今週の注目レース

産経賞セントウルステークス(GⅡ)

中京競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

単勝1番人気馬が長期間にわたって崩れていないGⅠ前哨戦

2021年のセントウルSは単勝オッズ1.9倍(1番人気)のレシステンシアが優勝を果たし、3連単の配当が5320円にとどまった。セントウルSにおいて1番人気に支持された馬は、2016年から6連勝中で、2012年から10年連続で連対している。2020年に単勝オッズ67.6倍(12番人気)のメイショウグロッケが2着に入るなど、人気薄の馬が上位に食い込んだ例も決して少なくないとはいえ、今年もまずは人気の中心となっている馬に注目すべきだろう。今回は阪神・芝1200メートルで行われた2019年以前を含む、過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

5歳以下の馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、年齢が5歳以下だった。一方、6歳以上だった馬は3着内率10.8%とやや苦戦している。6歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
5歳以下 10-8-5-61 11.9% 21.4% 27.4%
6歳以上 0-2-5-58 0% 3.1% 10.8%

臨戦過程がポイント

過去10年の3着以内馬延べ30頭中9頭は、前走がGⅠ・GⅡだった。該当馬は3着内率も37.5%と優秀な水準に達している。格の高いレースを経由してきた馬は相応に高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走の条件 着度数 勝率 連対率 3着内率
GⅠ・GⅡ 5-2-2-15 20.8% 29.2% 37.5%
GⅠ・GⅡ以外 5-8-8-104 4.0% 10.4% 16.8%
  • 注記:GⅡには地方競馬で行われたJpnⅡを含む

なお、前走がGⅠ・GⅡ以外だった馬のうち、前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.4秒以上だった馬は3着内率8.0%と苦戦している。前走が格の高いレースでなかったにもかかわらず大敗を喫していた馬は、上位に食い込む可能性が低いとみておきたい。〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表3〕前走がGⅠ・GⅡ以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順ならびに前走の1着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
着順が1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が0.3秒以内 5-6-4-35 10.0% 22.0% 30.0%
着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.4秒以上 0-2-4-69 0% 2.7% 8.0%

年明け以降の重賞で連対を果たしていた馬は堅実

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、同年のJRA重賞において2着以内に入った経験がある馬だった。該当馬は3着内率も48.9%と優秀な水準に達している。既に2022年の重賞で連対している馬は有力とみてよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕同年のJRA重賞において2着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-5-23 20.0% 37.8% 48.9%
なし 1-2-5-96 1.0% 2.9% 7.7%

なお、同年のJRA重賞において2着以内に入った経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った8頭のうち6頭は、前走の着順が5着以内、かつ出走頭数が17頭以上だった。2022年の重賞で連対していない馬同士を比較する際は、多頭数のレースで5着以内に入った直後の馬を重視するべきだろう。〔表5〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕同年のJRA重賞において2着以内に入った経験がなかった馬の、前走の着順ならびに出走頭数別成績(過去10年)
前走の着順ならびに出走頭数 着度数 勝率 連対率 3着内率
着順が5着以内、かつ出走頭数が17頭以上 1-1-4-12 5.6% 11.1% 33.3%
着順が6着以下、もしくは出走頭数が16頭以下 0-1-1-84 0% 1.2% 2.3%

ここ2年は前走で先行していた馬が優勢

中京・芝1200メートルで行われた過去2年の3着以内馬6頭は、いずれも前走の4コーナー通過順が6番手以内だった。今年も中京・芝1200メートルで行われるので、前走の4コーナーを7番手以下で通過していた馬は過信禁物とみておきたい。〔表6〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕前走の4コーナー通過順別成績(過去2年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
6番手以内 2-2-2-13 10.5% 21.1% 31.6%
7番手以下 0-0-0-15 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

実績馬が強い

過去10年の優勝馬延べ10頭は、いずれも前走が重賞、かつ同年3月以降のJRA重賞において5着以内に入った経験がある馬だった。なお、この10頭は年齢が5歳以下だった点も共通している。ちなみに、2007年から2011年の優勝馬5頭も、これらの条件を全てクリアしていた。重賞以外のレースを経由してきた馬、ここ半年の重賞で5着以内に入っていない馬、そして6歳以上の馬は、勝つ可能性が低いとみるべきだろう。〔表7〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表7〕優勝馬の、前走(格)、同年3月以降のJRA重賞における最高着順、年齢(過去10年)
年次 優勝馬 前走(格) 同年3月以降のJRA重賞における最高着順 年齢
2012年 エピセアローム 北九州記念(GⅢ) 2着(チューリップ賞) 3歳
2013年 ハクサンムーン アイビスサマーダッシュ(GⅢ) 1着(アイビスサマーダッシュ) 4歳
2014年 リトルゲルダ 北九州記念(GⅢ) 1着(北九州記念) 5歳
2015年 アクティブミノル ニュージーランドT(GⅡ) 2着(ファルコンS) 3歳
2016年 ビッグアーサー 高松宮記念(GⅠ) 1着(高松宮記念) 5歳
2017年 ファインニードル 北九州記念(GⅢ) 5着(北九州記念) 4歳
2018年 ファインニードル チェアマンズスプリントプライズ(G1) 1着(高松宮記念) 5歳
2019年 タワーオブロンドン キーンランドC(GⅢ) 1着(京王杯スプリングC) 4歳
2020年 ダノンスマッシュ 安田記念(GⅠ) 1着(京王杯スプリングCほか) 5歳
2021年 レシステンシア ヴィクトリアマイル(GⅠ) 2着(高松宮記念) 4歳

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: