今週の注目レース

朝日杯セントライト記念(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

データ分析

ラスト一冠への切符をめぐる戦い

セントライト記念は菊花賞のトライアルレースで、2015年の優勝馬キタサンブラックは続く菊花賞を皮切りにGⅠ・7勝を挙げた。2021年に単勝1番人気ながら13着に敗れたタイトルホルダーは本番で見事に巻き返し、今年も天皇賞(春)、宝塚記念とタイトルを積み重ねている。今回は新潟競馬場で行われた2014年も含めた過去10年のデータを中心に、レースの傾向を探っていく。

日本ダービー組が活躍

過去10年では日本ダービー以来の出走となった馬が3着内率41.7%と好成績。やはり世代の大一番に駒を進めた馬は高く評価する必要がありそうだ。また、2020年のバビット、2021年のアサマノイタズラと、ここ2年はラジオNIKKEI賞から臨んだ馬が日本ダービーから臨んだ馬を抑えて優勝している。今年もラジオNIKKEI賞組がいれば押さえておくべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
日本ダービー 6-5-4-21 16.7% 30.6% 41.7%
ラジオNIKKEI賞 2-1-1-11 13.3% 20.0% 26.7%
その他のJRA重賞 0-0-2-13 0% 0% 13.3%
オープン特別 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
3勝クラス 0-0-0-2 0% 0% 0%
2勝クラス 1-4-0-26 3.2% 16.1% 16.1%
1勝クラス 1-0-2-39 2.4% 2.4% 7.1%
地方のレース 0-0-0-4 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

キャリア7戦以下の馬が中心

過去10年の通算出走回数別成績を調べると、3着以内馬30頭中26頭がキャリア7戦以下だった。なかでも、〔表1〕で取り上げた日本ダービー組はキャリア7戦以下だと〔5・4・3・11〕(3着内率52.2%)と好走率が上昇し、同じくラジオNIKKEI賞組も〔2・1・1・4〕と半数が3着以内に入っている。一方、キャリア8戦以上の馬はキャリアが増えるにつれて3着内率が低下し、10戦以上だった馬は全く馬券に絡めていない。〔表2〕

〔表2〕通算出走回数別成績(過去10年)
通算出走回数 成績 勝率 連対率 3着内率
4戦以下 0-1-4-10 0% 6.7% 33.3%
5戦 3-0-2-15 15.0% 15.0% 25.0%
6戦 5-4-2-20 16.1% 29.0% 35.5%
7戦 1-3-1-19 4.2% 16.7% 20.8%
8戦 0-2-1-24 0% 7.4% 11.1%
9戦 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%
10戦以上 0-0-0-20 0% 0% 0%

中山・芝コースでの実績をチェック

中山競馬場で行われた過去9回の出走馬のうち、中山・芝コースで2勝していた馬は3着内率44.4%と突出した数値になっている。1勝の馬も、その1勝が重賞で挙げたものであれば〔2・1・1・6〕(3着内率40.0%)と2勝の馬に引けを取らない成績だ。中山・芝コースに高い適性を示している馬は上位に評価した方がよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕中山・芝コースでの勝利数別成績(2012年、2013年および2015年から2021年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2勝 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
1勝 4-3-2-26 11.4% 20.0% 25.7%
0勝(出走経験あり) 3-2-5-42 5.8% 9.6% 19.2%
出走経験なし 1-2-1-33 2.7% 8.1% 10.8%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3歳時の重賞成績に注目

過去10年の優勝馬のうち、7頭は3歳時に重賞を勝っていた。残る3頭を見ても2017年のミッキースワローと2021年のアサマノイタズラは、3歳時に重賞で0.1秒以内の好勝負を演じた経験があり、重賞初出走で優勝した2013年のユールシンギングはレアケース。1着候補には、年明け以降に重賞で好走している馬を選ぶのが無難だろう。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕優勝馬の3歳時の主な重賞成績(過去10年)
年度 優勝馬 3歳時の主な重賞成績
2012年 フェノーメノ 青葉賞1着
2013年 ユールシンギング なし
2014年 イスラボニータ 共同通信杯1着、皐月賞1着
2015年 キタサンブラック スプリングS1着
2016年 ディーマジェスティ 共同通信杯1着、皐月賞1着
2017年 ミッキースワロー 京都新聞杯5着(0.1秒差)
2018年 ジェネラーレウーノ 京成杯1着
2019年 リオンリオン 青葉賞1着
2020年 バビット ラジオNIKKEI賞1着
2021年 アサマノイタズラ スプリングS2着(タイム差なし)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: