今週の注目レース

テレビ西日本賞北九州記念(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析

波乱傾向が強い短距離のハンデ重賞

サマースプリントシリーズが全6戦となった2012年以降、当レースの優勝馬のうち4頭がシリーズチャンピオンに輝いている。シリーズの行方を占う一戦は、単勝1番人気馬が13連敗中で、過去10年の優勝馬は10頭中7頭が6番人気以下だった。2014年、2017年と2度も3連単で“100万馬券”が飛び出すなど波乱の決着が目立つ一戦について、過去10年の結果から好走馬の特徴を探っていく。

中心はシリーズ対象レースからの転戦馬

サマースプリントシリーズの第4戦ということもあり、過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は前走もシリーズ対象レースであるアイビスサマーダッシュまたはCBC賞だった。そんな中、3勝クラスの佐世保Sおよび2勝クラスのレースから臨んだ馬が、頭数は少ないながらも高い好走率を記録している。佐世保Sは小倉・芝1200メートルが舞台、2勝クラス組の2頭も前走は小倉・芝1200メートル戦だったので、このコースで行われた条件クラスのレースから臨む馬は軽視禁物といえそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
アイビスサマーダッシュ 3-3-2-30 7.9% 15.8% 21.1%
CBC賞 3-1-3-33 7.5% 10.0% 17.5%
その他の重賞 0-2-2-22 0% 7.7% 15.4%
オープン特別 2-1-2-39 4.5% 6.8% 11.4%
佐世保S(3勝クラス) 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
その他の3勝クラス 0-1-0-12 0% 7.7% 7.7%
2勝クラス 1-1-0-0 50.0% 100% 100%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

ハンデが重めの牝馬と3歳牝馬に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中17頭は牝馬で、なかでも負担重量が55キログラム以上だった馬が〔2・3・2・10〕(3着内率41.2%)と好成績を残している。重めのハンデは実績を評価されてのことだけに、実績上位の牝馬は評価を上げるべきだろう。また、ここ4年は3歳牝馬が〔1・1・1・4〕(3着内率42.9%)と活躍しており、軽めのハンデが望める3歳牝馬も押さえておきたい。〔表2〕

〔表2〕性別成績(過去10年)
性別 成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 5-5-3-81 5.3% 10.6% 13.8%
5-5-7-59 6.6% 13.2% 22.4%

距離実績を重視

過去10年の優勝馬10頭のうち8頭には芝1200メートルのJRA重賞で3着以内に入った経験があった。また、この経験を持つ単勝6番人気から9番人気の馬は、〔6・0・2・13〕(勝率28.6%、3着内率38.1%)と上々の成績を残している。ここ4年は芝1200メートルのJRA重賞で3着以内の経験があった馬が〔4・3・3・24〕と、3着以内馬延べ12頭中10頭を占めていることも踏まえれば、スプリント重賞での実績を加味して予想したい。〔表3〕

〔表3〕芝1200メートルのJRA重賞で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-4-4-60 10.5% 15.8% 21.1%
なし 2-6-6-80 2.1% 8.5% 14.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

夏場の実績も要チェック

〔表1〕で触れたように、サマースプリントシリーズの対象レースや条件クラスの小倉・芝1200メートルから臨んだ馬の活躍が顕著。また、過去10年の優勝馬の前走はいずれも7月以降で、各馬の7月から夏競馬の最終週(9月1週目)までの過去の全成績を調べると、全馬が1勝以上、かつ3着内率50.0%以上の成績を残していた。厳しい暑さが続く時期だけに、やはり夏競馬で実績を残している馬を狙うのが得策のようだ。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕優勝馬の前走の日付と7月から9月1週目までの成績(過去10年)
日付 馬名 前走の日付 7月から9月1週目までの成績 7月から9月1週目までの3着内率
2012年 スギノエンデバー 7月29日 2-0-2-0 100%
2013年 ツルマルレオン 7月14日 1-1-0-2 50.0%
2014年 リトルゲルダ 8月3日 2-1-2-1 83.3%
2015年 ベルカント 8月2日 2-1-0-2 60.0%
2016年 バクシンテイオー 7月17日 2-1-1-3 57.1%
2017年 ダイアナヘイロー 7月30日 1-0-0-0 100%
2018年 アレスバローズ 7月1日 1-1-1-2 60.0%
2019年 ダイメイプリンセス 7月28日 3-1-0-3 57.1%
2020年 レッドアンシェル 7月5日 1-0-1-0 100%
2021年 ヨカヨカ 7月4日 2-0-0-1 66.7%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: