今週の注目レース

朝日杯セントライト記念(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

アスクビクターモア

牡3歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:カルティカ
  • 母の父:Rainbow Quest
ここに注目!

弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬。勇躍臨んだ皐月賞は逃げて5着、日本ダービーは2番手から3着に入り、世代トップクラスの力があることを印象付けた。さらなる飛躍へ、注目の秋初戦となる。

前走の日本ダービーは2番手から。皐月賞を逃げたあとだったが、しっかりと折り合いがつき、終始スムーズな形で走ることができた。結果、ラスト200メートル過ぎまで先頭を守っての3着。ドウデュース、イクイノックスに先着を許したが、その2頭を含めて、本馬以外は差し・追い込み馬が上位を占めたように、先行馬にはきつい展開を粘り込んでのもの。かなり中身の濃い競馬だったと言える。2200メートルの経験はないが、中山は4戦して3勝。唯一の敗戦も皐月賞での5着と、コース適性の高さは証明済みだ。秋の大一番へ向け、トライアルで最高の結果を出したい。

オニャンコポン

牡3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:シャリオドール
  • 母の父:ヴィクトワールピサ
ここに注目!

京成杯を勝って重賞初制覇。それ以来だった皐月賞が6着、日本ダービーも8着と奮闘した。一瞬の鋭さを秘める末脚は明確に中山向き。身上を生かせるであろう外回りコースも好材料だ。2度目の重賞勝ちを期す。

メイクデビュー中山(芝2000メートル)、1勝クラス・百日草特別(東京・芝2000メートル)を連勝して迎えたホープフルSは11着。アオり気味のスタートから好位を取りに行った影響か、ラストの伸びが見られなかった。続く京成杯は6番人気にとどまっていたが、早めに動いたロジハービン(2着)を目標に4コーナー手前から一気の進出。直線に入っても勢いは衰えず、外から豪快に伸びて重賞初制覇を果たした。続く皐月賞は6着も、自分の脚はしっかり使って勝ち馬から0秒4差。直線まで手応え良く追走できていたあたり、やはりコース適性は高い。前走の日本ダービー(8着)では反応面で差が出た印象。中山なら巻き返しがありそうだ。

ガイアフォース

牡3歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:キタサンブラック
  • 母:ナターレ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走の1勝クラス・国東特別(小倉・芝2000メートル)は2番手から早め先頭で直線へ向くと、そこからは突き放す一方の楽勝だった。見た目もさることながら、時計もコースレコード。かなりの能力を秘めていることは間違いない。楽しみな重賞挑戦となる。

今年の小倉記念が1分57秒4での決着。開催こそ違うが、本馬が前走の1勝クラス・国東特別でマークした1分56秒8という時計がいかに優秀かが分かる。しかも直線後半では鞍上が追うのをやめていたほどで、現時点でも重賞で通用するだけの力を示したと言える。振り返れば、昨夏の新馬戦で今年のダービー馬ドウデュースの2着。3着馬がその後ラジオNIKKEI賞を勝つフェーングロッテンで、同馬には3馬身差をつけていた。新馬戦後の骨折で出世は遅れているが、底知れぬ素質馬。既存勢力を一蹴する可能性も十分にある。

ラーグルフ

牡3歳

調教師:宗像義忠(美浦)

  • 父:モーリス
  • 母:アバンドーネ
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

オープン特別・芙蓉S(中山・芝2000メートル)を勝って臨んだ昨年のホープフルSが3着。今春は結果を出せなかったが、前走の2勝クラス・月岡温泉特別(新潟・芝2000メートル)はあらためて力を示す快勝だった。復調した実力馬が重賞初制覇を目指す。

前走の2勝クラス・月岡温泉特別は、能力の高さを再認識させる勝ち方。まず時計が極めて優秀だった。マークした1分58秒5は当地の今年3番目に速いタイムで、馬場差があるとはいえ重賞の新潟記念より0秒4速かった。着差こそ1/2馬身だったが、2着に負かしたセントカメリアは春の1勝クラス・あずさ賞でガイアフォースを完封しており、さらに箔がついた格好だ。本馬は今年初戦の弥生賞ディープインパクト記念は11着だったが、皐月賞では後方から直線だけで8着まで押し上げる力走を見せるなど、脚力はここでも間違いなく上位。夏場を使った分の臨戦過程も強調材料になる。

セイウンハーデス

牡3歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:シルバーステート
  • 母:ハイノリッジ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

プリンシパルS(リステッド・東京・芝2000メートル)は、好位追走から抜け出して押し切る強い競馬だった。前走の日本ダービー(11着)は幼さを出して伸びを欠いたが、あれが実力でないことは明らか。ひと夏を越し、心身の成長を問う一戦になる。

前々走のプリンシパルS(リステッド)での勝ちっぷりはなかなか立派。水準レベルの時計をマークしたことに加え、好位追走から直線で抜け出すレースセンスの良さも窺えた。何より返し馬が抜群で、使うごとにグングン良くなっている印象を受けた。前走の日本ダービー(11着)は外の馬を気にしたのか、モタれての追走。内ラチから離れようとしないなど幼さを見せていたあたり、力を出し切っての敗戦ではなかったようだ。初めての中山コースが一つの鍵になりそうだが、折り合いに不安がなく、ポジションも取れるタイプ。十分に力を出せるはずだ。

ローシャムパーク

牡3歳

調教師:田中博康(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:レネットグルーヴ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

4戦2勝、2着2回とまったく能力の底を見せていないうえ、2勝がともに楽勝。優にオープンクラスの器だろう。春以来の実戦になるが、調教では再三に渡って目立つ動きを披露。力を出せる状態にあるとみていい。

2歳時の2戦は芝2000メートルで連続2着。ともにラストはいい伸びを見せており、特に2戦目は2歳コースレコード決着でのもの。当時から素質の片りんを見せていた。年明けからは競馬内容が一変。初勝利となった前々走の未勝利(東京・芝1800メートル)は途中からハナに立って後続を圧倒。2勝目の1勝クラス・山藤賞(中山・芝2000メートル)も向正面で一気に先頭へ立ち、そのまま2着馬を7馬身も離す楽勝だった。その競馬ぶりは折り合いに不安があるようにも見えるが、跳びの大きい走りを考慮しての戦法。いずれにしても能力がなければできない勝ち方と言える。中間は8月下旬から間断なく乗り込まれ、1週前追い切りも好内容。展開面も含めて要注目の1頭だ。

ショウナンマグマ

牡3歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:ザファクター
  • 母:レッドメアラス
  • 母の父:ステイゴールド
ここに注目!

2勝目が逃げ切り。前走のラジオNIKKEI賞(2着)の競馬を見ても、現状ハナを切ってこそ力を出せるタイプのようだ。2000メートルを超える距離は初めてだが、マイペースで行ければ粘り込みがあるかもしれない。

2着に好走した前走のラジオNIKKEI賞も立派だが、特筆すべきは2勝目となった3月26日の1勝クラス(中山・芝1800メートル)だろう。好スタートを決めると積極的にハナへ。向正面では後続との差が5馬身はあろうかという思い切った逃げを打った。3、4コーナーで後ろの馬を引きつけて直線で再加速。そこからは一気に他馬を引き離し、最終的には2着馬に8馬身差をつける楽勝だった。時計は目立たないが、ラスト2ハロンのラップは11秒5、11秒8。まだまだ余裕があったとみていいだろう。ハナを取り切る分には距離延長はプラスのはず。2200メートルに替わっても軽視はできない。

ボーンディスウェイ

牡3歳

調教師:牧光二(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ウィンドハック
  • 母の父:Platini
ここに注目!

皐月賞(14着)、ラジオNIKKEI賞(6着)とラストの伸びを欠く競馬が続いているが、ホープフルS5着、弥生賞ディープインパクト記念3着の実績馬。力もコース適性も証明済みで、ここは立て直された効果に期待したい。

外の差し馬が台頭する馬場コンディションで14着と大敗した皐月賞を除けば、中山コースで1着、1着、5着、3着。コース相性の良さは疑いようがない。逃げもできるうえ、好位差しも可能。とにかく立ち回りがうまい。それだけに、前走のラジオNIKKEI賞の6着には物足りなさを感じるが、速い馬が多く、外めを回る展開になって身上のしぶとさを生かせなかったよう。また、ハンデ差も微妙に影響した印象だ。弥生賞ディープインパクト記念では勝ったアスクビクターモアから0秒1差の3着。十分に逆転可能な範囲だろう。未経験の距離だが、操縦性の良さを加味すれば、外回り芝2200メートルの舞台は本馬にとってプラスに働く可能性がある。

(山下 健)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: