今週の注目レース

札幌記念(GⅡ)

札幌競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

2021年 ソダシ

2021年 ソダシ

2020年 ノームコア

2020年 ノームコア

2019年 ブラストワンピース

2019年 ブラストワンピース

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

札幌記念は、1965年に3歳以上・ハンデキャップの重賞として創設され、第1回は札幌競馬場の砂コース2000メートルで行われた。馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われた。

1989年に、札幌競馬場に芝コースが新設されたが、芝の育成・保護のため芝コースの運用は翌1990年から始まり(1989年の札幌記念はダート1700メートルで開催)、それ以降本競走は芝2000メートルで行われている。また、負担重量は1997年にハンデキャップから別定重量となったのち、2006年に実力馬の参戦を促す観点から定量に変更された。

2006年から「サマー2000シリーズ」の第4戦に指定され、秋の中・長距離GⅠ戦線を展望する一戦としてだけでなく、シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要なレースとなっている。

コースの特徴

コース図

札幌・芝2000メートル

4コーナー奥のポケットからスタートしてコースを1周する。1コーナーまでの距離は約380メートルと十分で、外枠からでも先手を奪うことは難しくない。ゴール前の直線は269.1メートル(Cコース使用時)。コース全般にわたって目立った起伏はなく平坦で、4つのコーナーが全て大回りになっているので、ペースが極端に緩みにくいのが特徴。他場の芝2000メートルに比べて緩急が少なく、平均して速いペースで流れることが多い。能力がある馬ならばマイル近辺を得意とするタイプでも勝ち負けすることが可能だ。札幌競馬場は水はけの良さの影響もあって馬場が悪化しづらく、同じ洋芝コースでも函館競馬場より速い時計の決着になりやすい。スピードの持続力が第一に求められるコースだ。

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: