今週の注目レース

スプリンターズステークス(GⅠ)

中山競馬場 1200メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

メイケイエール

牝4歳

調教師:武英智(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:シロインジャー
  • 母の父:ハービンジャー
ここに注目!

小倉2歳Sを皮切りに、ここまで重賞6勝をマーク。ホライゾネット着用後はグンと安定感が増し、前走のセントウルS(1着)では馬体重が14キログラム増加。心身ともに成長しており、念願のGⅠ獲りへ機は熟した。

今春の高松宮記念は、馬群の内めを通った組が上位を占めるなかで、外を回りながら勝ち馬から0秒1差の接戦を演じて5着。前々走の京王杯スプリングCは200メートルの距離延長で折り合いに苦労する場面はあったが、外を回る正攻法のレース運びから、直線は鮮やかに抜け出して快勝した。約4か月の休養を挟み、前走のセントウルSはスッと好位の5番手に取りついて折り合いに専念。メンバー中最速となる上がり3ハロン32秒9(推定)の豪脚で2馬身1/2突き抜け、1分06秒2のコースレコードでGⅡ連勝を飾っている。気性面の難しさを抱えながら、目下の充実ぶりは顕著で、主役の座は譲れない。

シュネルマイスター

牡4歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:Kingman
  • 母:Serienholde
  • 母の父:Soldier Hollow
ここに注目!

3歳時のNHKマイルCを優勝。同年のマイルチャンピオンシップ、今年の安田記念ではともに2着に入った現役屈指のマイラーだ。初のスプリント戦で距離適性は鍵になるが、父系から卓越したスピードを受け継いでおり、目が離せない。

4歳初戦となった前々走のドバイターフ(G1・UAE・芝1800メートル)は、初の海外遠征で環境の変化に戸惑ったのか、直線で伸びを欠いて8着に敗れた。約2か月半の休養で立て直した前走の安田記念は、脚をためて後方待機策。スローペースで馬群が固まり、直線ではスムーズに進路を確保できなかったが、ゴール前は目立つ伸び脚でクビ差の2着に追い上げ、あらためて地力の高さを示している。夏場を休養に充て今回は約4か月の休み明けだが、9月初旬から時計を出し始め、本レースに照準を合わせて熱心な乗り込みを消化。スプリント戦で好結果を出すことができれば、今後のさらなる活躍が期待できそうだ。

ナランフレグ

牡6歳

調教師:宗像義忠(美浦)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ケリーズビューティ
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

コツコツと地力をつけて、キャリア29戦目の高松宮記念でビッグタイトルを獲得。今回は安田記念(9着)以来約4か月の休み明けだが、帰厩後の調教では好調時と遜色のない動きを披露しており、力を出せる態勢が整っていそうだ。

GⅠ初挑戦となった今春の高松宮記念は、内枠(1枠2番)スタートからインで脚をためて後方15番手を追走。直線も馬群のインを狙い、一完歩ごとに差を詰めると、最後は狭いスペースを突いて抜け出し見事に優勝した。前走の安田記念は2018年11月以来のマイル戦で9着だったが、直線でジワジワと脚を伸ばして勝ち馬から0秒4差なら悲観するレース内容ではない。左回りに良績が多く、中山コースでの勝ち鞍はないが、3走前のオーシャンSではレースの上がり3ハロンタイムを1秒0上回る同33秒5(推定)の豪脚で0秒1差の2着に好走している。春秋スプリントGⅠ制覇は十分に可能だろう。

ナムラクレア

牝3歳

調教師:長谷川浩大(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:サンクイーンⅡ
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

他世代を撃破して前々走の函館スプリントSを快勝。前走の北九州記念では3着に入り、サマースプリントシリーズチャンピオンの座に輝いた。桜花賞3着の実績馬。夏の余勢を駆ってGⅠタイトルを狙う。

前々走の函館スプリントSは二の脚を利かせてスッと好位を追走。ハイペースのなか、正攻法のレース運びから抜群の手応えで直線を向くと、弾けるように突き抜けて2馬身1/2差で快勝した。前走の北九州記念は中団でじっくり脚を温存し、直線は馬群を縫うように差を詰めると、ゴール寸前は目立つ伸び脚を見せて勝ち馬から0秒2差の3着。3歳牝馬が53キログラムのハンデを背負っており、“負けてなお強し”を印象づけている。1400メートル以下では抜群の安定感を誇り、展開に左右されない自在性も兼備。他世代とのGⅠでも上位争いが濃厚だ。

ヴェントヴォーチェ

牡5歳

調教師:牧浦充徳(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:ランウェイスナップ
  • 母の父:Distant View
ここに注目!

前走のキーンランドCで重賞タイトルを獲得。今春の春雷S(リステッド・中山・芝1200メートル、1着)ではコースレコードに0秒1差の1分06秒8をマークしており、GⅠのメンバーに入ってもスピードの絶対値は引けを取らない。

重賞初挑戦の函館スプリントSは速いペースで流れに乗り切れず7着。続くアイビスサマーダッシュは、レース終盤に進路がなくなるシーンもあって9着に敗れた。前走のキーンランドCは、スタート直後に窮屈になってレース序盤は後方を追走。3、4コーナーは馬群の内を通ってスルスルと追い上げ、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒0(推定)の末脚でウインマーベルとの競り合いを制して重賞初制覇を達成した。夏場に3戦使って状態面は鍵になるが、レース後の回復は早く、順調な乗り込みを消化。勝った勢いに乗り、GⅠタイトル獲得に挑む

テイエムスパーダ

牝3歳

調教師:五十嵐忠男(栗東)

  • 父:レッドスパーダ
  • 母:トシザコジーン
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

前々走のCBC賞では、開幕週で絶好の馬場コンディションだったとはいえ、1分05秒8のJRAレコードを樹立。前走の北九州記念は7着に敗れたが、成長の余地を残す3歳馬で、もうひと皮むけても不思議はない。

3勝クラスから格上挑戦となった前々走のCBC賞は、48キログラムの軽ハンデもあり、前半600メートル通過タイム31秒8のハイラップで同型馬を制して先手を主張。4コーナーで2番手以下を突き放しにかかると、直線も後続を寄せつけずに3馬身1/2差で快勝した。前走の北九州記念も果敢にハナを奪取し、レース序盤はシンシティ(15着)との先手争い。その後も後続のマークが厳しく、直線の粘りを欠いて7着に敗れたが、勝ち馬から0秒5差ならレース内容は悪くない。坂のある阪神コースで勝ち鞍があることから、初の中山コースも問題はなさそう。展開の鍵を握る本馬の動向に注目が集まる。

ウインマーベル

牡3歳

調教師:深山雅史(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:コスモマーベラス
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

ブリンカー着用後は7戦4勝、2着2回の好成績を挙げ、葵Sで重賞制覇も達成。他世代と初対戦だった前走のキーンランドC(2着)では0秒1差の接戦を演じている。昨年のピクシーナイトに続く3歳馬の優勝を目指す。

3歳初戦のファルコンSは15着に敗れたが、続く橘S(リステッド・中京・芝1400メートル)を勝利。前々走の葵Sは、逃げ・先行勢を射程圏に入れて中団の8番手を追走。4コーナーでスムーズに外へ出すと、直線は鮮やかに抜け出して2馬身1/2差で快勝した。3か月の休み明けとなった前走のキーンランドCは好位の5番手を進み、前がぽっかり開いた3、4コーナーでジワッと進出を開始。直線の追い比べでヴェントヴォーチェに競り負けたが、しっかり脚を伸ばして2着に好走した。1200メートルでは全て3着以内と堅実な走りを見せており、休み明けを1度使って状態面の上積みも見込めそうだ。

タイセイビジョン

牡5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:ソムニア
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

2019年京王杯2歳S、2020年アーリントンCと重賞2勝をマーク。ここ2戦のCBC賞、北九州記念はともにメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムで2着に好走している。逃げ・先行勢が競り合う展開になれば、ここでもチャンスがありそうだ。

約3か月の休み明けとなった前々走のCBC賞では、かなりのハイペースで追走に余裕はなかったが、4コーナー12番手から馬群のインをさばき、しぶとく脚を伸ばして2着争いを制した。前走の北九州記念もスッと控えて後方のインを追走すると、直線はそのまま内ラチ沿いを突き、懸命に差を詰めて2着に好走。1着馬ボンボヤージとは6キログラムのハンデ差があったことを踏まえれば、勝ちに等しい内容だろう。展開に左右されやすい脚質だが、以前より末脚に磨きがかかってきた印象で、馬込みを苦にしない勝負根性もある。混戦になれば一気に浮上しそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: