今週の注目レース

秋華賞(GⅠ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

データ分析

波乱の決着が少ない3歳牝馬三冠競走の最終関門

2021年の秋華賞は、単勝オッズ10倍未満の3頭が1着から3着を占め、3連単の配当は2万6410円にとどまった。3連単が発売されるようになった2004年以降の計18回中、3連単の配当が2万円を下回ったのは8回、そのうち1万円を下回ったのは4回を数える。一方、10万円を上回ったのは3回だけである。2008年に1098万2020円の超高額配当が飛び出しているものの、基本的には堅く収まりがちなレースだ。今回は京都競馬場で行われた2020年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

栗東所属の“関西馬”が中心

過去10年の3着以内馬30頭中24頭は所属が栗東だった。一方、美浦所属の馬は3着内率8.7%と苦戦している。ちなみに、美浦所属馬で3着以内に入った6頭中4頭は国枝栄厩舎の所属馬だった。〔表1〕

〔表1〕所属別成績(過去10年)
所属 着度数 勝率 連対率 3着内率
美浦 2-4-0-63 2.9% 8.7% 8.7%
栗東 8-6-10-82 7.5% 13.2% 22.6%

前走好走馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走の着順が5着以内だった。一方、6着以下だった馬は3着内率3.4%と苦戦している。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
5着以内 10-10-8-89 8.5% 17.1% 23.9%
6着以下 0-0-2-56 0% 0% 3.4%

なお、過去5年の3着以内馬15頭中14頭は、前走の着順が4着以内だった。近年の傾向から、前走で5着以下だった馬は割り引きが必要だ。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去5年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
4着以内 5-5-4-43 8.8% 17.5% 24.6%
5着以下 0-0-1-28 0% 0% 3.4%

前走で先行していた馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走の4コーナー通過順が5番手以下だった。一方、4番手以内だった馬は3着内率9.7%と苦戦している。〔表4〕

〔表4〕前走の4コーナー通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
4番手以内 1-3-3-65 1.4% 5.6% 9.7%
5番手以下 9-7-7-80 8.7% 15.5% 22.3%

なお、前走の4コーナー通過順が4番手以内だったにもかかわらず3着以内に入った7頭のうち4頭は、父がディープインパクトだった。前走の4コーナーを4番手以内で通過していて、なおかつ父にディープインパクト以外の種牡馬を持つ馬は、過信禁物とみるべきだろう。〔表5〕

〔表5〕前走の4コーナー通過順が4番手以内だった馬の、父別成績(過去10年)
着度数 勝率 連対率 3着内率
ディープインパクト 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
ディープインパクト以外の種牡馬 0-1-2-55 0% 1.7% 5.2%

前走での単勝人気もポイント

過去10年の前走の単勝人気別成績を見ると、2番人気以内だった馬が3着内率33.9%と比較的優秀な成績を収めている。一方、7番人気以下だった馬は3着内率3.6%と苦戦している。前走の内容をチェックする際は、当時の単勝人気にも注目しておきたい。〔表6〕

〔表6〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
2番人気以内 8-7-4-37 14.3% 26.8% 33.9%
3〜6番人気 2-3-4-55 3.1% 7.8% 14.1%
7番人気以下 0-0-2-53 0% 0% 3.6%

近年はオークスや同年8月以降のレースにおける実績が重要

過去5年の3着以内馬15頭中9頭は、オークスにおいて5着以内に入っていた。該当馬は3着内率も56.3%と優秀な水準に達している。牝馬クラシック競走のオークスで上位となっていた馬は、今回も素直に信頼してよさそうだ。〔表7〕

〔表7〕オークスでの着順別成績(過去5年)
着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
5着以内 5-3-1-7 31.3% 50.0% 56.3%
6着以下、不出走 0-2-4-64 0% 2.9% 8.6%

なお、オークスで6着以下、もしくは不出走だったにもかかわらず当レースで3着以内に入った6頭のうち5頭は、“同年8月以降のJRAの2勝クラス以上、かつ芝1800メートル以上のレース”において1着となった経験のある馬だった。今年8月以降に芝中長距離、かつ2勝クラス以上のレースを勝っていた馬は、オークスの上位馬でなくとも高く評価すべきだろう。〔表8〕

〔表8〕オークスで6着以下、もしくは不出走だった馬の、“同年8月以降のJRAの2勝クラス以上、かつ芝1800メートル以上のレース”において1着となった経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 0-2-3-7 0% 16.7% 41.7%
なし 0-0-1-57 0% 0% 1.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の出走頭数などが明暗を分けそう

過去9年の優勝馬9頭は、いずれも前走の出走頭数が17頭以上だった。少頭数のレースを経由してきた馬が勝ち切れていない点に注意したい。また、この9頭は前走の着順が4着以内だった点、前走の4コーナー通過順が5番手以下だった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点も共通している。〔表3〕から〔表7〕で挙げた傾向なども考慮して選びたいところだ。〔表9〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表9〕優勝馬の、前走の出走頭数、前走の着順、前走の4コーナー通過順、前走の単勝人気(過去9年)
年次 優勝馬 前走の出走頭数 前走の着順 前走の4コーナー通過順 前走の単勝人気
2013年 メイショウマンボ 18頭 4着 9番手 4番人気
2014年 ショウナンパンドラ 18頭 2着 6番手 1番人気
2015年 ミッキークイーン 17頭 2着 17番手 1番人気
2016年 ヴィブロス 18頭 2着 11番手 3番人気
2017年 ディアドラ 18頭 1着 11番手 1番人気
2018年 アーモンドアイ 17頭 1着 5番手 1番人気
2019年 クロノジェネシス 18頭 3着 5番手 2番人気
2020年 デアリングタクト 18頭 1着 13番手 1番人気
2021年 アカイトリノムスメ 18頭 2着 10番手 2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: