今週の注目レース

七夕賞(GⅢ)

福島競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

ヒートオンビート

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マルセリーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

オープンクラス入り後は2着、2着、8着、2着、3着、3着、4着の安定感。とりわけ前走の天皇賞(春)での4着は、今回のメンバーでは抜けた実績と言える。昨年のチャレンジCが2着、今年の中山金杯が3着と、2000メートルの重賞でも好走。戴冠の絶好機だ。

前走の天皇賞(春)は4着。上位との着差こそ大きかったが、最後までしぶとく脚を使っていた。前々走の日経賞では勝ったタイトルホルダーとクビ+クビ差の3着。これだけでも十分な実績だが、割って入った2着馬ボッケリーニが次走で目黒記念を勝利している。前述の天皇賞を含め、強豪馬と互角に戦えているあたり、目下の地力強化は疑いようがない。今回は一気の距離短縮となるが、2000メートルの重賞でも実績あり。舞台を問わないうえ脚質に自在味がある点も強調材料だ。宝塚記念を目指していた分、仕上がりも良好。初のタイトル奪取へ機は熟した。

アンティシペイト

牡5歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アンチュラス
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

前走の福島民報杯(リステッド・福島・芝2000メートル)でオープンクラス初勝利を挙げた。4コーナー先頭での5馬身差快勝は力がなければできない業。それまでは大きな着順が続いていただけに、ここにきてはっきり馬が変わってきたと言えそうだ。

特筆すべきは前走・福島民報杯(リステッド)の勝ち方。前半1000メートル通過タイム57秒7というハイペースのなか、バックストレッチで早くも動き出し、4コーナー先頭で直線へ。そこから最後まで脚色が衰えずの圧勝だった。見た目にも強かったが、時計も優秀。1分59秒台はそのまま例年の七夕賞、福島記念で勝ちタイムになり得るレベルだ。前走と同じだけ走ればここでも上位争いは確かだろう。条件クラスでは2000メートル超の距離に実績のあった馬。それが2000メートルの速い流れに対応し、しかも自ら機動力を発揮して勝ったあたり、本格化のムードが漂う。連勝で重賞勝ちを決めたい。

ヴァンケドミンゴ

牡6歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アンフィルージュ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

関西馬ながら全4勝が福島という個性派。当然、当地の重賞も狙って使われており、七夕賞は一昨年3着、昨年12着。福島記念は一昨年2着、昨年6着。脚をためてこそのタイプだけに成績は安定しないが、何しろ福島では伸びが抜群だ。

昨年の七夕賞は12着と福島巧者らしからぬ敗戦を喫したが、2番手の馬と逃げた馬で決まったレース。見た目からして展開が不向きで、加えて水分を含んだ馬場状態(稍重)、開催前半のきれいな馬場コンディションも、本馬には合っていなかったと言えそうだ。その後は大事に使われて3戦を消化。特に3走前のカシオペアS(リステッド・阪神・芝1800メートル)では上がり3ハロン33秒0(推定)の脚でクビ差の2着に好走。終いの鋭さに磨きがかかった印象も受けた。前走のオープン特別・関門橋S(小倉・芝2000メートル)でも身上の一瞬の脚を発揮して4着に入り、あらためて力のあるところを見せている。今年こそ末脚一閃を狙いたい。

ヒュミドール

せん6歳

調教師:小手川準(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:アヴェクトワ
  • 母の父:チチカステナンゴ
ここに注目!

昨年の福島記念の2着馬。適性と力は証明済みと言える。その後の2戦は結果が出ていないが、ともに強豪相手で自分の競馬ができなかった感もある。実績あるコースに戻れば一変の可能性は十分。英気を養った効果も期待できる。

もともとはダートで2勝。新馬戦以来の芝起用だった2020年の2勝クラス・信夫山特別(福島・芝2600メートル)を勝って以降は芝に専念。同年秋のオープンクラス入り後は健闘までというレースが続いたが、変わり身を見せたのが昨年の小倉記念だった。ハンデ戦に加えて9頭立てで競馬がしやすい面はあったかもしれないが、直線で1度先頭に立つ場面を作って2着。最後は差し切りを許したが、4コーナーで大外を回っていた分、一番強い競馬をしているようにも見えた。昨秋の福島記念も2着。勝ったパンサラッサは強かったが、本馬もあらためて小回り2000メートルへの適性の高さを示した。今回の条件なら変わり身がありそうだ。

フォルコメン

せん6歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:イマーキュレイトキャット
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

昨年5歳秋にしてオープンクラス入り。その後も使いつつ力をつけて、前走のダービー卿チャレンジT(2着)がオープンクラス初の連対となった。福島コースは今回が初めて。2000メートルの距離も久しぶりだが、晩成ゆえにまだまだ成長の余地がありそうだ。

全4勝が1600メートル。前走で2着のダービー卿チャレンジTも1600メートルだった。今回は距離克服に焦点が集まるところだが、そのダービー卿チャレンジTは後方から直線で一気に追い上げてアタマ差の2着。後ろの馬に展開が向いた面はあったのかもしれないが、あのレースぶりなら2000メートルも対応できそうだ。少なくとも位置取りの面ではプラスに働くだろう。何よりの強調材料は順調に使えている点。骨折、去勢などもあってなかなかレースに使えなかった時期も経験したが、今年は前走まで一戦ごとに着順を上げていることが軌道に乗った証と言える。遅れてきた素質馬に注目したい。

ショウナンバルディ

牡6歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:キングズベスト
  • 母:バノヴィナ
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

昨年の七夕賞で3着。同年12月には中日新聞杯で重賞初制覇を果たした。その中日新聞杯後はひと息の競馬が続いているが、鳴尾記念からのローテーションは昨年と同様。再上昇のきっかけをここでつかみたいところだ。

昨年の七夕賞はいわゆる“行った行った”の競馬となったが、そのなかでもゴール前で一番の伸び脚を見せていたのが本馬だった。中団のインで脚をためて直線はスムーズに外へ。そこからさらに外からきた馬と併せ馬の格好で伸びてきたが、3着が精いっぱい。とはいえ、展開不向きな中での力走はかなり中身が濃かった。昨年12月の中日新聞杯は逃げの競馬で重賞勝ち。その後の苦戦続きは気になるところだが、前々走の大阪杯(12着)を含めて相手が強過ぎたきらいもある。依然として調教の動きは良く、状態面に問題はなさそう。実績と力を見直したい。

レッドジェネシス

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リュズキナ
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

近3走は2桁着順が続いているが、4走前の神戸新聞杯では勝ち馬ステラヴェローチェ(皐月賞3着、ダービー3着)と1/2馬身差の2着。ダービー馬シャフリヤール(4着)には先着した。本来、実力はここでは上位のはず。軽視はできない。

昨年春は1勝クラス・ゆきやなぎ賞(阪神・芝2400メートル)で2勝目を挙げ、勢いそのまま京都新聞杯で重賞勝ち。勇躍臨んだ日本ダービーは11着も、秋初戦となった神戸新聞杯ではステラヴェローチェ(1着)と互角の走りを見せて2着に入り、その力走が評価されて菊花賞では1番人気の支持を受けた。しかし、不良馬場で頑張った神戸新聞杯の疲れがあったのか結果は13着。以後も良さが出ないままという印象だが、今回は6月上旬から熱心な乗り込みを消化。長めからの追い切りを何本もこなしており、調教の密度としてはデビュー以来一番と言っていいのではないか。復活が狙えるだけの態勢は整っている。

トーラスジェミニ

牡6歳

調教師:小桧山悟(美浦)

  • 父:キングズベスト
  • 母:エリモエトワール
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

昨年の七夕賞の勝ち馬。その前には安田記念でも5着に健闘し、充実ぶりが窺えた。しかし、七夕賞後はダートの黒船賞(JpnⅢ・高知・ダート1400メートル、8着)を除いて全て2桁着順。この馬らしい粘りが見られていないが、昨年勝ったレースで変わる可能性はありそうだ。

昨年は安田記念で5着。ダノンキングリー(1着)、グランアレグリア(2着)、シュネルマイスター(3着)など、超のつく強豪馬たちの肝を冷やすような粘りを見せた。その実績を思えば、昨年の七夕賞勝ちは順当とすら思えたほど。しかし、その後は先行はするものの我慢なく後退という競馬が続いている。陣営もブリンカーを装着したり、ダートを走らせたりと工夫を重ねているが、結果には結びついていない。この中間も意欲的に調教を消化し、雰囲気は昨年のいい時期と変わりないように見える。おそらく今回も前に行く競馬。復調云々にかかわらず、展開面では要注目の一頭だ。

(山下 健)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: