今週の注目レース

関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ)

中京競馬場 2000メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

データ分析

秋華賞のトライアルレース

牝馬三冠レースの最後の一冠となる秋華賞が10月に行われる。そのトライアルレースとなるこの一戦では、春の牝馬クラシックに出走していた馬と、夏の上がり馬の力比べも見どころの一つになるだろう。阪神の芝1800メートルで行われた2019年以前を含めた過去10年のデータを分析する。

下位人気でも軽視は禁物

過去10年の単勝人気別成績では、1番人気が4勝を挙げ3着内率60.0%とまずまずの成績を残している。その一方で、3着以内馬30頭のうち14頭が6番人気以下の馬となっている点も見逃せない。6番人気から9番人気の馬が2勝を含め3着以内に7頭、10番人気以下の馬は1着こそないものの、7頭が2、3着に入っている。6番人気以下の馬が上位争いに加わってくる場面は、想定しておくべきだろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-1-1-4 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 2-3-2-33 5.0% 12.5% 17.5%
10番人気以下 0-4-3-61 0% 5.9% 10.3%

牝馬クラシック2レースに出走していた馬が優勢

春シーズンに行われた牝馬クラシックへの出走経験別に成績をまとめると、桜花賞・オークスの両方に出走していた馬が5勝を挙げるなど好走率が一番高く、片方のみの出走だった馬は3着内率が14%前後にとどまっている。なお、出走経験なし組も3着以内に15頭が入っており、牝馬クラシックに出走できなかった馬であっても軽視は禁物といえそうだ。〔表2〕

〔表2〕牝馬クラシック出走経験別成績(過去10年)
牝馬クラシック出走経験 成績 勝率 連対率 3着内率
桜花賞・オークスともに出走 5-2-2-20 17.2% 24.1% 31.0%
桜花賞のみ出走 0-1-1-13 0% 6.7% 13.3%
オークスのみ出走 2-1-1-24 7.1% 10.7% 14.3%
出走経験なし 3-6-6-71 3.5% 10.5% 17.4%

前走の距離にも注目

過去10年の前走の距離別成績でまず目につくのが、芝2400メートル組が7勝を挙げているいることだろう。また、芝2400メートル組に次いで出走頭数が多い芝1800メートル組と芝2000メートル組の比較では、芝1800メートル組が1着なし、3着以内5回に対して、芝2000メートルが2勝を含む3着以内7回と優勢だ。軸馬は前走が芝2400メートルか芝2000メートルだった馬から選ぶのが得策といえそうだ。〔表3〕

〔表3〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1400m以下 0-0-0-6 0% 0% 0%
芝1500m 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
芝1600m 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
芝1700m 0-1-0-0 0% 100% 100%
芝1800m 0-2-3-36 0% 4.9% 12.2%
芝2000m 2-4-1-20 7.4% 22.2% 25.9%
芝2200m 0-0-0-1 0% 0% 0%
芝2400m 7-3-3-38 13.7% 19.6% 25.5%
芝2600m 0-0-0-2 0% 0% 0%
ダートのレース 0-0-0-7 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

GⅠ以外の芝レースを全て連対していた馬が連勝中

2016年以降の優勝馬6頭には、GⅠ以外の芝のレースを全て連対していたという共通点がある。GⅠという特別な舞台を除けば、常に2着以内に入っていたような安定力のある馬が勝ち馬候補となりそうだ。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬のGⅠ以外の芝のレースでの最低着順(過去6年)
年度 優勝馬 GⅠ以外の芝のレースでの最低着順
2016年 シンハライト 1着
2017年 ラビットラン 1着
2018年 カンタービレ 2着
2019年 ダノンファンタジー 2着
2020年 リアアメリア 1着
2021年 アンドヴァラナウト 2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: