今週の注目レース

CBC賞(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

タイセイビジョン

牡5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:ソムニア
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

3歳秋以降は勝ち星から遠ざかるが、昨年の京阪杯で2着があるように能力は健在。2、3歳時には京王杯2歳S、アーリントンCと重賞2勝をマークしており、ここなら実績上位の存在と言える。

前走の春雷S(リステッド・中山・芝1200メートル)は後方で脚をためると、3コーナー手前からスパートをかけ、直線で馬群の大外から猛追。グングンと加速し、メンバー中2位となる上がり3ハロン32秒8(推定)の末脚で2着を確保した。昨年のCBC賞でも4着とはいえ、勝ち馬から0秒3差に駆けており、直線では目を引く伸びを披露していた。これまで1200メートル戦は6戦全てでメンバー中3位以内の上がり3ハロンタイムをマークしているように、今回も安定した末脚を発揮できるだろう。決め手が生かせる展開を期待したいところだ。

ファストフォース

牡6歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラッシュライフ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

昨年のCBC賞では、3勝クラスからの格上挑戦で初めての重賞を見事に制覇。マークした走破時計はまだ破られていない1分06秒0のJRAレコードだ。良馬場なら今年も存分にスピードを生かせるだろう。

前走の高松宮記念では9着とはいえ、GⅠの強敵を相手に勝ち馬から0秒3差に駆けており、決して悲観する内容ではなかった。スピード優位のタイプで、どちらかというと直線が平坦なコースのほうが合うタイプだ。地方競馬から再転入した一昨年夏以降、小倉・芝1200メートルでは昨年のCBC賞勝ちを含めて3戦2勝、2着1回と抜群の好相性。2着も昨夏の北九州記念でのものだけに、この舞台なら安定して成績を残せるはずだ。今年は2戦してまだ3着以内がないが、前走のレースぶりからも決して能力が衰えたわけではなく、得意の舞台に替われば再び強い姿を見せられるだろう。

アネゴハダ

牝3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:イニシャルダブル
  • 母の父:ウォーエンブレム
ここに注目!

今回は2度目の芝1200メートル戦となるが、前回は小倉2歳Sで3着に駆けており、適性の高さはすでに証明済み。距離短縮はプラスに働くはずだ。格上挑戦とはなるが、距離適性の高さで渡り合えるだろう。

前々走の桜花賞は15着に敗れたが、1600メートルの距離が影響したはずで、GⅠだったことを考えても評価を落とす必要はないだろう。短距離の重賞では、デビュー2戦目の小倉2歳Sと3走前のフィリーズレビューで3着に好走しており、能力の高さは疑いようがない。前走の2勝クラス・由比ヶ浜特別(東京・芝1400メートル)は中団前めで道中を運んで直線で鮮やかに差し切り、2着に3馬身差をつける完勝だった。伯父にダート重賞勝ち馬ストローハットがおり、血統的にもタイトルを手にするだけの素質があると言えそうだ。

ロードベイリーフ

牡5歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:ヴァンセンヌ
  • 母:ショウナンアオバ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

ディープインパクト産駒の父は現役時代に安田記念で2着に入るなど1600メートルのレースで活躍。ただ、父の母は1200メートルのGⅠを2勝したフラワーパークで、そこから高いスプリント適性を受け継いだと推測できる。

前走のオープン特別・韋駄天S(新潟)は初めての芝1000メートルのレースで、前半は後方での追走となったが、後半に鋭い伸び脚を見せて猛追。勝ち馬には届かなかったものの2着に浮上した。全4勝中3勝を挙げた1200メートルへ距離延長となる今回は道中の追走も楽になるはずで、さらなるパフォーマンスアップが見込めそうだ。小倉・芝1200メートルで勝ち星を挙げていることから、舞台替わりも問題ないだろう。6月26日には栗東CWコースで6ハロン87秒9(ラスト1ハロン12秒2)をマークし、3頭併せの追い切りを消化している。

カリボール

牡6歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:レイズアンドコール
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

半兄モンドキャンノ(父キンシャサノキセキ)は京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯フューチュリティSでも2着に好走。豊富なスピードを備える母系の出身だけに、本馬も短距離のレースがぴったりと言えそうだ。

昇級初戦での重賞挑戦とはなるが、3歳時には菊花賞(18着)にも挑戦した素質馬。短距離のレースにシフトしてから徐々に成績を上げ、GⅢまで駒を進めてきた。前走の3勝クラス・芦屋川S(阪神)は初めての芝1200メートルだったにもかかわらず、中団で脚をためると抜群の手応えで直線に向き、ゴール前できっちり差し切って勝利。直線で進路を切り替えるロスがありながらの末脚で、着差(アタマ差)以上の強さを感じさせるレース内容だった。距離こそ違うが、メイクデビュー小倉(芝2000メートル)で2着に好走しており、コース適性も問題なさそうだ。

モントライゼ

牡4歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ムーングロウ
  • 母の父:Nayef
ここに注目!

前走の京葉S(リステッド・中山・ダート1200メートル)は16着に敗れたが、初めてのダートが合わなかった可能性はありそうだ。〔1・2・0・1〕と結果を残す芝1200メートルなら見直しが必要だろう。

伯父のメディシアンは現役時代にエクリプスS、ロッキンジSとイギリスのG1を2勝。日本では朝日杯フューチュリティS、NHKマイルC、香港マイルとGⅠを3勝したアドマイヤマーズの母の父としても知られている。さらに近親のインスパイラルもイギリスのG1を2勝しており、非常にハイレベルな牝系の出身と言えるだろう。本馬はすでに京王杯2歳Sで重賞制覇を果たしているとはいえ、血統的な下地を考えれば、さらなるタイトル獲得も十分に見込めるだろう。小倉・芝1200メートルでは小倉2歳S2着の実績があり、持ち前のスピードを生かせる舞台だろう。

スマートリアン

牝5歳

調教師:石橋守(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:スマートオーシャン
  • 母の父:Mr. Greeley
ここに注目!

今回は初めての1200メートルをこなせるかどうかが鍵となる。オープンクラスではまだ白星を挙げていないものの、リステッドで2着3回、3着2回があり、実績を考えれば能力は重賞でも通用すると言えそうだ。

6月16日に栗東CWコースで6ハロン81秒1(ラスト1ハロン12秒0)を馬なりでマーク。同22日には栗東坂路で4ハロン53秒3(ラスト1ハロン12秒1)を計時と、2週連続で好調教を披露した。コンスタントにレースをこなしているなかではあるが、調教からも良い状態をキープできていることが感じられる。今回は距離だけでなく、小倉競馬場も初めてとなるが、同じ直線が平坦な京都競馬場で全4勝中3勝を挙げていることから、コース替わりがプラスとなる可能性もありそうだ。ここで好走を果たせば、今後の選択肢も広がるだろう。

テイエムスパーダ

牝3歳

調教師:五十嵐忠男(栗東)

  • 父:レッドスパーダ
  • 母:トシザコジーン
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

今回は格上挑戦とはなるが、小倉・芝1200メートルでは3戦2勝、2着1回と実績を残しており、舞台相性の良さでカバーできる可能性は十分にある。先行力があるので、開幕週の馬場コンディションも歓迎だろう。

父レッドスパーダはGⅠ勝ちこそなかったものの、東京新聞杯、関屋記念、京王杯スプリングCと重賞を3勝し、NHKマイルCでも2着に好走。父が誇った豊かなスピードは本馬にもしっかりと受け継がれているようだ。前走の2勝クラス・皆生特別(阪神・芝1200メートル)では、逃げたテイエムトッキュウ(2着)を直線できっちりかわして2馬身1/2差のV。このクラスでは力が違うと言わんばかりの快勝だった。前々走の葵Sは11着に敗れたものの、スタートでつまずいたことが影響しての敗戦だっただけに、見限るのは早計だろう。あらためての重賞挑戦となるが、スムーズなら巻き返しがあるはずだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: