今週の注目レース

プロキオンステークス(GⅢ)

小倉競馬場 1700メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

2021年 メイショウカズサ

2021年 メイショウカズサ

2020年 サンライズノヴァ

2020年 サンライズノヴァ

2019年 アルクトス

2019年 アルクトス

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

プロキオンSは、1996年にダート重賞路線の整備の一環として、阪神競馬場・ダート1400メートルを舞台とする4歳以上・別定の重賞競走として創設された。2012年の番組改定により開催場が中京競馬場に変更となり、それに伴いレース名も「東海テレビ杯プロキオンステークス」に改められたが、翌2013年にレース名が「プロキオンステークス」に戻された。なお、1999年までは桜花賞の翌週に行われていたが、2000年に夏季開催へ移設されたことに伴い、出走資格が3歳以上に変更となった。また、昨年に続いて今年も開催日程の変更により小倉競馬場で行われる。

競走名のプロキオン(Procyon)はこいぬ座のアルファ星。シリウス(おおいぬ座)、ベテルギウス(オリオン座)とともに「冬の大三角形」を形作る恒星である。

コースの特徴

コース図

小倉・ダート1700メートル

スタート地点はホームストレッチの4コーナー寄りで、1コーナーまでの距離は約340メートル。1コーナーに入ると上り勾配になるので、ここで一旦ペースが落ち着いて先行勢には息が入る。1コーナーと2コーナーの中間付近がコースの最高地点になっていて、そこから4コーナーまで長く緩やかに下っていく。ゴール前の直線はほぼ平坦で291.3メートル。上って下ってゴール、というコースレイアウト。コース後半が下り基調のため、知らず知らずのうちにスピードに乗りやすい。強いメンバーの争いになるほど早めのスパートを強いられる。タフさが求められるコースで、バテた馬が脱落して最後まで脚が続いた馬が勝ち負けを競う、というレース展開になりやすい。

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: