今週の注目レース

函館2歳ステークス(GⅢ)

函館競馬場 1200メートル(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

スプレモフレイバー

牡2歳

調教師:久保田貴士(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:キャレモンショコラ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

母キャレモンショコラは芝・ダートの短距離を計4勝、半兄サイクロトロン(父ロードカナロア)はダート1200メートルで4勝を挙げている。本馬は単勝オッズ1.7倍の1番人気に応えたメイクデビュー函館(芝1200メートル)に続いて、ここも期待十分だ。

前走のメイクデビュー函館は無理をせずにハナを奪取。自分のリズムを守りながら先頭をキープし、直線はノーステッキのまま走り抜けた。2戦目を見据えた調整の中で勝ち切った内容に、ポテンシャルの高さを感じさせた。騎乗した吉田隼人騎手は「1歩目でスッと反応してくれたのでハナへ。無理して行ったわけではないです。今後、競馬を覚えさせていけば可能性も広がると思います」と話した。父ダイワメジャーに母の父サクラバクシンオーという、いかにもスピードに長けた血統背景。軽さだけでなくパワーも感じさせる走りから、開催が進んだ洋芝もこなせそうだ。馬名の意味は「コーヒー豆の品質、規格+冠名」。

クリダーム

牡2歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ブーケトウショウ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

重賞3勝の祖母マザートウショウは、ちょうど30年前の本レース(当時は函館3歳S)で初タイトルを手にした。本馬はメイクデビュー函館(芝1200メートル、1着)でセンスの良さを披露。ここでも安定した走りを見せられそうだ。

秀逸な内容だったデビュー戦。前半600メートル通過タイム34秒1の締まったペースを楽に2番手で追走した。4コーナーで楽々と先頭に立つと、2着ミシェラドラータを1/2馬身振り切って勝利。1分09秒5の好タイムで、2着馬が次戦をすぐに勝ち上がっている点にも注目したい。騎乗した武豊騎手は「気性が前向き過ぎるのは今後心配だけど、能力のある馬ですね。まずはデビュー戦を勝つことができてよかったです」と喜んでいた。好位からの競馬を経験できたのは大きな収穫。また、中間のさらなる上昇にも期待できる。初戦以上の走りをする可能性は高い。馬名の意味は「魂の叫び(仏)」。

アスクドリームモア

牡2歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:マリンフェスタ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

母マリンフェスタが芝の1000メートルから1200メートルで8連対。本馬は、9日のメイクデビュー函館(芝1200メートル)を好位から鋭く伸びて勝利した。ここは連闘勝負となるが、函館滞在なら調整はしやすい。

函館2歳Sの1週前に行われた前走のメイクデビュー函館は中団の外を追走。4コーナー手前でまくり気味にポジションを押し上げた。最後は2着馬を1/2馬身競り落として初戦を飾った。騎乗した藤岡佑介騎手は「じわっと全体的に動いていく競馬をしてほしいと言われていたので。外枠から上手な競馬ができました。大跳びで気性は大人びています」と、2歳馬らしからぬ走りを高く評価。外枠を見事にクリアし、次戦につながる内容だった。半兄レンイングランド(父クロフネ)には、函館2歳Sと同舞台の2015年函館スプリントSで3着の実績がある。2週連続Vで初重賞タイトルを目指す。馬名の意味は「冠名+もっと夢を」。

オマツリオトコ

牡2歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:ヴィットリオドーロ
  • 母:マツリバヤシ
  • 母の父:スマートボーイ
ここに注目!

ダートながら、メイクデビュー函館(1000メートル)の勝ち方が鮮烈。好位から鋭く伸びて後続を5馬身突き放し、脚力の違いを見せつけた。未経験の芝への適性は未知数だが、能力的には十分に通用するだろう。

前走のメイクデビュー函館は中団前めを追走。4コーナーで脚力の違いを見せて楽々と抜け出すと、直線は独走態勢に。2着馬を5馬身突き放し、1000メートルでは決定的な力差を見せつけた。騎乗した横山武史騎手は「強いけどまだ粗削りです。スタートも練習では速かったけど、今日は出ませんでした。そのあたりを克服してくれれば1200メートルでもやれそうです」と、課題を口にしつつ能力を評価した。過去10年の函館2歳Sで前走ダート組はわずか1連対(2020年ルーチェドーロの2着)。それでも、調教では芝コースで素軽い走りを見せており、秘めるポテンシャルに期待したい。馬名の意味は「祭り好きな男。母名より連想」。

ブトンドール

牝2歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ビッグアーサー
  • 母:プリンセスロック
  • 母の父:スウィフトカレント
ここに注目!

母プリンセスロックがダートの短距離戦で6連対。スプリント戦で光るスピードは母譲りと言えるだろう。本馬は稍重馬場のメイクデビュー函館(芝1200メートル)を勝利し、タフな洋芝への適性も証明済みだ。

前走のメイクデビュー函館は好位からの競馬に。無理なく道中をクリアすると、直線は瞬時に抜け出した。2着馬には1馬身1/2差、3着以下は4馬身以上突き放し、力の差を見せつけた形だ。騎乗した鮫島克駿騎手は「調教の本数をあまりやっていなかったのに、いいレースができました。次回はもっと上積みがあると思います」と、ここでの上昇を予言している。勝ち時計の1分11秒1は他馬との比較で地味に映るが、稍重の馬場でマークしたもの。むしろ、開催最終週で力を要するコンディションになってきた函館芝コースにおいて、適性を示したとも言えるだろう。馬名の意味は「金のボタン(仏)」。

ニシノシークレット

牡2歳

調教師:村田一誠(美浦)

  • 父:リーチザクラウン
  • 母:ニシノラピート
  • 母の父:サウスヴィグラス
ここに注目!

メイクデビュー函館(ダート1000メートル)はスピードの違いで逃げ切り、2着馬を5馬身突き放す圧勝劇だった。重馬場のダートで見せた素軽い走りを見れば、芝でも同じように走れそうな雰囲気がある。

ダート1000メートルを選択した初戦。スピードの違いで一気に逃げると、最後は後続を5馬身も突き放した。2着馬ワタシダケドナニカは次戦をすぐに勝ち上がっており、質の高い一戦だった。騎乗した勝浦正樹騎手は「走ると思っていました。時計的にも優秀ですし、まだまだ余裕があります」と称賛。管理する村田一誠調教師は「将来的にはダートになりそうですが、試せるタイミングがここしかないので、函館2歳Sに向かいます」と話した。重馬場でスピードの出るダートをクリアしたことからも、芝のラップに対応する可能性は十分。2020年にダート初勝利から挑んで2着に好走したルーチェドーロも、不良馬場で勝ち上がっていた。馬名の意味は「冠名+秘密」。

ロッソランパンテ

牝2歳

調教師:杉浦宏昭(美浦)

  • 父:エピファネイア
  • 母:マウロア
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

函館デビューの馬が多いなか、本馬はメイクデビュー東京(芝1400メートル)を勝っての挑戦。その前走は好位からしぶとく伸びる根性を見せた。タフな東京の直線を制した経験値は頼もしい。

13頭立ての8番人気だったデビュー戦。好位のインから鋭く抜け出し、しぶとい走りで踏ん張った。最後は2着馬をクビ差退け、世界的な良血馬コンエネルジア(4着)にも先着した。騎乗した三浦皇成騎手は「一生懸命だけど、抜け出すとソラを使うしモタれるところもありました。それでも勝つあたりがセンスのいい馬なのでしょう。今後は気持ちのコントロールが上手になれば」と評価した。函館2歳Sは過去10年で前走函館組が全勝。それでも前走東京組(6頭がエントリー)にも2013年トーセンシルエットの3着がある。本馬とは「東京・芝1400メートルを人気薄で勝った牝馬」という共通点があり、ここでも侮れない。馬名の意味は「赤(伊)+跳ね馬(伊)」。

ニーナブランド

牝2歳

調教師:高橋裕(美浦)

  • 父:ダンカーク
  • 母:カルディア
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

半姉リトス(父シルバーステート)が昨夏の札幌・芝1200メートルで勝利し、母カルディアは地方・門別競馬で4連対。北海道の地で良さが出る血統だ。小柄な牝馬だが、パワーを求められる洋芝への適性は十分に備えている。

前走のメイクデビュー函館(芝1000メートル)は、好スタートから先頭を奪取。軽快に道中をクリアし、余裕のあるフットワークで運んだ。最後は外から迫った2着馬を1馬身1/2振り切り、ラップも大きく落とさずにゴールイン。騎乗した鮫島克駿騎手は「すごくスピードがあるので、その速さを殺さないよう運びました。リズム良く運べましたし、直線もしっかり反応してくれました」と納得の口ぶり。管理する高橋裕調教師は「早い時期から練習を積んでいたので、ゲートは負けないと思っていました。距離は1ハロン延びても大丈夫そうです」と話した。昨年の本レースでは同厩舎所属の半姉リトスが8着に敗れており、そのリベンジも果たしたい。馬名の意味は「ドイツの女性名+商標」。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: