今週の注目レース

天皇賞(秋)(GⅠ)

東京競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

数々の名勝負が生まれた中距離路線の最高峰

昨年は三冠馬コントレイル、短距離女王グランアレグリア、3歳の皐月賞馬エフフォーリアが熱戦を繰り広げた天皇賞(秋)。東京・芝2000メートルを舞台に、さまざまな路線から集った強豪が覇を競う一戦の傾向を、過去10年の結果から探っていく。

近年はJRA・GⅠからの直行がトレンド

過去10年の3着以内馬は前走がJRAのGⅠまたはGⅡだった馬に限られ、頭数の上では両者15頭で同数と拮抗している。ただし、好走率はGⅠ組が大きく上回り、ここ3年は〔3・3・2・8〕と馬券圏内をほぼ独占。今年も上半期のJRA・GⅠから直行してくる馬は要注目の存在だろう。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGⅠ 4-7-4-24 10.3% 28.2% 38.5%
JRAのGⅡ 6-3-6-90 5.7% 8.6% 14.3%
その他 0-0-0-16 0% 0% 0%

牝馬が好成績

ここ3年は牝馬の活躍が顕著で、2019年は2頭の出走でアーモンドアイが優勝、アエロリットが3着。翌2020年はアーモンドアイが連覇を成し遂げ、3着にクロノジェネシスが入った。さかのぼればジェンティルドンナが2013年、2014年に2年連続2着となった例もあり、過去10年の牝馬の3着内率は50.0%と牡・せん馬を圧倒している。〔表2〕

〔表2〕性別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 8-8-7-123 5.5% 11.0% 15.8%
2-2-3-7 14.3% 28.6% 50.0%

3歳から5歳の馬の争い

過去10年の年齢別成績を調べると、4歳馬と5歳馬が3着以内に13頭ずつ入っている。3歳馬は出走数こそ多くないものの好走率はまずまずで、昨年はエフフォーリアが19年ぶりに3歳馬による天皇賞(秋)制覇を成し遂げている。なお、6歳以上の馬は3着以内に入ったのが2013年3着のエイシンフラッシュのみとなっているだけに、大幅に評価を下げる必要がありそうだ。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 1-1-1-9 8.3% 16.7% 25.0%
4歳 3-6-4-27 7.5% 22.5% 32.5%
5歳 6-3-4-39 11.5% 17.3% 25.0%
6歳 0-0-1-29 0% 0% 3.3%
7歳以上 0-0-0-26 0% 0% 0%

東京競馬場の芝重賞で好走経験がある馬が活躍

過去10年の3着以内馬延べ30頭中27頭は、東京・芝コースで行われた重賞で3着以内に入ったことがある馬だった。この経験がなかった馬は3着内率5.6%と苦戦傾向にある。東京・芝コースの重賞で好走歴がない馬は過信禁物だろう。〔表4〕

〔表4〕東京・芝コースで行われた重賞で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-9-79 9.4% 17.0% 25.5%
なし 0-2-1-51 0% 3.7% 5.6%

種牡馬にも特徴あり

過去10年の種牡馬別成績では、キングカメハメハ産駒が2015年ラブリーデイ、2018年レイデオロと2勝をマーク。2019年、2020年はキングカメハメハ産駒のロードカナロアを父に持つアーモンドアイが連覇を果たした。父系にキングカメハメハの血を持つ馬は勝ち切るケースが多く、2着や3着が少なくなっている。一方、ディープインパクト産駒は2014年スピルバーグの1勝のみだが、2着が8回、3着が2回と3着以内に入った回数は最も多く、同産駒が出走した年は9回中8回で連対を果たしている。〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕種牡馬別成績(過去10年)
種牡馬 成績 勝率 連対率 3着内率
キングカメハメハ 2-0-1-16 10.5% 10.5% 15.8%
ロードカナロア 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
ディープインパクト 1-8-2-41 1.9% 17.3% 21.2%
King's Best 1-0-1-0 50.0% 50.0% 100%
ハーツクライ 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
エピファネイア 1-0-0-0 100% 100% 100%
スクリーンヒーロー 1-0-0-0 100% 100% 100%
ブラックタイド 1-0-0-0 100% 100% 100%
  • 注記:優勝馬を出した種牡馬のみ掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

上位人気のGⅠウイナーが連勝中

近年は上位人気馬が強く、過去7年の優勝馬はいずれも単勝3番人気以内、かつ単勝オッズが4倍未満だった。また、この延べ7頭の優勝馬はいずれもGⅠウイナーだったこと、同年に国内外のGⅠまたはGⅡを勝っていた点で共通している。〔表6〕

(高那実 マヤ)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の単勝人気、単勝オッズ、GⅠ勝利数、同年の重賞勝ち鞍(過去7年)
年度 優勝馬 単勝人気 単勝オッズ GⅠ勝利数 同年の重賞勝ち鞍
2015年 ラブリーデイ 1番人気 3.4 1勝 宝塚記念(GⅠ)など5勝
2016年 モーリス 1番人気 3.6 4勝 チャンピオンズマイル(G1、香港)
2017年 キタサンブラック 1番人気 3.1 5勝 大阪杯(GⅠ)、天皇賞(春)(GⅠ)
2018年 レイデオロ 2番人気 3.1 1勝 オールカマー(GⅡ)
2019年 アーモンドアイ 1番人気 1.6 5勝 ドバイターフ(G1、UAE)
2020年 アーモンドアイ 1番人気 1.4 7勝 ヴィクトリアマイル(GⅠ)
2021年 エフフォーリア 3番人気 3.4 1勝 皐月賞(GⅠ)ほか1勝

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: