今週の注目レース

新潟記念(GⅢ)

新潟競馬場 2000メートル(芝・外)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析

夏競馬を締めくくるハンデ重賞

夏の新潟開催の最終週に行われる重賞が新潟記念。サマー2000シリーズの最終戦であるため、シリーズチャンピオンの座をかけて、長い直線で熾烈な追い比べが繰り広げられる。多頭数で混戦模様になりやすいハンデ戦だけに、過去の傾向も参考にしたいところ。過去10年の結果を中心に傾向を探ってみた。

大型馬の相性が良いレース

新潟外回りの芝2000メートルは直線部分の長い外回りコースを使ったコーナー2回のレース。大型で器用さを欠くタイプでも走りやすいためか、馬体重が重い馬の成績が良くなっている。出走頭数は少ないものの、馬体重521キログラム以上の馬は〔3・0・1・5〕という好成績を残している。まずは馬体重をチェックだ。〔表1〕

〔表1〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
470kg以下 2-1-2-50 3.6% 5.5% 9.1%
471kg以上 8-9-8-89 7.0% 14.9% 21.9%

ハンデ56キログラムから57キログラムの馬が有力

ハンデ戦であるため出走各馬の斤量差が大きくなるが、その中でも軽すぎず重すぎずのハンデとなった馬が有力で、特に56キログラムから57キログラムの好走率が高く出ている。53キログラム以下の軽ハンデ馬は2013年を最後に連対しておらず、57.5キログラム以上の馬も連対が2例にとどまっている。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
53kg以下 1-0-3-35 2.6% 2.6% 10.3%
54kg〜55kg 4-2-4-53 6.3% 9.5% 15.9%
56kg 4-3-0-22 13.8% 24.1% 24.1%
56.5kg 0-1-0-0 0% 100% 100%
57kg 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
57.5kg 0-1-0-10 0% 9.1% 9.1%
58kg 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%

栗東所属のジョッキーが好調

騎手の所属別の成績では、栗東所属のジョッキーの成績が良くなっている。ジョッキー個別の成績では、M.デムーロ騎手が“ミスター新潟記念”と呼んでも差し支えないような成績で、過去10年で6回騎乗して2着以内が5回ある(2015年1着パッションダンス、2017年2着アストラエンブレム、2019年・2020年2着ジナンボー、2021年1着マイネルファンロン)。〔表3〕

〔表3〕騎手の所属別成績(過去10年)
騎手の所属 成績 勝率 連対率 3着内率
美浦 3-5-7-108 2.4% 6.5% 12.2%
栗東 6-5-3-30 13.6% 25.0% 31.8%
海外 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%

サマー2000シリーズの転戦馬が活躍

前走別の成績を見ると、新潟記念はサマー2000シリーズの最終戦にあたるだけに、前走でもシリーズの対象レースに出走していた馬がよく馬券に絡んでいるようだ。ちなみに、前走が同シリーズの対象レースである表の3レース(小倉記念、函館記念、七夕賞)のいずれかで、そこで2着以内に入っていた馬の成績は〔4・2・1・10〕(3着内率41.2%)となっている。〔表4〕

〔表4〕主な前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
小倉記念 3-1-4-20 10.7% 14.3% 28.6%
函館記念 2-2-0-10 14.3% 28.6% 28.6%
七夕賞 1-3-1-14 5.3% 21.1% 26.3%
日本ダービー 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
天皇賞(春) 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
クイーンS 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
常総S 1-0-0-0 100% 100% 100%
  • 注記:優勝馬が出ているレースのみ掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の位置取りと父・母の父に注目

新潟記念は長い直線を生かした差し・追い込み馬の台頭が多い重賞だが、近年の優勝馬の多くは前走では4コーナーを7番手以内で通過していた。また血統に注目すると、父か母の父にディープインパクトかキングカメハメハを持つ馬が多くなっている。〔表5〕

(姫園 淀仁)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕優勝馬の前走の4コーナー通過順、父、母の父(過去8年)
年度 優勝馬 前走の4コーナー通過順 母の父
2014年 マーティンボロ 5番手 ディープインパクト Nureyev
2015年 パッションダンス 5番手 ディープインパクト ジェイドロバリー
2016年 アデイインザライフ 7番手 ディープインパクト サクラバクシンオー
2017年 タツゴウゲキ 5番手 マーベラスサンデー Singspiel
2018年 ブラストワンピース 4番手 ハービンジャー キングカメハメハ
2019年 ユーキャンスマイル 7番手 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2020年 ブラヴァス 4番手 キングカメハメハ ディープインパクト
2021年 マイネルファンロン 先頭 ステイゴールド ロージズインメイ

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: