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去7年)
前走の競馬場ならびに上がり3ハロンタイム(推定)順位 着度数 勝率 連対率 3着内率
京都・阪神競馬場、かつ2位以内 0-3-2-10 0% 20.0% 33.3%
京都・阪神競馬場以外、もしくは3位以下 0-0-1-21 0% 0% 4.5%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: