今週の注目レース

ユニコーンステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

出走馬情報

ジュタロウ

牡3歳

調教師:河内洋(栗東)

  • 父:Arrogate
  • 母:Bodacious Babe
  • 母の父:Mineshaft
ここに注目!

父アロゲートは現役時代に2017年ドバイワールドC(UAE)などG1を4勝した世界的名馬。本馬はその才能を受け継いでおり、全2勝は実に豪快な勝ちっぷりだった。ここも楽しみな一戦だ。

ユニコーンSと同じ東京・ダート1600メートルで行われた前走・1勝クラス(1着)が好内容。好位2番手から鮮やかに抜け出して、2着イエヴァンポルッカを4馬身ちぎった。脚抜きのいい重馬場だったとはいえ、勝ちタイムの1分34秒8は立派。稍重のメイクデビュー阪神(ダート1800メートル)で2着馬に2秒4差をつけた勝利に続く2勝目を飾った。梅雨時季に行われるユニコーンSは過去10年で7回が稍重と重だったように、水分を含んだ馬場状態になるケースが多い。スピードの出やすい馬場で結果を残せたのは大きな自信となったはずだ。まだ底を見せていないポテンシャルにも期待が高まる。馬名の由来は「寿+人名より」。

ハセドン

牡3歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:クイーンオリーブ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

半兄ペプチドナイル(父キングカメハメハ)はダートで3連勝を達成し、現在は3勝クラスで活躍中。本馬も3連勝で前走のオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)を制しており、勢いは今回のメンバーでも屈指だろう。

ユニコーンSと同条件だった前走のオープン特別・青竜Sを勝利。最後方でじっと脚をためると、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒3(推定)の末脚で豪快に差し切った。この上がりは2番目に速い馬のタイムを0秒6上回っており、強烈な決め手が際立った。ダート転向後は無傷の3連勝。騎乗した横山典弘騎手は「まだ馬をつくっている段階でこれだけのレースをするのだから本当にすごい。このまま順調に育ってくれれば」と、そのポテンシャルを高く評価した。過去10年の本レースで、前走青竜S組は2015年の覇者ノンコノユメを筆頭に最多の5連対。有力ステップを制した実力は本物だ。前走後も状態面は上昇しており、強烈な末脚で4連勝を目指す。馬名の由来は「人名愛称」。

リメイク

牡3歳

調教師:新谷功一(栗東)

  • 父:ラニ
  • 母:サリエル
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

2010年ファルコンSで3着に好走したサリエルを母に持つ素質馬。本馬は昇竜S(中京・ダート1400メートル)、端午S(阪神・ダート1400メートル)のオープン特別2勝を含む3連勝中で、センスの良さが光る。

前走のオープン特別・端午Sで3連勝を達成。好スタートを切ったが5、6番手に控えて、直線でゴーサインが出ると鋭く弾けた。上がり3ハロンのタイムはメンバー中最速の35秒3(推定)。2着のジレトールが他世代相手の次戦を勝ち上がっており、メンバーレベルも申し分なかった。騎乗した福永祐一騎手は「次はマイルのレースが目標になるので、こういうレースをしておきたかったです。しっかりと最後までいい脚を使ってくれました」と納得の表情を見せた。豪快な末脚で2016年のUAEダービー(G2・UAE)を制したラニの初年度産駒。父は東京・ダート1600メートルの1勝クラス・カトレア賞を制しただけに、舞台適性にも期待したい。馬名の由来は「作り直す」。

コンバスチョン

牡3歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:ディスクリートキャット
  • 母:スモーダリング
  • 母の父:パイロ
ここに注目!

前走は果敢にUAEダービー(G2・UAE・ダート1900メートル、11着)に挑戦。世界の強豪と戦った経験を武器に、日本で再始動を迎える。前々走ではヒヤシンスS(リステッド・東京・ダート1600メートル)を制しており、舞台への不安はない。

ユニコーンSと同じ舞台で行われた前々走のヒヤシンスS(リステッド、1着)が見どころ十分の走り。好位3番手をリズム良く追走し、直線は内から俊敏に脚を伸ばした。最後は外から伸びたヘラルドバローズをクビ差しのいでV。2016年にゴールドドリーム(2017年フェブラリーS、チャンピオンズCなどを優勝)、2020年にカフェファラオ(2021、2022年フェブラリーSを連覇)も制した出世レースを突破した。騎乗した川田将雅騎手は「能力を感じることができました」と評価。内で砂を被り続けた前走のUAEダービー(G2、11着)こそ崩れたが、実績のある舞台ならチャンスは十分にあるだろう。馬名の由来は「燃焼」。

ティーガーデン

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:ルミナスパレード
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

半姉に先日の安田記念を勝ったソングライン(父キズナ)がいる良血馬。本馬は前走・ニュージーランドTで5着に入った。今回は初ダートになるが、母ルミナスパレードはダートで3勝を挙げており、秘める適性に期待したい。

前走のニュージーランドTはスタートで立ち遅れて後方から。道中で徐々にポジションを押し上げたが5着までが精いっぱいだった。それでも2着マテンロウオリオンはNHKマイルCでも2着に好走しており、レースレベルは高かったはずだ。騎乗したC.ルメール騎手は「スタートはいつも通り悪かったです。直線はいいところにいたのですが、伸びきれなかった。少し硬さがありますね」と説明した。半姉のソングラインは芝で大活躍中だが、本馬は6戦目のここでダートを選択。ダートで3勝の母に加え、祖母ルミナスポイントもダートで4勝と、母系をさかのぼれば覚醒しても不思議はない。馬名の由来は「太陽から12.5光年の距離に存在する赤色矮星」。

インダストリア

牡3歳

調教師:宮田敬介(美浦)

  • 父:リオンディーズ
  • 母:インダクティ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

半兄に2021年読売マイラーズCなど重賞3勝のケイデンスコール(父ロードカナロア)がいる良血馬。本馬も弥生賞ディープインパクト記念、NHKマイルCで5着の成績がある。初挑戦となるダートへの適性は未知だが、能力は十分に通用する。

2番人気に支持された前走のNHKマイルC(5着)は中団後方からの競馬。レースの前半1000メートル通過タイムが57秒4と流れ、直線でじりじりと脚を伸ばしたが、上位馬の切れに屈する形となった。騎乗したD.レーン騎手は「ペースも合っていたし手応えも良かったです。最後までしっかり走ってくれました」と話した。レース後の疲労も少なく、今回はダートに替わるが、馬のリズムをキープしやすい東京のマイル戦を選択。陣営は、走行フォームと、祖母のホールオブフェームにダートでの勝ち鞍がある血統面からも適性を見込む。秋以降の路線は今回の結果によるが、二刀流ホースの第一歩に注目したい。馬名の由来は「物語に登場する架空の地名」。

セキフウ

牡3歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:シヤボナ
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

半兄が2016年高松宮記念を制したビッグアーサー(父サクラバクシンオー)という良血馬。兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ・園田・ダート1400メートル)を制した本馬の実力は、ここでも侮れない。

2歳時にダート1400メートルで3連勝。兵庫ジュニアグランプリ(JpnⅡ)ではここでも有力視されるコンバスチョン(2着)を破って勝利を飾った。近2戦はサウジダービー(G3・サウジアラビア・ダート1600メートル)、UAEダービー(G2・UAE・ダート1900メートル)に遠征して2着と8着。今回と同じ左回りのマイルで開催されたサウジダービーでの好走は自信につながるだろう。栗東CWコースで行われた8日の1週前追い切りは併走馬に後れたものの、もともと調教では動かないタイプ。世界の強豪と渡り合った経験値を大きな武器に、国内で仕切り直しの戦いを迎える。馬名の由来は「戚風(中国語でシフォンケーキ)の日本語読み」。

タイセイディバイン

牡3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ダイワスピリット
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

祖母に1997年ファンタジーSを勝ち、1998年桜花賞で2着に好走したロンドンブリッジがいる筋の通った母系。本馬もファルコンS2着、アーリントンC2着と地力は確かで、初挑戦のダートに対応できるかが鍵となりそうだ。

今回と同じマイルの前々走・アーリントンCは2着に好戦した。好位馬群を無理なく追走し、鞍上のゴーサインでスパートして一度は先頭に立ったが、ゴール前でダノンスコーピオン(次戦のNHKマイルCを優勝)に差されてクビ差惜敗。それでも走破タイムの1分32秒8は優秀で、ポテンシャルの高さを見せた。騎乗した松若風馬騎手は「直線も手応えは抜群でしたし、先頭に立ってからもソラを使わず真面目に走っていました」と振り返った。8日の1週前追い切りは栗東坂路で4ハロン52秒6をマーク。パワフルな走りで駆け抜け、陣営は力の要るダートでの変わり身に期待を寄せる。芝重賞での実績を引っ提げ、ダート戦線に乗り込む。馬名の由来は「冠名+神聖の」。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: