今週の注目レース

アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

新潟競馬場 1000メートル(芝・直線)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ヴェントヴォーチェ

牡5歳

調教師:牧浦充徳(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:ランウェイスナップ
  • 母の父:Distant View
ここに注目!

前走の函館スプリントSは、7着とはいえ2着馬と0秒1差。初の重賞挑戦、しかもそれまでに経験したことのない速い流れで健闘できたことは今後の糧となるだろう。新潟・直線芝1000メートルは2勝目を挙げた舞台。躍進が可能だ。

2勝目の1勝クラス・はやぶさ賞(新潟・芝1000メートル)が着差以上の完勝。外ラチ沿いの逃げ馬の後ろを確保すると、レース半ばまで手応え十分に追走し、前の馬がふらつくロスをものともせず力強く抜け出してきた。見た目も強かったが、走破時計も翌日の2勝クラスの勝ちタイムを1秒0も上回るもの。当時から直線競馬に対するセンスを見せていた。3勝目の後に長期休養へ。その後も続けて使えない状況があったが、今年4月の春雷S(リステッド・中山・芝1200メートル)でオープンクラス初勝利。コースレコードに0秒1差の好時計で、ここにきて本格化の様相を見せている。前走は重賞の壁に跳ね返されたが、今回は挑戦2度目。もっとやれるはずだ。

マリアズハート

牝6歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:Shanghai Bobby
  • 母:Maria's Dance
  • 母の父:Maria's Mon
ここに注目!

オープンクラス2勝がいずれも新潟・直線芝1000メートル。ともにハンデ戦の外枠ではあったが、2戦2勝なら適性の高さは疑いようがない。何しろ、ゴール前は重賞でもと思わせるほどの抜群の伸びを見せた。ここも上位争いになりそうだ。

初の直線競馬だった昨秋のルミエールオータムダッシュ(リステッド)は、ハンデ53キログラムでの勝利。同じくハンデ戦だった前走のオープン特別・韋駄天S(ともに新潟・芝1000メートル)は54キログラムでの勝利。適性の高さは当然のことながら、ハンデが増えても勝っている点がパワーアップの証でもある。4走前には芝1200メートルのオープン特別・カーバンクルS(中山)でも0秒1差の2着に好走しており、決して直線競馬特化型ではなく、器用な競馬もできるタイプ。外枠以外の枠順でも問題なく力を出せそうだ。前走から間隔は空いたが、前記ルミエールオータムダッシュを勝った時も休養明け。むしろ久々こそ結果を出せる印象もある。

マウンテンムスメ

牝4歳

調教師:中野栄治(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:ヤマガール
  • 母の父:ストーミングホーム
ここに注目!

2勝クラス、3勝クラスと連勝中。オープン戦も昨年のルミエールオータムダッシュ(リステッド・新潟・芝1000メートル)で経験し、48キログラムのハンデとはいえ2勝クラスの身で4着に健闘している。当時より力をつけていることは明白。ここでも侮れない。

2勝目が直線競馬の1勝クラス・稲光特別。続くルミエールオータムダッシュ(リステッド)は2階級の格上挑戦ながら、勝ったマリアズハートと0秒2差の4着に健闘した。48キログラムのハンデが奏功したこともあるだろうが、直線競馬の適性の高さを示すには十分な内容だった。これが契機になったのか、その後は休養を挟んで2着、3着、1着、1着の充実ぶり。力をつけていることは間違いない。控える形も可能だが、前走の3勝クラス・UHB杯(函館・芝1200メートル、1着)がそうだったように、ベストはスピードに任せて押し切る競馬か。このあたりは、同じアドマイヤムーン産駒で本競走4着、1着のハクサンムーンをほうふつとさせる。

オールアットワンス

牝4歳

調教師:中舘英二(美浦)

  • 父:マクフィ
  • 母:シュプリームギフト
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

昨年の本レース勝ち馬。初の直線競馬ながら、早め先頭から押し切る強い内容だった。その後の苦戦は気になるものの、休み休みであるうえ、前走は直線競馬での内枠も響いた感。昨年輝いた舞台なら、一変があっても驚けない。

昨年は葵S3着からのローテーションで本レースを優勝。その葵Sがハイレベルだった。勝ったレイハリアは次走キーンランドCも勝って重賞を連勝。2着のヨカヨカはCBC賞5着後に北九州記念を勝っており、それらと同等に走れていた本馬が、昨年の本レースに51キログラムの斤量で出走して1番人気の支持に応えた。今後の短距離路線を担う逸材と目されていただけにその後の3戦は物足りない印象だが、馬場コンディション、枠順などかみ合わなかった要素もある。少なくとも近走だけで見限るのは早計だろう。暑い時季が合うのか、直近の調教で急上昇。見直しが必要だ。

ライオンボス

牡7歳

調教師:和田正一郎(美浦)

  • 父:バトルプラン
  • 母:ウーマンインレッド
  • 母の父:ステイゴールド
ここに注目!

本レースは過去3年で1着、2着、2着。昨年のオープン特別・韋駄天S(9着)、ルミエールオータムダッシュ(リステッド・ともに新潟・芝1000メートル、13着)は58キログラムの斤量で結果を出せなかったが、いずれもハンデ戦でのもの。別定戦なら実績を信頼できる。

新潟・芝1000メートルの直線競馬は1着、1着、1着、2着、1着、2着、9着、2着、13着。連対を外した2戦はともにハンデ戦の58キログラムだった。一見、斤量がこたえているように思うかもしれないが、一昨年のオープン特別・韋駄天Sは57.5キログラムのハンデを背負って優勝。2年連続の2着だった昨年の本レースでも57キログラムの斤量を背負っていた。自身の負担重量だけがパフォーマンス低下を及ぼしたとは考えにくく、軽ハンデ馬との斤量差がこたえていた印象だ。今年は昨年のオールアットワンス(51キログラム)のような軽量馬がおらず、4キログラムの斤量差に収まっている。これなら、58キログラムでも好勝負になりそうだ。

アヌラーダプラ

牝5歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ポロンナルワ
  • 母の父:Rahy
ここに注目!

前走の2着馬タイセイアベニールが今年の函館スプリントSで3着。それをハナ差とはいえ負かしているあたり、素質の高さは推して知るべし。少し休養は長いが、もともと久々は走るタイプ。初戦から注目だ。

新馬、1勝クラスと連勝。直線で楽に突き抜けた末脚もさることながら、マークしたラップも優秀で、当然のように牝馬クラシック路線へと向かった。しかし、気の強さが増したこともあってか、フィリーズレビュー(9着)後は短距離路線に。1200メートルに専念してから1着、6着、3着、1着、1着と軌道に乗った。今回は昨年8月のオープン特別・UHB賞(札幌・芝1200メートル)以来となるが、そのUHB賞も骨折明けで勝利。気持ちの強さを思えば、むしろ休養を挟んだほうが力を出せる感もある。実際この中間も調教で軽快な動きを見せており、攻め量も十分。気性面から初めての直線競馬も向いていそうだ。注目の復帰戦となる。

トキメキ

牝5歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:リーベストラウム
  • 母の父:ゼンノエルシド
ここに注目!

今回がオープンクラス昇級初戦だが、連闘、格上挑戦で臨んだ昨年の本レースで4着と健闘しており、むしろ実績上位という見方もできる。前走はそれ以来の直線競馬で完勝。力をつけている一頭で、昨年以上に走れていい。

前走の3勝クラス・駿風S(新潟・芝1000メートル)は内枠の3番ゲートから出走。外に持ち出せず終始内を通る形になったが、最後は外から伸びてきた馬をねじ伏せるかのように差し切った。2着が続いていたように3勝クラスでは力上位であったことは確かだろうが、直線競馬への適性の高さを感じさせる中身の濃い内容だった。その後は本レースを目標に帰厩し、6月末から熱心に乗り込まれている。7月20日は実戦並みの併せ馬でびっしりと追われて、これで出走態勢も整っただろう。昨年よりもゆとりを持ったローテーションで臨めるうえ、地力強化も窺える現況。昨年以上の成績が期待できる。

シンシティ

牝5歳

調教師:木原一良(栗東)

  • 父:サウスヴィグラス
  • 母:ジェネロシティー
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

前走のオープン特別・韋駄天S(新潟・芝1000メートル、3着)がデビュー以来初の芝起用。52キログラムの斤量もあったかもしれないが、勝ち馬にかわされてからもしぶとく粘っていたあたり、適性と直線競馬向きの勝負根性が窺えた。舞台2度目なら軽視はできない。

ダートで全4勝。うち2勝が1000メートル、4勝全てが逃げ切りだった。明確に行き切ってこそ力発揮できるタイプで、気性面からも直線競馬に合致する素養を持っていると言える。短距離馬らしく、もともと調教でも動くタイプ。ジョッキー騎乗ではあったが7月20日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒4の自己ベストタイムをマークした。前走をきっかけにさらなる成長を遂げている様子だ。時計短縮や斤量増など克服すべき課題は少なくないが、乗り越えるだけの下地はありそう。直線競馬向きのスピードでサッとハナを切ることができれば、最後まで頑張り通す可能性もある。

(山下 健)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: